最新おすすめコミック
「インフェクション」ネタバレ最新255話256話257話。蘇る死者たち!出会いの場でキスをしてお楽しみ子作りフラグ

インフェクション255話256話257話
ネタバレ感想

インフェクションのネタバレエロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

渚を喰ったエリックは全ての科学力を使うため、全世界の人類を飲み込んで数で知識の差を埋めていく。

かろうじて隔離地域だけ守った香里は、可能な限りの死者を蘇らせて対抗する手立てを考えることにした。

 

インフェクション255話

蘇らせた人々を学校に集めた数時間前に話は遡る。

 

 

 

香里のたった一言で死者は蘇ったらしく、寝入っていた人も目を覚ましているという。

 

その証拠に麗が抱いていた信が目を覚ましたのだが、香里曰く、死体を食われたりバラバラにされたりした人は今の段階では復活できないという。

 

それは香里像のパワーをバリアに割いているからで、本来なら全員生き返らせて香里像はお役御免で消え去る予定だったのだ。

 

 

復活できたのは1000人程度、ここにいる100倍だと思えば相当な数になるし、その中には天才チルドレンの父親である天宮博士もいた。

 

既に香里からの情報エネルギーで妻が何をしたのか、これまで何があったのか把握している博士は何を思うのか、息子たちの前に現れると嘆くでも再会を喜ぶでもなく、ただ妻が夢の中に出てきたと切り出した。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

しかし内容は明かさず、子供たちに成すべきことをしなさいと背中を押したのだった。

 

 

 

復活した死者たちはバスに乗り合って続々と集まって来ると、晴輝を隊長と慕ってついていった隊員たちは、隊長の凄さに盛り上がり次こそ死なずに守り切ると、また自己犠牲話で盛り上がった。

 

とんでもない裏切りで無残な最期を遂げた女自衛隊員は自分の行いを顧みて凹み、転職を決意した。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

 

蓮華がらぎ姉と歩きながら笑顔を零していると、神城が話しかけてきたのでらぎ姉はサッと離れて気を利かせるグッジョブ。

 

淀川が復活していないことはもう割り切っていた神城は、死に際に残してくれた胸のメッセージも綺麗さっぱり元通りになっているのを少し残念そうに見たが、しっかりお礼を伝えた。

 

衒いのない真っすぐな感謝にちょっと照れた蓮華はだから、ストレートな祈りを打ち明けたのだった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

 

エリックとの戦いで仲間を窮地に陥れた隊員が反省しまくる中、明石と山田を見つけた関は駆け寄り、親友が変わり果てた後の大変さを話す流れでいかに山田が頑張ったかを切り出し、おっさんに合図を送る。

 

しかし素直じゃないおっさんは生き返らせてなんて頼んでないみたいにぶっきらぼうなものだから、関もすぐイラついて今度は親友からのアプローチを促した。

 

それで歴女は素直に可愛くお礼を伝えるが、おっさんは相変わらずの可愛げのなさ。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

もどかしい二人に土木女子が叫んでいる頃、武の極みを目指した武闘家は再びチャンスが巡ってきたが、行き着く先が他人をぶち壊す修羅道だと知ってしまって心折れそうになっていた。

 

そこに声をかけたのが薙刀狂いのながみんで、無邪気に自分の道ってものを見つけてウキウキしているんだといい笑顔で伝えた。

 

だから轟は驚きながらも自分と同じように修羅に堕ちる可能性があることを伝えようとするが、彼女はそのことも織り込み済みで、道を違わない方を信じて疑っていなかった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

 

小鳥が学校に着くと榎並が待ち構えており、訊かれるまま妹は蘇ってなかったからもうひと踏ん張りだと答え、榎並が正直に復活しても会いたくない人ばかりだと言うので、心から笑ってやった。

 

その会いたくない人の中に、保菌者騒動勃発初期にお別れした彼氏が含まれているのは間違いなさそうだった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

インフェクション無修正版を読むならこちら