おすすめ漫画・動画サイトの広告掲載中
最新おすすめコミック
「履いてください、鷹峰さん」ネタバレ最新8巻。興奮してくれるなら顔面でもグラインドでも騎乗位する乙女心!

履いてください、鷹峰さん8巻
ネタバレ感想

履いてください、鷹峰さんのネタバレ最新エロ画像、感想、あらすじ、無料で読む方法を紹介。

 

冬休みの思い出は生マン接写でご対面。

NTRのフラグが立ちそうだったり、チョコ水着で溶けエロだったり、色々あって鷹峰さんが好きなんだと自覚する白田だった…

 

履いてください、鷹峰さん8巻

なんやかんやあってお詫びとお礼の品を携えたお邪魔した白田。

 

何がどうあれ土下座を匂わせる鷹峰さんは可愛らしいキャンディアソートをもらえてウキウキしているのをおくびにも出さず、ちょうどいいサイズのキャンディで乳首を隠させるつもりだなと曲解して、彼の妄想を掻き立てる。

 

もしくは媚薬でも入れたんだろうと犯罪者に仕立て上げようとし、いつもの痴女っぷりを棚に上げる。

 

 

仕上げは彼にフェラを想起させて興奮させる始末。

 

健気なご奉仕精神なんてまだお目にかかれたことがない超絶自己評価天井知らず女は男根に寒気を与えつつ、参考書選びデートに連れ出した。

 

そこでおしゃれっぷりを褒められれば、我が芸術的なスタイルの良さこそ美の極致であり、服はむしろそれを邪魔しないものを選ぶ、できれば裸で人生を謳歌したいと相変わらずの変態性を嬉々として語る。

 

 

しかし露出狂の自覚はないようで、逆に何とも思わない相手に裸を見られたとて気にしないという。

 

暗に彼に見られたら違うと伝えたいのだが、幾度となくノーパン痴女っぷりを間近で見ている彼に伝わるはずもなかった。

 

 

 

さて、4月の入学式。

 

現生徒会長として登壇した鷹峰さんは、新入生代表ちゃんのズッコケを華麗に助けたいがためにまずは一脱ぎ。

 

ステージの台に隠れている彼は粛々と穿かせようとするが、改めて好きな女子が脱いでノーパンになって穿かせるという作業は、とんでもない行為だと感じて躊躇し、急かされ、慌ててずり上げたことでTバックを前後逆にしてしまうのだった。

 

 

食い込みが前にきているのでさすがに鷹峰さんも気づくだろうが、それよりも彼の躊躇いが何より気になって生徒会室で二人きりになるなり、なぜどうしてだと詰め寄る孤高の美女。

 

まさか好意がバレたのかと焦る彼は、当たり前にボロクソに振られると思い込み、詰め寄る鷹峰さんとわちゃっと絡み合ってすってんころりん。

 

結果、69的な体勢になって着エロみたいなバックショットを眼前に捉えることに。

 

 

即勃起する景色だが、この体勢で膨らめば即座にバレてドン引きされると思った彼は、鋼の精神を発揮。

 

逆に女として恋する乙女として羞恥心がぶっ壊れている変態として、勃起させたい使命感に燃える鷹峰さん。

 

散らばった書類を拾う流れでがっつり割れ目を押し付け、それでも股間に変化がないと見ればくるりとポジションチェンジしてターゲットに直接刺激を与える、グラインド騎乗位で攻めの姿勢を更に加速。

 

 

しかし彼の鋼を崩せなかった鷹峰さんは、クローゼット任務のクビを宣告した。

 

それもこれも彼がどこかの誰かに恋をして操を立てたから自分に無反応になったんだという、賢いのにバカ論理を組み立てたのだ。

 

 

嫉妬、焦り、苛立ち。

 

そんな勘違いをぶつけられても好きだといえない彼は嘘ではない尤もらしい言い訳で納得してもらい、引き続き奴隷ポジションを維持するのだった。

 

履いてください、鷹峰さんを読むならこちら