最新おすすめコミック
サタノファニ

サタノファニ152話
ネタバレ感想

サタノファニのネタバレ最新話エロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

演技力抜群、策謀を巡らせた裏切り者の友坂に追い詰められるカチュアだが、ここに来て発火率100%に至り、痛々しい戦い方で喉笛に食らいつく。

友坂も反撃に転じる今、一つの戦いに決着がつこうとしていた。

 

152話

警棒の柄頭で打ち付けられたカチュアの肋骨はあえなく折れてしまった

 

痛みに喘ぐカチュアだが歯は放さず、より顎の力を強めていく。

 

友坂も激痛の中、もう一発叩きつけて肋骨を肺にぶっ刺してやれば勝ちだと計算した。

 

直後、鈍い音を立てたのは友坂の首だった。

サタノファニ

著者名:山田恵庸 引用元:ヤングマガジン2020年52号

 

 

骨ごと肉を喰いちぎられた友坂にもう反撃する余裕はなく、またそうしても死は免れない。

 

 

人肉の美味しさが全く理解できないカチュアは淡々と自分の勝ちを宣言するが、大量出血と激痛に耐えかねたのか静かに倒れた。

 

 

まだかろうじて息がある友坂は、最後に正気を取り戻し、ここがどこか分からないまま教祖に捕まってからのことを思い出そうとしたが闇がかかっていた。

 

とにかく教祖の秘密を羽黒に伝えねばと使命感が再燃したところで、事切れた。

 

 

 

二人がどうなったのか見えない若本がカチュアに呼びかけるので、代わりにジャーナリスト魂を思い出した斯波がカチュアの勝ちを教えてやった。

 

心のち〇ぽをおっ勃てろという名言に感銘を受けた斯波は自分の素性と当初の目的を明かし、若本たちの助けになると言い出した。

サタノファニ

著者名:山田恵庸 引用元:ヤングマガジン2020年52号

 

 

 

一方、全ての動きが読まれてどうにもならない千歌は焦っていた。

 

パーフェクトイチモツ保持者の教祖は我が天眼通の前にはいかな策も無意味だと語る。

 

そんなご高説など無視し、カレンが一人でビクビクイキ始めた

サタノファニ

著者名:山田恵庸 引用元:ヤングマガジン2020年52号

 

 

舌を出して恍惚の表情で震えているカレンに気づいた教祖は、すぐに平たちに離れろと指示し、自分で首を絞めて絶頂を感じていると見抜いた。

 

究極のドM殺人鬼を宿しているカレンは、いつもの調子で苦痛を快感に変えて楽しみつつ、死んでいるように見える蝉がいきなり羽ばたくように、強靭な筋肉を駆使してノーモーションで飛びあがった

サタノファニ

著者名:山田恵庸 引用元:ヤングマガジン2020年52号

 

 

その勢いのままに回転すると、3人がかりでひっ捕らえていたダーキニーたちもあり得ないパワーを押さえ切れなくなった。

 

拘束を緩めたカレンは、まず平に膝蹴りをぶちこんで反撃の狼煙を上げた

サタノファニ

著者名:山田恵庸 引用元:ヤングマガジン2020年52号

 

 

千歌はすかさずカレンの手の拘束をナイフで切ってあげたが、大柄なカレンの陰に隠れて犬養姉妹が千歌に襲いかかった。

 

絶妙なタイミングの攻撃を、体重移動直後の千歌は躱せない。

 

かに思えたが、カレンがお礼に蹴り飛ばしてくれたおかげで致命傷を食らわずに済んだ。

サタノファニ

著者名:山田恵庸 引用元:ヤングマガジン2020年52号

 

 

冷静に拘束を解いて仲間のピンチも助けたカレンだが、このままでは全滅すると悟っていた。

 

 

感想

サタノファニ152話でした。

カチュアが生きているのかも気になりますが、この雰囲気はカレンがドMを拗らせて自己犠牲に走りそうな気配がしますね。

サタノファニを読むならこちら