ギフト± サスペンス

漫画「ギフト±」無料ネタバレ感想5巻。ハニートラップで感情が芽生える環

更新日:

ギフト±5巻ネタバレ感想

阿藤が死に、遺志を継いだ桜田瑞希。

林と名を偽って闇医者をしていた英に接触し、正義を貫こうとしていく。

 

 

 心臓の行方

環の心臓移植手術で助手をしていた英は、オペ室内にあったクーラーボックスがいつの間にか消えていたことを話し、おそらく「ドミノ移植」が行われたと示唆する。

取り出す必要のない健康な臓器を摘出し、必要な誰かへと流す。環はその被害者になってしまっていた。そのせいで手術前と性格が変わったと思われる。

capture-20170105-163816

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±5巻

 

 

当時、その臓器移植法違反の首謀者である院長の叔父を英は問い詰めたが、甥でさえも亡き者にして隠蔽しようと銃を向けてきた。
しかし弾は逸れ、英は気絶するだけで済んだ。やがて意識を取り戻した時に見たのは、腹を切り裂かれて血まみれで倒れている叔父と、メスを握り締めている幼い環だった。

capture-20170105-163945

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±5巻

 

 

環は、止めを刺そうとしていた院長を止めようとメスを突き刺した。すると彼は、全ての苦しみから逃げ出すように自らの頭を撃ち抜いたのだった。

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±5巻

 

 

そして全てを闇に葬ろうとして、英を病院に火をつけた。

 

 

キーになるのは環の本当の心臓の行方と、彼女が誰の心臓を移植されたのか

capture-20170105-164112

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±5巻

 

 

 

極秋会病院に主治医の梨世の診察を受けに来た環。丁度その時、梨世は院長とファックしている最中だった。見られていたバツの悪さなど感じることもなく、梨世は解放されてラッキーとばかりに環を連れて診察に戻る。

capture-20170105-164257

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±5巻

 

 

環は感情が芽生え始めていた。タカシと梨世が関係を持っていたのにも驚いたが、それ以上に英を思い出すと胸がチクチクするのを感じていた。

capture-20170105-164423

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±5巻

 

[ad#co-1]

 

院長は秋光家の親族集会に向かう途中で意識を失った。目が覚めると、そこには甥のタカシがいた。そして、タカシの母親の服を着た環も姿を見せた。

capture-20170105-164542

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±5巻

 

 

タカシは院長が病院で中国のマフィアと組み違法移植を繰り返しているのを知り、梨世を使って情報を仕入れていた。裏を取り、さっきまた行われようとしていた手術の現場に部下を踏み込ませ、皆殺しにしていた。

中国マフィアにいいように使われていた叔父を失脚させ、病院を乗っ取る。全てはタカシの計算通りに運んでいた。

capture-20170105-164743

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±5巻

 

 

崇は親族会議に環と共に乗り込み、叔父の失態を詳らかにした。そして、場の空気を支配し病院の運営権をいとも簡単に手繰り寄せる。

 

 

親族の老体たちは、戦々恐々としていた。
極秋会を興した秋光正には、長男の聡がいて、その下に本妻の息子の渉と妾の子の崇がいる。しかし、崇は聡の子ではなく実は正の子だった

少女たちを性の道具にしていた買春クラブ「プティシャトン」。そこに崇の母の真琴は飼われていた。そこの常客だった正は真琴を買い、産ませたのが崇だった。

capture-20170105-164826

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±5巻

 

 

そして、16歳で崇を産んだ真琴は数日後に帰らぬ人となった。

 

 

極秋会病院を調べ始めた瑞希は、そこで秋光崇を目撃していた。その青年が幼い頃の写真と、手術前の環がそっくりなのに気付き、もっと深く掘り下げる準備を進めていく。

秋光家の資料を集めると、11年前の一冊の雑誌に病院の初代院長・秋光正と一人の少女が一緒に移っている写真を見つける。少女の格好をしているのにT君と記された名前。出版社に問い合わせると、それは孫のタカシだと説明されたそうだった。

capture-20170105-165024

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±5巻

 

 

瑞希はその記事を書いた廣瀬直也に接触しようと動き出す。

 

 

感想

ギフト±5巻でした。

解体屋としての仕事はありませんでしたが、物語の根幹の部分に迫ってきましたね。梨世先生のファックシーンはさておき、不二子っぷりがたまりません。

瑞希の動きと環の動きが重なりそうな6巻に注目です。

ギフト±を無料でお得に読む方法はこちら

試し読みはこちら

 

[ad#co-4]

-ギフト±, サスペンス
-, , ,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.