「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」ネタバレエロ。エロ可愛すぎる娘はよその性的JKでした

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので
ネタバレ感想

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでのネタバレ最新話エロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

小桜クマネコ×チンジャオ娘。

ヒットメーカー二人がまたタッグを組んだ本作。

10年以上育てた自分の子供と血の繋がりがないと分かったその時、あなたはどうしますか?

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

中村俊樹はうだつの上がらない勤続20年のサラリーマンで、唯一の生き甲斐は目に入れても痛くないような愛娘の陽葵だ。

 

ただ昔から、陽葵とは全然似ていないと言われ続けてきたのが妙に気になっていた。

 

 

あまりに気になり過ぎて我慢できなくなったある日、まさかと思いながらDNA鑑定を試すと、まさか本当に父子であることが限りなく否定されてしまったのだ。
手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

 

 

 

父親を毛嫌いしてもおかしくない年齢になっても、玄関まで出迎えてくれてくっついてくれる可愛い可愛い一人娘。

 

たわわな乳房、芸能界にスカウトされるほどの整った顔立ち、バドミントンでしっかり締まるところは締まったナイスバディ
手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

 

 

そんな我が娘と血の繋がりがなく、何も知らずに育ててきた憐れな男。

 

 

 

俊樹は学校帰りでむせ返る汗とメスの匂いを放つ陽葵にムラムラが抑えられず、無理やり押し倒してぶるんと揺れる乳房にむしゃぶりついてしまうのだった。

 

他人の女をここまで育てたのだから、味合う権利がある。

 

理性を越えた感情でおかしくなった俊樹は、まだ誰にも汚されていないマン〇をいじくり倒し、アナルも責めてしつこくほぐしていった。

 

父に襲われた陽葵はろくに抵抗もできず、人が変わった父の指でイカされてしまう

 

 

その反応でまたチン〇がゾクゾクした俊樹は先っぽを入り口にあてがい、もう陽葵の知っているお父さんじゃないんだと打ち明けながら、膜を突き破るのだった。
手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

 

 

ここまで育ててきたのはセック〇するため…

 

そう叫びながら十数年の集大成の中で必死にピストンし、絶望を感じながら娘だったエロカワ女子の中に射精しまくった。

 

 

 

陽葵の母親が喘いだ攻め方をすれば、娘も同じように反応して喘ぐ。

 

陽葵を狙っている男子はさぞ多いだろうと茶化しながら、最後の一滴まで出し尽くす勢いで子宮に注ぎ込んだ。

 

 

 

あまりのショックに我を忘れ、血が繋がらないとは言え罪のない陽葵を犯してしまった俊樹は、全てを失った気分で警察に自首しようとした。

 

しかし、突然襲われても陽葵は俊樹を引き止め、ここまで育ててくれたことは嘘じゃないといい、許しを与えたのだった。

 

 

 

翌日、俊樹も陽葵も普通に出勤・通学した。

 

俊樹は陽葵がやっぱり怒りと悲しみを感じているようなら警察に行こうと思いながら、夕食の支度をし始めた。

 

すると陽葵は俊樹の股間をまさぐってチン〇を取り出すと、気持ち良くしてあげると言い出し、フェラし始めた。
手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

 

 

まだお父さんと呼んで慕い、家にいて欲しいと思っていた陽葵は今日の授業中、エロ動画でフェラを勉強し、さっそくそれを実践に移したのだ。

 

俊樹は健気な陽葵のフェラであっけなくイカされた。

 

 

それからというもの、陽葵は母親の目を盗んで俊樹にフェラご奉仕を続け、彼も日に日に上達していくことが楽しみになっていた。

 

 

 

性知識を増やすことにも積極的な陽葵は、豊満な胸でパイズリもしてあげ、どんどんお父さんを喜ばせていく。

 

ただ、初エッチがレイプだったため、セック〇には二の足を踏んでいた。

 

 

それでも気持ちいいはずのセック〇がしたい気持ちも強く、気持ち良さを教えて欲しいから挿入れて欲しいとおねだり。

 

 

少しずつほぐれて、キスもおねだりした陽葵は徐々に気持ち良さを感じ、自分から騎乗位に移り、バドで鍛えた締りの良さを発揮すると、自分で擦りつける気持ち良さを知り、仲良く二人で中出し出され、絶頂を迎えられたのだった。
手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

 

 

エッチの気持ち良さを知った陽葵は、毎日ねだるようになった。

 

学校から帰るとすぐフェラ。

シックスナイン。

クラスの男子に性的な目で見られていることももう知っている陽葵は、すっかりエロエロJKに仕上がり…

 

 

感想

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのででした。

前作とは違って、男側に絶望感があるパターンですね。

娘はまさに理想の愛娘といった感じに優しく可愛く育ってくれたので、余計にショックは大きいでしょうね。

でも徹底した凌辱系じゃなく、ラブラブイチャイチャになるので読みやすさも十分です。

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでを読むならこちら
手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので