最新おすすめコミック
「イジメカエシ復讐の31」ネタバレ最新4巻。エログロリョナはプレスでぷちゅ!アイドル業界はいつでも隠蔽体質!

イジメカエシ復讐の31
4巻ネタバレ感想

イジメカエシ復讐の31のネタバレ最新話エログロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

次から次にイジメてくるアイドルを返り討ちにしていく31だが、ついに両親にまで手を出されてぶっ殺されてしまい、復讐の鬼に変わる。

ヤラれたらヤリ返してきた31は、愛用のバールを手に鬼畜アイドルたちを血祭りにあげ、センターの座も実力と人気で奪い取り、4と新ユニットまで結成した。

しかし、カランドリエどころかアイドル業界の闇が晴れることはなく…

 

イジメカエシ復讐の31 4巻

22騒動の責任を取ってセンターを辞任した31.

 

新生カランドリエとして引っ張っていく覚悟を持った31だが、今度はペリフェレイアと双璧を成す4人組ユニットのペチュニアの騎士がしゃしゃり出てきたのだ。

 

9をリーダーとするペチュニアの騎士は、基本的に裏方を担ってきたグループだが、ここに来て二期生を正式加入させる動きを活発化させ、アイドル業界の信頼を回復して新生カランドリエを形作っていくと言い出した。

イジメカエシ復讐の31

著者名:村下玖臓 引用元:イジメカエシ。4巻

 

 

そこで31は二期生の教育係に任命された。

 

 

31が面倒見るのはナンバー72で、いかにも後輩らしい太鼓持ち。

 

もちろんペチュニアの騎士は31にこのままカランドリエの顔をやらせるつもりはないが、31を殺してその分の人気を無くすのも惜しいと考え、代わりの逸材を育てさせてから葬るつもりだった。

イジメカエシ復讐の31

著者名:村下玖臓 引用元:イジメカエシ。4巻

 

 

全ては隠蔽体質アイドル業界のためだった。

 

 

 

31はキラキラと若さ溢れる72を見ると、自分が研究生だった頃を思い出してパワーをもらうが、その頃から凄惨なるイジメを受けていたので9の企みを見越して気を引き締めた。

 

そう思った矢先、躓いた72に飲み物をぶっかけられてしまった。

 

衣装をびしょ濡れにされても反面教師を多く見てきた31は怒りはせず、すぐに着替えに行った。

イジメカエシ復讐の31

著者名:村下玖臓 引用元:イジメカエシ。4巻

 

 

そしてさっそくドジって迷惑をかけた72が凹んで弱音を吐くので、先輩らしく励ましてあげた。

 

すると72も感激して喜んだ刹那、27が憧れだったと言い出した。

 

27をイジメ返してぶっ殺した31は思わず顔を曇らせた直後、不意打ちでスタンガンを食らわされ、昏倒させられてしまうのだった。

 

 

 

31が目を覚ました時にはスタジオに移動させられ、72はポルムンの衣装に着替えた状態で、27を返り討ちにした時の盗撮動画を見せつけ、怒りをぶつけてきた。

イジメカエシ復讐の31

著者名:村下玖臓 引用元:イジメカエシ。4巻

 

 

ムカつく奴はイジメられて当然=お前はムカつく=ムカつく31はイジメられる。

 

証明を終了した72は牛追い棒という名の高電圧棒をチラつかせ、容赦なく電気を流した。

 

気絶は許さず尻を蹴り飛ばし、反応がいい左乳首に執拗に押し付けられビクンビクン。

イジメカエシ復讐の31

著者名:村下玖臓 引用元:イジメカエシ。4巻

 

 

アイドル業界の隠蔽体質を既に身を以て知っている72は、特に31に憧れていた同期の死体処理をした時が最高に楽しかったと嬉々として語った。

 

 

72もアイドルらしく鬼畜外道な救いようのないクズだと分かった31は、鳩尾に蹴りをぶち込んで先輩の強さを知らしめてやると、電流が弱いスタンガンでは気絶させることなんてできないと教えてやった。

 

そしてバールで殴り倒すと、牛追い棒を離した両手をバールで串刺して代わりにプレゼント。

 

更にやられたらヤリ返す精神で、牛追い棒を同じように乳首に押し当ててどんな痛みが走るのか教えてやると、まともに耐えられない72は一瞬で失禁して撒き散らし、穴が開いた手の平をグリグリされると気絶が近づいてくる。

イジメカエシ復讐の31

著者名:村下玖臓 引用元:イジメカエシ。4巻

 

 

しこたまイカせた31は、しょっぱい牛追い棒の電流の話の続きを始め、ちゃんと人を死に至らしめるには電気ケーブルくらいじゃないとダメだとレクチャーし、実際にそれを準備した。

 

泣いて命乞いする72だが、自分が語った証明と同じ論法でいらないアイドルと言われても理解できないまま、牛追い棒とは比較にならない電流を流されてしまうのだった。

イジメカエシ復讐の31

著者名:村下玖臓 引用元:イジメカエシ。4巻

 

 

 

72がこんがり焼け焦げたその時、タイミングを見計らっていたペチュニアの騎士が、正規メンバーを目指す候補生たちを連れて現れた。

 

次に31と4が巻き込まれるのは、候補メンバーたちと争うカランドリエ選抜試験だった。

イジメカエシを読むならこちら