最新おすすめコミック
「徒花adabana」ネタバレ最新下巻最終回完結。久しぶりに見た親友の裸は血に塗れて…ハメ撮り鬼畜外道の末路

徒花adabana下巻
ネタバレ感想

徒花adabanaのネタバレエログロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

真子は真子のまま変わっておらず、美月はまた深い友情を築いていった。

しかし年頃の美少女になった真子は、経済的な弱みにつけこまれて叔父に性的に搾取されていた。

そんなタイミングで出会った年上イケメンに身も心も許すが、彼もまた救いようのない鬼畜外道だった…

 

徒花adabana下巻

真子は犯されそうになった美月を助けるために、ついに叔父の喉を掻き切った

 

噴き出た汚らしい血潮で汚れた二人は、慰め合うように一緒にお風呂に入って赤い体液を流していく。

 

幼い頃以来の一緒にお風呂が殺人の直後とは、あまりにも皮肉だった。

 

 

 

遺体は井戸に捨て、どうにか返り血も洗い流し、厨房の痕跡も消すことができた。

 

 

美月は淡々とやるべきことを済ましていき、叔父が撮った写真データも消去しようとパソコン内のデータを検めようとしたが、いきなり再生されたのはおそらく暁の部屋でヤっている真子の盗撮映像だった。

 

 

なぜ叔父のパソコンで観れるのか?

真子は知っているのか?

 

美月は親友のため、どこまで被害が及んでいるかきっちり調べてから全てを消し、真子の未来に禍根を残すまいと決意した。

 

 

 

まず分かったのは、叔父は真子が幼い頃から性的に見ていたようで、盗撮や最近の姪の写真やらを同じ性的嗜好の連中に売り捌いて稼いでもいた。

 

その中には、何年も前からやり取りしている常連客もいた。

 

 

 

数日後、暁からのストーカー被害を打ち明けられた美月は、叔父とストーカー野郎の繋がりはないかとパソコンを細かく調べ、自分も盗撮被害に遭っていたことを知った。

 

 

おぞましい事実。

ストーカー範囲の拡大。

 

トイレ盗撮に音声もしっかり入っていることで、叔父殺しが暁にバレる懸念に思い至った美月は、冷静にまずは気味の悪いストーカー大学生の人となりを直に接して調べることにした。

 

 

暁はどこまで分かっているのか、叔父と繋がっているのか、盗撮の主犯なのか、ゲスいストーカーなのか?

 

 

 

いけしゃあしゃあと兄を悼む母が憎くてしょうがない美月だが、今は一番辛いはずなのに前向きに笑顔を見せてくれる真子が傍にいれば、この難局も切り抜けられると思えた。

 

 

真子には心配をかけないよう、店の鍵だけもらって隠しカメラを回収してパソコンを元に戻すと、暁を呼び出して店主を殺したとあえて白状し、自首するつもりだと伝えた。

 

 

これは駆け引きだった。

 

胸糞悪い鬼畜外道が、保身のために動くかどうか。

 

 

予想通り、暁は見透かされているとも知らずに自分がクロであると雄弁に物語った。

 

 

自分しかいない親友の境遇に、美月ははらわたが煮え返った。

 

 

 

次にすべきことは暁が持っている盗撮データを消去することだが、クズが抜かりなくクズなのを美月は見誤り、真子に疑心暗鬼を植えつける材料にされてしまう。

 

 

暁自身からのリークもあって、店と彼の家で美月と暁が二人きりでいるのを知った真子は、自分一人が殺人犯として罪を背負わされそうになっているのではと思い込んだ。

 

その誤解を解くため、美月は数々の恥ずかしい盗撮を観たことを打ち明けなければならなかった。

 

しかし親友にあられもない姿を観られたことは、もう違う世界の住人だと突きつけられる最後の一押しになってしまった。

 

徒花adabanaを読むならこちら