おすすめ漫画・動画サイトの広告掲載中
最新おすすめコミック
「終末のハーレムアフターワールド」25話26話ネタバレ最新話修正前27話。姉弟でも血が繋がらないから結婚できる!

終末のハーレムアフターワールド25話26話
ネタバレ感想

終末のハーレムアフターワールドのネタバレエロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

新居に越したばかりで来訪してきたのは、まさかの愛しい姉だった。

親の再婚でできた姉の桜に一目惚れした陸少年の過去が今明かされる…

 

終末のハーレムアフターワールド25話

まさかの細胞硬化症が発症してしまい、桜との映画デートがおじゃんになった陸。

 

今すぐ命が脅かされることはないが、コールドスリープにつく前の時間は憂鬱でしょうがなく、制服デートをしているカップルを見ると羨ましくって仕方ない。

 

 

桜はもちろん、家族みんなはコールドスリープについて早く進行を食い止めて欲しいと願っていたが、本人にとってはそう単純な話ではない。

 

病気になったのは受け入れるしかないと理解したが、治療法が見つかるまでは3年か5年かという気の遠くなる時間を眠り続けなければならないのだから、躊躇もしようというものだ。

 

なんせその間に更に桜との体の年齢差が開いてしまうし、そのうち彼氏を作ってデートしてと思うと、気が気じゃない。

 

そんな思いが膨れ上がった彼は堪らず、愛の告白をぶちかましたのだが、桜にとっては可愛い弟でしかない。

 

 

しかし想いを募らせすぎた彼は、連れ子同士なら結婚できるという法律まで調べていた。

 

そんなこと言われても3歳も下の子供がなに言ってんだと桜はのらりくらりと躱し、いずれ可愛い彼女ができると励ますが、まだまだ断る方の辛さなど考えられない少年は、いたたまれなくなって逃げだしたのだった。

 

 

 

やがてスリープ予定日の前日、まだ命の危機感がない彼は治療を選ぶ権利があるだのと意固地になり、長い眠りに入るつもりはないと言い出した。

 

母にとってはあり得ない選択で説得しようとするが、姉に恋する少年はまさに親の心子知らずをひた走っていた。

 

そんなところに帰ってきて弟の癇癪を聞いた桜はさっそく話をしに行くが、フラれたばかりの相手にそう素直になれるはずもなく。

 

 

いや、むしろずっと素直に我がままを吐き散らしていた。

 

母も心配しているし自分も心配だからできるだけ早くコールドスリープに入って欲しい。

 

そんな家族としての願いを伝えると、彼は泣きじゃくりながら取り残される恐怖をぶちまけたのだった。

 

終末のハーレムアフターワールドを読むならこちら