最新おすすめコミック
「狂蝕人種」ネタバレ最新5巻。リゾートパニックホラーで生まれた恋…真面目な巨乳眼鏡女子に襲いかかった悲劇!

狂蝕人種5巻
ネタバレ感想

狂蝕人種のネタバレエログロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

感染拡大は止まらず、形振り構わなくなった軍は兵器を次々導入して、島から誰も出さないことで、物理的に封じ込めようとし始めた。

全く解決する兆しがない中、ジルの知り合いのホテルに身を寄せた風戸たち。

その中で、明衣子とジルに淡いラブロマンスの香りが漂った矢先、二人にモンスターの牙が襲いかかった…

 

狂蝕人種5巻

ホテルのオーナーに騙されて地下室に閉じ込められた明衣子とジルは、際限なく飢えを訴えるオーナーの娘に襲いかかられた。

 

明衣子を守ったジルは片手に噛みつかれながらも銃弾を撃ち込んで怯ませ、明衣子も素早く自分のシャツで彼の傷口を縛った。

 

 

そして銃でドアをぶち破って逃げる際、オーナーは因果応報な悲惨な最期を迎えた。

 

 

 

病院では処置のしようがないと嫌でも理解しているジルは、厨房に駆け込むなり勢いよく自分の腕の傷口から先を斬り落とした。

 

躊躇ない迅速な処置に、明衣子は呆気に取られるしかないが、言われた通りにフライ返しを熱々に熱し、切断された断面を熱でケロイド状にし、無理やり出血を止めた。

 

 

そして追いかけてきたモンスターから逃げる途中、テレス医師と風戸に助けられて九死に一生を得た。

 

 

だが木高たちがまだホテルに残っているのを知った風戸は、ジルの治療をテレスに頼み、一人でホテルに戻った。

 

 

 

地下室から逃げ出したモンスターでパニックになっていたホテル内。

 

木高たちも気づいた時には逃げ遅れている状況だったが、ギリギリで風戸が間に合い、3人も何とか合流することができた。

 

 

 

その後、男メンバーで薬局から持てるだけの薬を拝借しつつ、モンスターは防水スプレーで動きを止められることを再確認した。

 

 

ホテルからジルの別荘に戻って一週間、モンスターの数は減らずに島内の食糧は確実に減り続け、軍が敵といえる相手なため、住人は自分たちで自分たちの命を守るしかない状況だった。

 

食糧を得る手段は、また海で魚釣りでもするしかなかったが。

 

ただ運良くボートハウスに残されていた備蓄食料を見つけることができた。

 

エンジンボートも無傷で残されていたが乗船定員は多くなく、海に出れば軍に沈められるのがオチになるのは明白で、風戸は島から逃げ出したい気持ちを堪えた。

 

 

そして食糧を車に積んで帰る途中、行き倒れている女性を見かけて親切心で声をかけたのが運の尽き、その女性は武装自警団の囮だった。

 

そのまま命まで奪われそうになったが、偶然にもかつてテレスが命を救った患者が紛れており、結局武力で脅されるのには違いないが、怪我人の治療で生かされることになった。

 

 

 

彼らはビルにバリケードを築いて共同生活を送っており、略奪や盗みで日々を凌いでいた。

 

そして彼らが抱えている怪我人はやはりモンスターに噛まれた重傷人で、囮役のエフラの姉でリーダーのヤベルの妻だった。

 

 

経過時間的にいつモンスター化してもおかしくない状態だが、テレスは医師として治療を施しながら、できるだけ苦しまずに逝けるように処置をした。

 

モンスターになった彼女を身内に殺させない優しさだったが時既に遅く、彼女はもう人間ではなくなっていた

 

狂蝕人種を読むならこちら