最新おすすめコミック
「パラレルパラダイス」ネタバレ最新話191話192話193話。急すぎる復活に準備が間に合わず!誇りの美女騎士の末路…

パラレルパラダイス191話192話193話
ネタバレ感想

パラレルパラダイスのネタバレエログロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

国母討伐の前に邪魔になるリーメアリーを殺せと仁科に指示されたヨータ。

その覚悟もできないうちに久しぶりのキアとの交尾を楽しんでいると、今度は急に金城が目を覚ましてしまい…

 

パラレルパラダイス191話

ナクタが国母をぶち殺したことで嫉妬深い神である金城の封印が解け、目を覚ましてしまった。

 

寝起きでヨータや仁科への逆恨み感情を爆発させた稀代のサイコパス剣道野郎は、自分の腹に刺さっている剣を抜こうと雄叫びを上げ始めた。

 

普通にそのうち引っこ抜けそうな動きなので仁科は彼に準備OKか訊ねるが、急展開すぎて驚くしかない彼の準備も覚悟も戦い方のシミュレーションもできてないので、無理だ出来ないと返すしかない。

 

 

それでも仁科は手負いの金城なら戦えると背中を押すが、戦えるであって勝てるとは決して言う気はなかった。

 

 

そうこうしているうちにもう抜け切りそうな動きをした直後、また下から炎が燃え上がり、金城の封印が再発して動きを止めて惰眠を貪り始めたのだった。

 

なぜまた眠ったのか、事態を察した仁科以外の一同が驚いた。

 

 

 

確かに囚われのナクタは国母のおぞましい真の顔を知り、本人に確かめてあっさり認めたので一刀のもとに首を刎ねて殺した。

 

若さを保ちたいという身勝手な理由で数え切れない人命をすり潰して血を摂取しただけじゃなく、救世主たる男も邪魔だから始末させようとし、その口車に乗せられて人殺しをさせられたナクタは、腸が煮えるくらいじゃ済まない怒りのままに、国母を討ち取ったのだった。

 

 

そんな恨み言を生首で聞いていた国母は、言いたいことはそれだけかと強者の台詞で答えると、お馴染みのジュビジュビという蠢く音を発しながら再生していき、おぞましき真のモンスター形態を披露した。

 

まさかのモンスター化にまた怒りがこみ上げたナクタは剣を構えるが、国母は聞き取れない言葉と彼女の名前を発した。

 

それだけでナクタは秘孔を突かれたようにブクブクと醜く膨れ上がり、美しい顔や身体がドロドロボンッと異形の姿に変えられてしまうのだった。

 

 

人面牛、または件かファンタジーな別の生き物か、それともナクタ固有の異業態か。

 

とにかく無残な姿にされたナクタが元に戻るには、国母の命に従わねばならなかった。

 

 

 

仁科はドーム天井の修復を眺めながら、国母は確かに殺されたがすぐに復活したので、金城の封印解除も一時的なものだったのだろうと説明した。

 

リーメアリーは半信半疑ながら予定通りに行くようなので、仁科は彼に念押しした。

 

 

国母の呪いを受けているリーメアリーは呪文で化物に変えられて襲ってくるから、今の内に始末しろと…

パラレルパラダイスを読むならこちら