最新おすすめコミック
「ベッドインキャンパス」ネタバレ最新無料。巨根がバレてしまった!それ目当てに近寄ってくる女子はアリ?

ベッドインキャンパス
ネタバレ感想

ベッドインキャンパスのネタバレエロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

作・サニー。

画・ドミ。

とある飲み会に酔い潰れた男子大学生は、面白おかしく巨根を拡散されて赤っ恥をかかされるのだが、しかし一時の恥ずかしさでおいしい思いもできそうなわけで…

 

 

ベッドインキャンパス

大学合格、可愛い女の子と出会い、付き合うことになり、いざ初体験を迎えられると思われた彼だったが、彼女はチン〇を見てびっくり仰天。

 

もうお互い裸になったのに今更やめようと言い出したその理由は、それは入る気がしないという、嬉しくもどうしようもないものだった。

 

 

 

その彼女と別れてしばらく、久しぶりに大学に行ってみるとさっそく先輩に絡まれて、新歓に来なかったことをチクっと言われるが、それも気にかけてくれている愛ゆえのこと。

 

なぜなら一年生の中に、とんでもなく可愛い子がいたからだ。

 

 

宇高宙はその子目当てに飲み会に参加するが、席ははるか遠く、他にも狙っている奴がいるようで近づく隙が無く、気づけば男だけで二次会三次会と飲みまくり、ふて寝。

 

すると悪ノリが過ぎる学友たちは宙の〇ンポがとんでもなくデカいことに気づき、形も露わな写真をアップしてしまったのだった。

 

 

それは瞬く間に拡散され、宙が目覚めた時にはフォロワーも次々増えていたのだが、その中にあの超絶可愛い井花里枝もいたのだった。

 

 

その日は大学に顔を出せば知らない子からも声をかけられるほど、もう巨根で有名になっており、勝手にアップした奴の退学を願うほど恥ずかしいやら情けないやら。

 

ただ清楚系の里枝とは違い、負けず劣らずの美人でセクシー系の朱莉にまで声をかけてもらえたのはまさに僥倖。

 

 

どうやら昨日の飲み会で割と喋ったようだが宙は全く記憶になく、しかしそんな正直に言えるはずもなく、今夜も一緒に飲もうと誘われて、まさかの二人きりのデートシチュに。

 

するとタイミング悪く里枝と鉢合わせたのだが、その隣には彼女を狙っている健もいて、奴は巨根写真をアップした張本人。

 

何とも恥ずかしい宙は一応は謝るので心広く許してやるも、彼女の前で〇ンポの話題を広げるバカさには気が気でない。

 

しかし実は、里枝も宙が巨根だと知ってから、無意識に彼の股間に視線が吸い寄せられるほど気になって仕方なかったのだ。

 

 

 

ともあれこの後、朱莉とのサシ飲みスタート。

 

すると話題はやはり彼の巨チンについてから切り出され、昨夜の飲み会でまるで興味を持たれていなかったことも分かっていると指摘された。

 

それ以上に、自分ではなく里枝ばかり気にしていたことに嫉妬し、ライバル意識を燃やした朱莉はの方が可愛いでしょう?と迫り、自慢のセクシーさで誘惑しようとし始めた。

 

なのにすぐ酔い潰れてくったりするものだから、彼は理性をしっかり保って店から連れ出して送ろうとするも、赤い顔でしな垂れかかられるともう止められず、ただでさえデカいモノがバッキバキに勃起し、朱莉にも間近で見られてしまうのだった…

 

 

2話3話4話

朱莉の無防備なセクシーさに、思わずフル勃起してしまった宙。

 

慌ててトイレに逃げ込むが、追いかけてきた朱莉は何とこういう経験がないのに治める手伝いをすると申し出たのだ。

 

狭い個室でハプニング的に背面座位の素股体勢になったことで彼はもう我慢できず、生乳も揉ませてもらいながら、壁に手をついてもらうと、パンストを破いて愛液で濡れそぼっているところに直接擦りつけ、挿入したくなる欲求と戦いながら射精したのだった。

 

 

 

翌日、美人な講師だからか人気がある性と愛の講義で、里枝が隣に座っただけでなく、堂々とセック〇動画が使用されて、どうしようもなく宙はまたフル勃起。

 

里枝にもバレて恥ずかしくてたまらないが、大人の玩具愛好者らしい彼女が彼の本物巨チンに興味津々なので、彼もお互いに見せ合うならと持ちかけてみた。

 

すると彼女も処女なのに、見せ合いっこでも彼の巨チンに惹かれて受け入れたのだった。

 

 

流出した写真で宙が気になり、勃起写真をオカズにオナニーまでしたと赤裸々に白状する里枝は、これが単なる性的好奇心なのか恋なのか確かめたいという。

 

 

学内トップクラスの美女にまじまじと見られ、ぎこちなく手コキされ、震えながらとんでもなくドエロい裸を露わにされ、ナチュラルにセック〇がどんなものか知りたいなんて言われたら、男として叶えない訳にはいかないし、そもそも我慢なんて不可能だった。

 

 

童貞だからあっという間に出そうになったので慌てて引っこ抜いたはいいが、その勢いで豪快に里枝にぶっかけてしまった。

 

彼が焦って凹むのに対し、もちろん精液を見たのも初めてな里枝はちょっと感動しながら彼のチン〇も拭ってあげると、それがまだまだ物足りなそうな感じもあり、はしたなくぱっかり股を開いて真っ赤になりながらも、続きがしたいとおねだり。

 

女子高育ちの箱入り娘として異性と関りのなかった里枝は、大学生になったのをきっかけに今までにない自由な生活の中で、性への好奇心が膨れ上がり、初めてでも宙の巨チンの快楽に溺れそうだった。

 

 

こうして朱莉の素股を軽く超える里枝のマン〇の気持ち良さを知って童貞卒業した宙は、翌日の講義でまた里枝と二人きりになると、昨日の立ちバックを思い出してフル勃起してしまい…

 

 

5話6話7話

教室で里枝と二人きりになり、扇情的な尻に勃起してしまう宙。

 

誘っているのか真剣に課題をこなして無防備になっているだけなのか、とにかく彼は我慢できなくて尻に手を伸ばした直後、里枝の同期の柚希という子が入ってきてうやむやに。

 

ただ嫉妬に駆られた里枝の家にお邪魔して食事をご馳走になった流れで、彼女愛用のバイブと宙の巨根を比べることに。

 

 

比べるならそれを使ってオナニーを見せて欲しい。

 

尤もなギブアンドテイクを求められた里枝は覚悟を決めて受け入れ、彼に見られながらも振動バイブを使ってオナニーし始めた。

 

そんなエロい姿を見せられて我慢できるはずもない彼も彼女をオカズに反り立ったモノを取り出すから、結局彼女のエロ可愛いおねだりでヤルことをヤルことに。

 

 

 

そうして里枝とほぼ恋人同士みたいに距離を縮めておきながら、朱莉の誘惑にも抗えない。

 

 

自分だけを見て欲しい朱莉に強くアプローチされたら、また飲んだ流れの勢いに押し負けてしまう宙。

 

里枝と付き合っているわけじゃないと自分に言い訳しながら、セクシー系なのにウブな朱莉の可愛さが堪らなくて…

 

 

感想

ベッドインキャンパスでした。

清楚系とセクシー系の後輩、どちらも巨根には興味津々みたいで夢のような二択、もしくは両方なのだから、デカさには誇りを持っていいと思いますね。

タイトル通り、ベッド時間が長くなるキャンパスライフが始まるのか楽しみです。

ベッドインキャンパスを読むならこちら