最新おすすめコミック
「パラダイス・プール」ネタバレ最新感想。プールスタッフバイトで片乳揉んで見て痴女とヤリかけて水漏れトラブル!

パラダイス・プール
ネタバレ感想

パラダイス・プールのネタバレエロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

作・SUN。

画・スター。

中々頭が上がらない年上幼なじみに半強制的にプールのスタッフとして駆り出された主人公は、その幼なじみに水着姿にムラムラしたり、まさかの再会をしたりと急展開に見舞われ…

 

 

パラダイス・プール

しがない大学生の大隈晋平がエロ動画をオカズにしこってもうイクというその時、タイミングの悪い電話がかかってきた。

 

相手は年上幼なじみでプールを運営している海帆で、晋平の都合なんかお構いなしに、人手が足りないから今日だけ手伝いに来いというもの。

 

 

そして悪態を吐きながらも従ってしまう晋平は、相変わらず偉そうにアレコレやるべき仕事を指示する海帆にイラついて呆れながらも、ほとんど露出はないものの初めて見るとんでもないダイナマイトボディの水着姿に、さっそく股間がジンジンしてしまう。

 

 

その時、小中高と一緒だった菅野泰が登場。

 

イケメンだが女癖の悪いクズで、晋平が関わりたくない相手なのに、どうやらずっと水泳をしているらしい菅野はここで働いているようだ。

 

おまけに彼女らしい女の子をここに通わせているのに、先輩で上司の海帆の腰にさり気なく手を添える辺り、職場でもヤリチンな様子。

 

 

嫌な気分のままマジダルい強制バイトであくせく動き始めた晋平が一息つくと、今度はザバンと水の中から出てきた美女に目を奪われた。

 

 

その子は高校時代にずっと同じクラスで卒業式の日に告白したが手酷くフラれた、湯浅多喜だった。

 

 

ここで会ったのも何かの縁、晋平は勇気を出して話しかけるが告白までされても彼女は全く覚えていないようで、彼は絶望と羞恥でそそくさと逃げようとした。

 

しかし足を滑らせて多喜の胸を思いっきり掴みながら、プールにダイブしてしまうのだった。

 

そして巻き込まれた多喜の水着が引きちぎれて片乳が丸出しに。

 

 

これでもかとジト目で睨まれながらも叫ばれたりしないだけマシな彼は、慌てて自分のシャツを貸してもまた睨まれるが、プールサイドに上がりながら尻から水が滴る彼女を見ると、フル勃起を止められなかった。

 

 

彼もちぎれた水着の切れ端を眺めながら上がったその時、今度はヌーディストビーチにでもいそうなドスケベ水着を着た爆乳美女が現れるものだから、巨根なのも忘れて先っぽを水着からはみ出させてしまう。

 

 

そのデカさに目を付けた変態水着女は、晋平に話しかけてからタメ年だと分かると一気に馴れ馴れしくなり、濱松亜羅と自己紹介して自由に泳ぎ始めた。

 

すると程なく足が攣ったと言い出して彼を水の中に誘い込み、際どい太ももの水中マッサージをおねだり

 

もちろん勃起した彼の先っぽが当たると、亜羅はもう我慢できずに立ちバック体勢でずらしてマン〇を露わにするものだから、彼はまさかの痴女誘惑に戸惑いながらもありがたく先っぽまで押し入れて感動したその時、また菅野が現れてイイところを邪魔されたのだった。

 

 

晋平は倉庫の整理を指示され、お預けを食らわされたイラつきと痴女とヤリ損ねたムラムラが残っていたのに、菅野にわざと彼女とのサボり逢引セック〇を見せつけられると、後で海帆に報告してクビにしてもらおうと決めた。

 

 

ともあれ疲れ切って早く家で休みたかったが、大家の香穂子さんから水漏れトラブルの連絡があり、ゆっくりできるのはまだ先になりそうな気配。

 

三階建てアパートの一階は男性専用、二階は女性専用、三階が大家さんと振り分けられているのだが、一階二階が水漏れ修復工事でしばらく住めないので、別の物件に移ってもらうかしばらく三階で共同生活するか任された晋平は、美人でスタイル抜群の香穂子さんと暮らせるなら問題なしと思い、他の住人と一緒の共同生活を決断。

 

 

すると香穂子さんの親族か二階の住人だったのか、多喜と亜羅も一つ屋根の下で暮らしていることを知ったのだった…

 

 

2話

初恋の相手の多喜、会ったばかりでヤリかけた亜羅、それだけじゃなく菅野の彼女の加野千鈴までこのアパートの住人という、数奇な巡り会わせが起こった。

 

元々千鈴が彼氏の職場のプールに通おうと他の女の子たちを誘ったらしく、それで大家の香穂子もプール仲間だった。

 

そして晋平が実は同じ建物内に住んでいたと分かった亜羅は、昼間のムラムラと晋平の巨根を味わうために近所のコンビニに彼を誘い、トイレの中で昼間の続きを楽しんだのだった

 

 

翌朝、昨日の疲れで学校をサボった晋平は、亜羅と多喜と3Pしている淫夢を見て、フル勃起チンポ丸出しで無防備に爆睡しているせいで、未亡人の香穂子に見られて久しぶりのドキドキを与えてしまい…

 

 

3話

淫夢と香穂子のフェラがリンクして、盛大に夢精した晋平。

 

まさか香穂子に見られていじられて咥えられまでしたなんて思いもしないまま、今日も強制的にプールバイトに呼び出された。

 

するとまた救いようのないクズ菅野に絡まれてストレスが溜まってしょうがないが、セクハラパワハラし放題ゲス男の悪行が晋平に及んでいると分かると、海帆姉が黙っていなかった。

 

 

そして早く帰れた晋平は、香穂子が自分の名前を呼びながら一心不乱にオナっているのを覗き見てしまい、フル勃起の先っぽでドアを全開にしてしまい…

 

 

4話

濡れそぼったアソコをマジマジと見られ、四つん這いで後ろからも見られ、晋平の巨根を手でも実感してしまったら、香穂子の疼きは止められなかった。

 

女としてどうしてもそれで気持ち良くして欲しくなった香穂子は、プールバイトから帰ってくる深夜まで待ち、透け透けネグリジェで誘惑してしまう。

 

 

そして性格ゴミの菅野は、ついに見下している晋平が自分よりはるかデカいチン〇の持ち主だと亜羅から教えられ…

 

 

5話

晋平の巨根に完全に骨抜きにされてしまった香穂子。

 

潮まで噴いて最高のオーガズムを感じたが、お互いに一発や二発じゃ治まらず、千鈴が淫らな声を盗み聞いているなんて知る由もなく、激しく性器を擦りつけ合った。

 

 

翌日、ハッスルしすぎたせいかバイトに遅刻した晋平は海帆にチクチクと叱責されてイラついていると、千鈴に呼び出され…

 

 

6話

晋平を連れ出した千鈴は素直に昨日のことを謝るが、彼はとにかくクズ菅野との事に巻き込まなければそれで良かったし、話が終わればサッサと行こうとするが、なぜか一方的に胸を露わにして彼が勃起すれば見せてと言い出す千鈴。

 

全く自分勝手だが菅野への復讐と思った晋平が素直にチン〇を取り出すと、とんでもない巨根が飛び出て頬を打たれた千鈴は完全にメスモード。

 

覗く菅野、ドMモードにもなってチン〇ビンタをねだる千鈴、香穂子とのセック〇でチン〇で自信を芽生えさせ始めた晋平。

 

 

結局菅野が乱入してきて最後までできなかったが、すると今度は大体の事情を察した亜羅とヤル流れになって…

 

 

7話

晋平と亜羅が立ちバックでヤリ始めたところに突入してしまい、彼がとんでもない巨根に成長しているのを目の当たりにした海帆。

 

その場は余裕のある年上として、男女のことに口出しはしなかったが、陰から巨根でとても気持ち良くなっている様子の亜羅の喘ぎを盗み聞き、弟分を見る目が変わってしまうのだった。

 

 

そして最初以外は立ちバックばかりの晋平は、自分が髪型から何から見た目がダサすぎるせいだとストレートに亜羅に突きつけられ、なけなしのプライドがズタボロ。

 

しかしその夜、千鈴と香穂子から誘われて…

 

 

8話

二人から誘われた晋平は、昼にヤリ損ねた千鈴を選んだ。

 

 

予想通りに昼間の続きを期待していた千鈴は躊躇なく裸を披露し、言われるがままフェラまでして晋平の巨根を硬くそそり立たせてあげるが、彼に挿入して欲しい訳ではなく、あくまで尻や濡れマンを巨根で叩いてもらえる他にない気持ち良さを味わいたいだけだった。

 

セルフまんぐり返しのエロ過ぎる体位でおねだりされているのに、さすがの晋平もまたチン〇以外はお呼びじゃない扱いに凹むしかない。

 

 

とは言え、挿入中やイジられている時にアヘる彼の顔は相当な不細工なわけで…

 

 

9話

千鈴と最後までヤレるチャンスはあったが、菅野の元カノと思うと主導権を握られたままでは癪な晋平は、意地を通して断った。

 

 

翌日からやっと本格的な工事が始まってアパート内は騒音に包まれ始めたせいかおかげか、寝起きの晋平は注意書きもシャワーの音も気づかずにバストイレに入って、多喜と鉢合わせ。

 

そこでお互い、かなりの巨根なこととツルツルパイパンなのを目撃して…

 

 

感想

パラダイス・プールでした。

多分ですが、多喜はかなり視力が低い気がしますね。

それにしても他にも利用者がいるのに躊躇なく立ちバックをおねだりする亜羅のヤリマンレベルはエロ漫画級ですね。

コミックシーモア先行配信作品です。

コミックシーモアで読むならこちら

まんが王国で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら