最新おすすめコミック
「あの雨の日から、そそいでほしくて」ネタバレ感想。雨の日はほんのり乳首が透ける…男の視線が気持ち良かったから

あの雨の日からそそいでほしくて
ネタバレ感想

あの雨の日からそそいでほしくてのネタバレエロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

作・チーム☆ラッキー。

ただ雨宿りをしただけなのに、女の子はとんでもない性癖に目覚めてしまう…

 

あの雨の日からそそいでほしくて

天気予報が外れて雨に降られ、葵が雨宿りをしていると、同じ境遇のおじさんが駆け込んできた。

 

するとチラチラ妙に見てくるので何かと思うと、葵は透けブラしているのに気づき、サッと隠すと背中を向けてその場をしのいだ。

雨の日は、ほんのり乳首雨の日は、ほんのり乳首

 

 

しかし帰ってまず着替えようとして、改めて自分の胸を見て、ここが見たかったんだとしみじみと思うと、妙な感覚になった。

雨の日は、ほんのり乳首

 

 

 

後日、家に帰った葵はいつものように着替えようとしたのだが、ふと試してみたくなり、パンティだけを脱いでノーパンになると、そのまま外に出た。

 

スカートの中のスース―具合は凄まじく、いつもの道なのに緊張感も凄く、でも興奮してしょうがなく、勢いに任せて駅のホームにいるおじさんにスカートをたくし上げて生マンを見せつけていた。

雨の日は、ほんのり乳首

 

 

そんなとんでもない露出プレイを経験した夏、今度は学校帰りに公衆トイレでブラだけ外し、セーラー服をツンと尖らせた。

 

その矢先、また雨が降り出して一先ずひと気の少ない高架下に逃げ込み、はっきり乳首が透けているので早くブラを着けなければと思うが、それより早くまたどこにでもいるおじさんが駆け込んできた。

雨の日は、ほんのり乳首

 

 

ブラ紐が見えない背中をチラ見するおじさん。

新たな扉を開きたい葵。

 

シンプルな裸よりエロい透けセーラー服乳首を披露した変態美少女は、オナニーまで見せ合い、青姦も初体験し、ホイホイとおじさんの家にもついていった…

雨の日は、ほんのり乳首雨の日は、ほんのり乳首

 

 

感想

あの雨の日から、そそいでほしくてでした。

透けチクの魅力は十分に描けていると思いますし、遠い世界観ですが監獄学園を思い出しました。

DMM電子書籍で読むならこちら

まんが王国で読むならこちら

コミックシーモアで読むならこちら雨の日は、ほんのり乳首