最新おすすめコミック
ウド「アカネは何回もレ●プすると気持ちよくなるんだ」無料エロネタバレ。純粋な恋よりも快楽堕ちでH大好きっ子に

ウド「アカネは何回もレ●プすると気持ちよくなるんだ」
ネタバレ感想

ウド「アカネは何回もレ●プすると気持ちよくなるんだ」のネタバレ最新話エロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

傑作シリーズになる予感がする、STUDIOふあんの新作。

勉強もできず地頭もいいとは言えないウドは、生まれながらの純粋さで友達に恵まれ、一緒にこう高校に通っていた。

しかし、その純粋さと底無しの性欲に巨根のせいで、大切な親友を傷つけてしまう…

 

ウド「アカネは何回もレ●プすると気持ちよくなるんだ」

ウドは筋骨隆々なごつい体つきに似合わず、穏やかで純粋で一生懸命勉強して、親友たちと同じ高校に入って喜ぶ優しき巨人。

 

だから友達にも恵まれて登校する時間から毎日を楽しんでいるが、純粋過ぎて好みのレイ〇ものが普通のセック〇だと思い込んでいた

ウド「アカネは何回もレ●プすると気持ちよくなるんだ。」

 

 

アカネは密かにハルキのことを想い続けているが、ウドたちとの関係も壊れてしまうのを恐れ、気持ちを胸に秘めている健気で可愛い美少女で、だからいくらでもモテそうだが処女を貫いている。

ウド「アカネは何回もレ●プすると気持ちよくなるんだ。」

 

 

同じくアカネがずっと好きだがなかなか言い出せないでいるハルキは、その明るさと正義感の強さで周りに人が集まる人気者。

しかし、友情に篤すぎて取り返しのつかない後悔をすることになる。

ウド「アカネは何回もレ●プすると気持ちよくなるんだ。」

 

 

 

ずっと変わらず毎朝ハルキの家に迎えに行くウドは、アカネにカエデたちとも一緒に登校できるのがそれだけで嬉しくて楽しかった。

 

そこに途中で加わるのが、真面目眼鏡っ子先輩のユリ、ハルキに巨乳を押し付ける朝の挨拶をぶち込むユメ、ビッチ風ギャルだが母性を感じるサチエの3人だ。

ウド「アカネは何回もレ●プすると気持ちよくなるんだ。」

 

 

そんなある日、ハルキはウドに好きな人に愛の告白をすると宣言し、いかにも奥手そうな親友にもドーンと行くべき時はイケとアドバイスした。

 

まさか、好きな人が同じだなんて知る由もなく。

ウド「アカネは何回もレ●プすると気持ちよくなるんだ。」

 

 

 

背中を押された純粋なウドは、さっそく屋上にマットとガムテープを用意した状態でアカネを呼び出した。

 

そして押し倒しながら愛を告白し、返事も待たずにガムテープで両手足を拘束して強制的にまんぐり返しを維持させると、女の子の細い手首くらいありそうな巨根を露わにした。

ウド「アカネは何回もレ●プすると気持ちよくなるんだ。」

 

 

純粋すぎてレイ〇が悪いことだと思わず動画や漫画で愛用しているウドは、有無を言わさずアカネの身体にむしゃぶりつき、手マンが激し過ぎてパンティを破り、当たり前のように生挿入して処女を奪い、童貞を卒業したのだった。

ウド「アカネは何回もレ●プすると気持ちよくなるんだ。」

 

 

もうアカネのお〇ンコが気持ち良過ぎて、彼女がハルキに助けを求めても3Pをおねだりしていると思い込み、一気にピストンしまくって中に出した。

 

ただ一日10回は抜いているウドはまだまだヤリ足りず、ひょいッと持ち上げると駅弁体位で二回戦を始め、そのまま何度も突き上げて出してを繰り返す。

ウド「アカネは何回もレ●プすると気持ちよくなるんだ。」

 

 

いつの間にかガムテープがちぎれた頃には、アカネは完全に絶頂していて快楽を貪るメスにされた。

 

 

 

数日後、アカネを放課後の教室に呼び出したハルキは告白し、断られ、ウドとの関係を知らされて、これから3人でヤってセフレにならない?と誘われ、絶望するのだった。

 

 

親友と好きだった人に一生モノの心の傷を負わせた二人だったが、二人きりになると誰に見つかるかも分からないのにヤリまくり、アカネは意識を失いかけるほどになったが、ウドはやっぱり全然勃起が萎えずにヤリ足りなかった。

ウド「アカネは何回もレ●プすると気持ちよくなるんだ。」

 

 

 

そして駅のホームで項垂れているハルキを慰めたのは、ビッチ風ギャルのサチエだった…

 

 

感想

ウド「アカネは何回もレ●プすると気持ちよくなるんだ」でした。

これは女の子キャラの人数分だけ続きそうな気配ですね。

レイ〇NTRは好きではないですが、カラーシーンは特にハイクオリティでエロさ十分でした。

ウド「アカネは何回もレ●プすると気持ちよくなるんだ」を読むならこちら
ウド「アカネは何回もレ●プすると気持ちよくなるんだ。」