おすすめ漫画・動画サイトの広告掲載中
最新おすすめコミック
「春の良き日に」ネタバレ感想。激ヤバヤンデレ女とダウナー男の秘密!廃屋ゴミ溜め狭所監禁で秘密の逢瀬!

春の良き日に
ネタバレ感想

春の良き日にのネタバレ最新エロ画像、感想、あらすじ、無料で読む方法を紹介。

 

作・なまえれんらく。

出会いと別れの春の季節に、ヤバい状況になっていた二人の男女がいた…

おすすめエロ漫画はこちら

 

春の良き日に

桜が咲き乱れる卒業の季節、ヤンデレ女の咲はご満悦にダウナー男の智諦を見下ろしていた。

春の良き日に [猫車直売センター]春の良き日に [猫車直売センター]

 

 

 

鉢植えの花を楽しそうに摘んじゃったりしているが、ここは荒れた廃屋の一角。

春の良き日に [猫車直売センター]春の良き日に [猫車直売センター]

 

 

住む者のいなくなったそこで楽しそうな咲は、配電盤に写真を隠して密かに愛でたり、いろんな場所で植物を育てたりと、秘密基地のように使って小学生のように満喫していた。

春の良き日に [猫車直売センター]春の良き日に [猫車直売センター]

 

 

ただそれはまだ可愛い不法侵入、そうそう見つかることのない場所にとんでもないモノを隠していた。

 

 

そこはダストシュートか、とにかく這い上がることは不可能な井戸のような形状の中に少年がいて、助け出すことも救助を呼ぶこともせず、袋詰めのぐちょぐちょの食糧とペットボトルに入れた液体で飢えだけ凌がせていたのだ。

春の良き日に [猫車直売センター]春の良き日に [猫車直売センター]

 

 

歪な愛で彼を捕らえて離さない闇堕ち女と、自己肯定感が激低で下半身丸出しの男。

 

差し入れられたエロ本、否定できないオナニー、それで股間が疼くヤンデレ。

 

一月分の汚物と卒業アルバムを差し入れられた彼は、下ろされたロープを掴んでついに彼女も奈落の底に引きずり込んだのだが、果たしてそれで解決することなどなく、新たな快楽に溺れ死ぬ未来が待っているだけだった…

春の良き日に [猫車直売センター]春の良き日に [猫車直売センター]

 

 

感想

春の良き日にでした。

雰囲気たっぷりの映画にでもありそうな設定で、好き嫌いはハッキリ分かれそうですね。

春の良き日にを読むならこちら
春の良き日に [猫車直売センター]