最新おすすめコミック
「管理人さん私たちとえっちシよ…」ネタバレ感想無料。エロいのは店子の人妻でも股間に支配される管理人もダメ!

管理人さん私たちとえっちシよ…絶対Hしたい人妻vs絶対Hしちゃいけない管理人
ネタバレ感想

管理人さん私たちとえっちシよ…絶対Hしたい人妻vs絶対Hしちゃいけない管理人のネタバレエロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

作・モフ2製作所。

人妻とマッサージの取り合わせがお得意な作者が、管理人を男に据えて人妻とのプレイを熱く描き出す。

おすすめエロ漫画はこちら

 

管理人さん私たちとえっちシよ…

珠乃はセクシーなネグリジェで夫を誘うが、忙しいだの疲れてるだのでずっと拒否され続けていた。

 

子供もそろそろ欲しいし、そもそも長らくご無沙汰で性欲も溜まりまくっていた。

 

結婚してから3年、それ以前の付き合いも含めたらさすがに倦怠期に入ったのかと感じ、珠乃は夫が出張に出かける前夜、一人寂しくオナるしかなかった。

 

 

 

叔父からアパートの管理を任されて生活費を稼いでいる学生の神矢が廊下の電灯を取り替えていると、不意にドアが開いてあわや脚立から落ちかけたが、逆に怪我をしたのは重い物を持ってよろけて尻でドアを押し開けた珠乃の方だった

 

 

神矢が代わりに荷物を運んであげると、珠乃は助けてもらったついでに軽く腰を揉んでほしいとおねだり。

 

店子が痛みをアピールするものだから管理人として無碍に断れず、人妻の身体を触るので旦那に申し訳なさを感じながら、いざ見様見真似で揉み解していく。

 

手持ち無沙汰でもないが、世間話でお互いのことを話していくうち和やかにマッサージが進んでいくが、彼の手が尻と太ももの境界に触れた瞬間、珠乃はハッとスイッチが入ってしまった。

 

 

モモの付け根の絶妙な性感帯。

 

堪らず小刻みに震えて荒い吐息も漏れてしまうと、愛液の染みが滲んでいく。

 

それに生唾を飲み込んだ彼は素早くズボンを脱がし、ここも腰痛には効果があると嘯きながらショーツ越しに擦り始めると、珠乃も腰を浮かせて感心したフリをし、気持ち良過ぎる久しぶりの手マンにされるがまま、

 

 

それが生手マンに変わるともっと気持ち良くて電気が走り、乳首を抓まれたら四つん這いを続けるのも厳しくなってくるのに、もうショーツを全部脱がされてGスポを擦られたら潮を噴いても仕方なかった。

 

 

思わず勢いで潮噴きまでさせてしまった神矢はまだ止まらず、愛液でぬらぬらのマン〇にイキり勃ったモノを突っ込んだ。

 

凄い久しぶりのチン〇の感触に珠乃は思わずアヘり、普通に大きな声で喘いでしまう。

 

彼は遠慮なくピストンして生乳も放り出して綺麗な巨乳の揺れも楽しむため、身体を起こさせて膝立ちバックでも突き上げていく。

 

 

そしてフィニッシュは獣的な四つん這いに戻し、中出しまでキメたのだった

 

 

単なる腰の痛みを和らげてもらうマッサージから久しぶりの中出しに持ち込まれた珠乃は、どうにかなりそうなほど気持ち良かったセック〇に、素直に感謝したのだった。

 

しかし神矢にしてみれば、また下半身に理性を壊されて大後悔だった…

 

 

2話

実は昔ながらの名家の子の神矢は、以前に想いを寄せていた年上の幼なじみの女の子とヤったことがあった。

 

しかし彼女は高校卒業後に本家筋の神矢の従兄と結婚することになっていたので、神矢は物理的に距離を離されてアパートの管理人を任されていた。

 

 

だからもう下半身で動くのはご法度だったのだが、マッサージからのセック〇で女扱いされて感謝している珠乃から誘われたら、また人妻の色香に負けるのも仕方なく…

管理人さん私たちとえっちシよ

 

 

感想

管理人さん私たちとえっちシよ…でした。

本当にいい人妻を描いてくれる作家さんだと思います。

この人の人妻は一度は経験しておいて損はないと思います。

管理人さん私たちとえっちシよ…を読むならこちら