最新おすすめコミック
「デスティニーラバーズ」ネタバレ最新141話142話143話144話。NTRソープで興奮と苦痛のどっちが上回るか!?

デスティニーラバーズ141話142話143話144話
ネタバレ感想

デスティニーラバーズのネタバレ最新エロ画像(raw pdf危険)、感想、あらすじ、無料で読む方法を紹介。

 

熱が入り過ぎて究極殺人事件を現実の事件だと思わず思い込んでしまった匠馬。

それほど演者側も役になり切り、犯人役のメイドのアドリブも流石だった様子。

そしてついにラストの関門は、いよいよ乗り越えるべきNTRだった…

 

141話142話

3人がプレイルームに通されてから、すぐに究極NTRソープが開始された。

 

まさかの試練に想い人のいる二人は動揺を隠せないまま、知らない人のためにNTRとは何ぞやの解説が入った。

 

夫婦、恋人等のパートナーが第三者とパコることにより興奮してしまう性嗜好であり、その経緯や和姦が無理やりなのかもそれぞれ。

 

とにかく男の側が抱くことが多い、倒錯した興奮方法である。

 

 

もちろん匠馬は興奮などしないと全否定し、それに里桜や葵に京を利用することを非難するが、彼が何を言ってももう止められない。

 

槍人は匠馬の怒りっぷりで逆にNTR素質を見抜くと悪く微笑み、最初にラブコメを披露した葵を指名すると、既に先っぽが出ている部分をコリコリしながら、素晴らしいデカさも堪能していく。

 

 

それでキスに移ろうとすれば葵はお約束のキスだけはの拒否を示すが、聖女として失敗した身であり、槍人の望みを無碍にした場合のペナルティをチラつかせられると、身を守る意味で全てを受け入れるしかないと覚悟を決めた。

 

せめて匠馬が観てる前では本気にならない。

 

 

そう強く思うが、普段からヤってばかりで経験値が凄まじい槍人のテクに晒されると、あっという間に甘い声が漏れ、自然と舌を絡ませてしまう。

 

槍人も満足するエロキスをした葵の蜜壺も準備万端、ぱっかり手マンされたらいやらしい音が響き渡り、愛液でぬらぬら光るアソコをバッチリ映され、匠馬にも提供される。

 

舌を絡ませ、乳首ビンビン、愛液濡れ濡れ。

 

 

ゲスくいやらしい嫌な男の愛撫でもただのメスになってしまった葵を嘲笑う槍人に憤怒する匠馬だが、自分でも気づかぬ内、嬢がうっとり見惚れるほどバッキバキに勃起していたのだった。

 

 

匠馬自身で見ても過去最大の膨張率。

 

まさかのNTR嗜好に驚愕していると、うっとりしていた巫女嬢の心も準備万端といったところで、それぞれについた嬢の紹介が始まった。

 

匠馬にはスケベで本物の巫女という御巫叡美で、清楚でエロいとはこれ如何に。

 

 

大河原の相手は洋風に変わってエロシスターの聖徳エレナというクォーター美女で、火室の相手は元ガチアイドルの不二さくらで、枕家業の噂が付き纏った期待大のドスケベそうな女だ。

 

 

早くも叡美の魅力にクラクラきているのも構わず、槍人は着々と葵の身体を楽しみ、いよいよチン〇を取り出して性器にあてがった。

 

そして遠慮なく側臥バック体位からグッと突き入れ、彼女の声にならない声が漏れ出たのだった。

 

 

本当に挿入。

やだやだ言いながらもエロ過ぎる音が上から下から漏らしてしまう葵。

 

バック体位で早くもGスポットを見つけられた彼女はあっという間に中イキに導かれ、寝取られた女になってしまった。

 

 

もちろん匠馬は言い表せれない怒りに震えるが、同時に我慢汁がねっとり垂れるほど最高のオカズになっていた。

 

とにかく愛しの葵の痴態で大興奮した勃起チン〇に目を付けた叡美は、即尺NGだがやりたい欲求が勝ったらしく、ねっとり汁ことしゃぶりついたのだった。

 

デスティニーラバーズ無修正版を読むならこちら