最新おすすめコミック
「履いてください鷹峰さん」ネタバレ最新4巻無修正。勇気を出したシンデレラがノーパン尻コキで愛の誘惑!

履いてください鷹峰さん4巻
ネタバレ感想

履いてください鷹峰さんのネタバレ無修正エロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

鷹峰さんちでドキドキの新婚裸エプロンプレイだが、彼女は雷が怖い少女の部分もたんまりキープしていた。

ニップレス、マイクロビキニ、そしてペッティング…

彼が同じ大学を目指すとあってヤル気が漲る鷹峰さんだが、思わぬ恋のライバルはノーブラニットのハーフ美少女なわけで…

 

履いてください鷹峰さん4巻

白田とエリィが一緒に塾の夏期講習に行き始めたので無視できない鷹峰さんは嫉妬と危機感を募らせ、偶然を装って二人の帰り道でエンカウント。

 

エリィが行きつけのファミレスに誘ったのは、そこでバイトしているツインテ美少女が同じ高校の知り合いで、ちょっとおまけしてくれるありがたい存在だから。

 

そんな厚意に構わず、二人だけが分かる会話をし始めると、なんだかんだと自分だけが知っている彼の情報を小出しにして対抗心を燃やす鷹峰さん。

 

 

エリィが子供の頃の彼との思い出を引っ張り出しても、羞恥かプライドか、その舞台には上がれない鷹峰さんは、子供の頃のお泊り会なんて今やったらウサギの如く襲われてしまうのだと言い募る。

 

嵐の夜のドキドキの思い出を卑猥に加工するが、日本語に弱いエリィに難しい言い回しは通用しなかった。

 

 

とは言え、鷹峰さんが並々ならぬ嫉妬と対抗心を燃やしているのは、同じく恋する乙女として重々察することができたエリィは、自分にはもう恋人がいるから彼にちょっかいだすことはないと伝えてあげた。

 

その恋人とやらが誰なのか言われずとも理解した鷹峰さんは、今度は羨望の想いを募らせるのだった。

 

 

 

それはそれとして、エリィと水風船で楽しく濡れていたのはまだ嫉妬の対象で、もう一つ夏休みの思い出を作るために彼を公園に呼び出し、濡れ遊びを強要。

 

あの時の水風船をちゃっかり回収していた鷹峰さんは、彼の敬遠球に華麗にぶち当たりにいき、一先ずエロく濡れることに成功

 

 

しかし、エリィのぽっちチクを見た彼はそこまでの衝撃を感じない。

 

ならばとマシンガン水風船で彼をびしょ濡れにして当たり前のように勝負に勝った鷹峰さんは、腋、胸元、お腹、内ももに滴る汗を舐め取るという命令を下した。

 

彼にとってはもちろん、鷹峰さんもゾクゾクする忘れられない夏の思い出になった。

 

 

 

こうして彼の一番であり続けたい鷹峰さんは、彼の夏期講習が終わったタイミングでお出かけデートにお誘い。

 

勉強漬けだった彼への憐みをアピールしつつも、お疲れ様と感謝と大学生活への期待を膨らませている鷹峰さんは接待したかったが、それは彼も同じ。

 

だから彼に気を遣わせないようにしても、パンティを脱いでやり直す機会が意外と出てくる。

 

 

脱いで、もてなして、履かせてもらって。

 

今日は珍しく物陰に隠れてスカートをたくし上げたり、履かせてもらう前に自分で履いたりと、少し様子が違う鷹峰さん。

 

彼女の違和感は労いの気持ちが溢れているからだと分かった彼も、いつになく気障に感謝し返したのだが、それがまた乙女の心を鷲掴むのだった。

 

履いてください、鷹峰さんを読むならこちら