最新おすすめコミック
「ハーレムきゃんぷっ!」ネタバレ最新無料。ボーイッシュ美少女と狭いテントで雑魚寝セック〇こそ最高の過ごし方!

ハーレムきゃんぷっ!
ネタバレ感想

ハーレムきゃんぷっ!のネタバレエロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

作・ユウキHB。

ゆったりソロキャンプを楽しんでいた男の元に、山を舐めているとしか思えない軽装の美少女たちが声をかけてきた。

その後、まさかあんなことになるなんて…

おすすめエロ漫画はこちら

 

ハーレムきゃんぷっ!

焚火にランタン、鉄板で焼いたステーキ肉をおつまみに缶ビールを流し込む最高のソロキャンプ。

 

後は女の子でもいれば最高なんて思った矢先、どこからともなく現れて声をかけてきたのが3人組の美少女だった。

 

 

スカートだったり生足ショートパンツだったり、キャンプ場だからって冷え込む山中なのに舐め過ぎの軽装の彼女たちに助けを求められ、焚火に当たらせてあげる彼だが、無防備なピンクスカートちゃんのパンチラをチラ見せずにはいられない。

ハーレムきゃんぷっを読むならこちら
ハーレムきゃんぷっ

 

 

そんな彼女たち、サンシェードをテントと勘違いして持ってくるほど知識もなく、彼は自分のテントに泊まる?なんて親切で提案している風にして、無邪気に喜ぶ美少女たちとエロい雰囲気にでもならないかと期待の方が大きかった。

 

しかしそのワンチャンを阻むように、遅れて現れたのがハルキというイケメン野郎で、しかもちゃんと寒さ対策しているだけじゃなく、一言目から彼をおっさん呼ばわりしてくる礼儀知らずな若者だった。

 

 

キャンプブームに乗っかったハーレムデートにイラつきながらも、食事も分けてテントも定員いっぱいだから4人に貸してあげることにして車で寝ようとしたその時、申し訳なく思ったピンクちゃんがご一緒にと誘ってくれた。

ハーレムきゃんぷっを読むならこちらハーレムきゃんぷっ

 

 

出会ったばかりの男と一緒に寝る不用心さが逆に心配になるも、ここはお言葉に甘えることに。

 

 

しかしやはりさすがに狭すぎてギュウギュウでなかなか寝付けない彼は、強めの酒を流し込んで何とか眠気を誘おうとすると、酔いがムラムラも誘い込み、我慢できずに隣のエロ優しいピンクちゃんの身体をまさぐり始めた

 

しかしそれは実はボーイッシュ美少女のハルキで、いきなり胸を揉まれて生乳までまさぐられ、お尻に硬い感触を押しつけられながら乳首を摘ままれたら、ゾクゾクして可愛い声が漏れてしまう。

ハーレムきゃんぷっを読むならこちらハーレムきゃんぷっ

 

 

まだ気づかない彼はズボンもずり下ろして濡れちゃった割れ目に指を滑り込ませ、中をかき回して自分勝手に準備を整えさせていく。

 

背中から抱きつかれて小ぶりな美乳をいじられ、マン〇もトロトロにされたハルキはこれ以上はさせまいとマウントを取り、しっかり顔を見せたのだが…

ハーレムきゃんぷっを読むならこちらハーレムきゃんぷっ

 

2話

礼儀知らずで男勝りなイケメン風美少女

 

彼に乗ってブチ切れるかと思いきや、ちょっと怒り顔を見せる程度で済ませてまた眠ろうとするから、彼は調子に乗ってすり寄り、挿入したのか挟まったのか、もう超可愛い女の子にしか見えないハルキでぬりぬり腰を動かしてぶちまけてしまう。

ハーレムきゃんぷっを読むならこちらハーレムきゃんぷっ

 

 

 

翌朝、秘湯に行くという彼女たちにあえて遠回りの道を教えた彼。

 

どこまでもゲスい彼は先回りして全員の裸を明るいところで覗き見するつもりだったが、ピンクちゃんこと愛生とだけヤルことになった。

ハーレムきゃんぷっを読むならこちらハーレムきゃんぷっ

 

 

そして数日後、まさかの場所で4人と再会してしまう…

 

 

3話

彼こと山道健介は臨時教員として赴任した学校で、ハルキたち4人の女生徒と再会したのだった。

 

 

社会人として弱みを握られている彼は断れず、彼女たちが立ちあげるキャンプ部の顧問になることに。

 

そしてさっそく物置になっている部屋を部室にするため片付けを押しつけられるが、身体を動かすのが好きというポニーテールの奈月が手伝ってくれているうちに…

ハーレムきゃんぷっを読むならこちらハーレムきゃんぷっ

 

 

4話

奈月との妄想を思わず繰り広げている内に、ハプニングで襲いかかっているような体勢になってしまったところを、ハルキたちに見られて職を失いかけた彼。

 

ともあれ弱みを握られているせいで、さっそく次の休みにキャンプに連れていくことに。

 

すると色々と積極的に手伝って楽しむ奈月に嫉妬したのか、また愛生がJKとは思えないエロさでノーパン誘惑してくるものだから…

ハーレムきゃんぷっを読むならこちら
ハーレムきゃんぷっ

 

 

5話

あわよくば今夜はハーレムスリープできると企む彼だったが、ツンデレのツン率が高いハルキがそれを許さない。

 

それはそれとして、明るいうちに絶景露天風呂で汗を流すことに。

 

もちろん彼は覗き見て楽しむつもりだったが、ワンちゃんを連れてきているおっとりタイプの西園寺に犬扱いで足コキまでされてしまい…

ハーレムきゃんぷっを読むならこちら
ハーレムきゃんぷっ

 

 

感想

ハーレムきゃんぷっ!でした。

もう少し口の悪さを控えめにしてもらいたいですが気が強いボーイッシュ美少女は最高で、デレていく過程を楽しみたいと思います。

ハーレムきゃんぷっを読むならこちら