最新おすすめコミック
「19歳の夏休み」ネタバレ最新1話2話3話4話へ。国際化が進んだ沖縄がヌーディストビーチもあるエロ島になった

19歳の夏休み1話2話3話
ネタバレ感想

19歳の夏休みのネタバレエロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

これも全部あの夏のせいの作者の最新作。

どこか違う宇宙の地球の日本の沖縄は、特別自治区となって国際化が進み、性の奔放さを急加速させていた。

 

 

19歳の夏休み1話

10年ぶりに沖縄の地を踏ん大介は、本当にヌーディストビーチができて外国人が開放的におっぴろげている光景に度肝を抜かれ、幼少期を過ごした伊江島への船の時間まで、何食わぬ顔で眺めることにした。

 

本当に全裸、性器を触ってるしくっついてるし、刺激たっぷり。

でも目を合わす度胸はなくて、逃げるように船に飛び乗った。

 

 

 

親の離婚で母について伊江島に渡ったものの、担任のお世辞に乗せられた母は息子を大学教授にすべくまた東京に戻り、勉学に励ませた。

 

10代はまさに勉強漬けだった大介は立派に東大に合格して、更なる勉強漬けになろうかと思われた矢先、誰からか分からないが伊江島時代の友達からと思われるメールが届き、夏休みを利用して10年ぶりに伊江島にやって来たのだった。

 

 

 

寂れたところもあれば変わらないところもあり、ただ外国人観光客の姿がここでも目立つ。

 

そしてよく遊んだビーチで物思いに耽っていると、岩陰から物音が聞こえてきたので覗いてみると、ブロンド美人を囲んで4Pしている真っ最中だった。

 

 

煽るように誘ってきた髭面。

 

あの金髪美女に咥えられたらさぞ気持ちイイだろうと妄想が捗るも、加わる勇気はない童貞。

 

そうこうしているうちに立ちバックの男がフィニッシュしたらしく、荒々しい声が爽やかな空に轟いた。

 

 

そしてスッキリして出てきたマッチョはなんと、幼馴染みの中で一番泣き虫で身体も小さかった翔太だった。

 

 

 

すっかりマッチョで巨根でイケメンになった翔太は、バツイチ姉のゲストハウスを手伝っているらしく、同じく幼馴染みの里子も住み込みで働いているそうな。

 

何だか気後れしてしまう大介だが、誘われるまま泊まらせてもらうことにした。

 

果たしてメールを送ってきたのは翔太なのか訊けないまま、まずシャワーを浴びさせてもらっていると、普通にドアを開けられて再会したのが結構年の離れた翔太の姉で、厳しい上下関係になっていることが分かった。

 

 

弟がほぼ裸族みたいなせいか、青年になった大介の裸でも子供の頃の態度と変わらない姉。

 

昔は大介の方が大きくてガキ大将風だったのに、今やヤリチンマッチョと細身童貞。

 

昔は子供たちの面倒を見て優しかった姉も、弟の変化に伴って然るべき対応に変わっているようだ。

 

 

 

姉が仕事で出かけると、話題はかなり変わった沖縄の性事情について。

 

 

ヌードビーチ、混浴風呂、合法サウナ風俗。

 

その流れでヤリチンになった翔太は噂を聞きつけてさっきの岩場に出張亀気分で乗り込み、あれよあれよと仲間に入ってブロンド美女の奔放さに飲み込まれたという。

 

 

片や大介はこの島ではあり得ないだろう、恋愛経験もない童貞。

 

 

ともあれ焼肉でも食べに行こうとなりてくてく歩いていると、翔太の高校時代の友達が合流することになった。

 

やって来たのは甲乙つけがたい美人な二人だった…

 

19歳の夏休みを読むならこちら