最新おすすめコミック
「終末のハーレムアフターワールド」29話30話ネタバレ最新話修正前31話。村か社畜か…カレンと男好きのクロエ!

終末のハーレムアフターワールド29話30話
ネタバレ感想

終末のハーレムアフターワールドのネタバレエロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

今も連綿と木根淵の子種で子供を増やし続けているイザナミ。

怜人たちは平和的に迎え入れられるが、木根淵は妻が迎えに来ようと村生活を捨てる気はなく、むしろ怜人を村民に勧誘するのだった。

 

終末のハーレムアフターワールド29話

連れのガールズも一緒に迎え入れるから、ここで一緒に暮らそう。

 

何とも魅惑的な誘いを受けた怜人は、医療研究もしたいなら取り計らうと言われ、もし子作りできるようになれば、村民の中から相手を選んだっていいと、甘い言葉を投げかけられた。

終末のハーレムアフターワールド

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

しかし地球上で最も一途かも知れない怜人は誘いの答えは言わずに薬草だけもらって帰ると返した。

 

それならそれ以上しつこく誘わない木根淵は最後に、最近イザナミ村の一つがMWに襲撃されたが、今まで通りに日本政府とは相互不干渉でいることを大統領に伝えて欲しいと頼んだ。

 

目的のために躊躇せず多くの血を流させようとする過激派の恐ろしさは、怜人も大切な友を失って思い知っているが、木根淵は助力を請うて政府が入り込んでくる隙を与えたくないので、自分たちで迎撃するという。

 

果たしてイザナミにどれほどの武力があるのか、そんなことは訊かない怜人はミキの名前を出すが、木根淵が考え直すことはなかった。

終末のハーレムアフターワールド

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

その夜、なかなか寝付けない怜人は天井を見上げながら中坊のように、美来は何してるかな?なんて思いを馳せた。

 

その時、静かに寝ていた翠がむくりと起き上がった直後、激しい轟音と地響きが起きた。

終末のハーレムアフターワールド

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

外は銃声やら叫び声やら阿鼻叫喚のパニックが近くで起こっている様子で、出芽が駆けつけてくるとMWの襲撃だから怜人たちに荷物をまとめて逃げろと急かした。

 

ミキはすぐ夫の安否を気にすると、木根淵は既にこの村にはおらず護衛もついていると言われて無事ならとホッとするが、既に村にいないというのはミキにとって相当に寂しい現実だった。

 

そんな本妻の気持ちなど構わず出芽は、怜人一行が来たことでこの村にイザナギがいることがバレたと責め、暗にスパイ疑惑をぶつけた。

 

逃げろと促すくらいだから出芽はまだ味方でいるが、ぼやぼやしてたら村民にボコられる可能性が否めない状況だった。

終末のハーレムアフターワールド

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

先にマリアとちふゆが船の前で待っており、抜かりなく薬草をゲットしていたので怜人たちは急いで乗船していく。

 

しかしミキは足を止め、残ると言い出した。

 

村民に疑われて村八分にされる可能性も覚悟した一人の男の妻は、かつての夫じゃなくなっても愛は消えておらず、幼い我が子を怜人に託して頭を下げた。

終末のハーレムアフターワールド

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

そうなったら無理に連れて行けず、怜人は無事を祈って見送られる側になるしかないのだった。

 

 

 

木根淵は日本政府の介入を懸念したが、カレンを失って翔太は政務に忙殺されてやつれきっていたし、過激派の密入国で治安悪化は加速し、警察がうろちょろしまくるようになって街は物々しい雰囲気に包まれ、主要国会議に向けて暗雲が垂れ込み始めている情勢になっていた。

 

 

そんな日本の近海でたゆたっている艦船に向け、空の人のクロエがリビダーズを始末できる時を今かまだかと待っていた。

 

狙うタイミングはもちろん主要国会議で、各国要人を一挙に始末する気で、特に世界最高科学力国家のロスアニアには大打撃を食らわせるつもりだった。

 

いざとなれば市街地にミサイルをぶち込んでやると息巻くほど、クロエ過激派は妄執に憑りつかれていた。

終末のハーレムアフターワールド

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

クロエたちはヘリを艦船に着陸させて外に出るが、誰も出てこないのを訝しんた直後、日本警察に銃口を突きつけられた。

 

銃を突きつけられても冷静に日本人だと察したクロエだが、ここにいれるはずのない人物の登場には驚くしかなかった。

 

自爆テロで重体に陥っているはずのカレンがもうピンピンして現れたのだから、殺意も湧き上がろうというものだった。

終末のハーレムアフターワールド

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

終末のハーレムアフターワールドを読むならこちら