最新おすすめコミック
「恋活マッチングアイランド」ネタバレ最新1巻。リゾート島で恋人を作ろう!合意セッ〇スOKだから積極的に!

恋活マッチングアイランド
1巻ネタバレ感想

恋活マッチングアイランドのネタバレ最新話エロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

無邪気の楽園の雨蘭を原作に迎え、新進気鋭の乙本ロイが描き出すマッチングストーリー。

開放的な離島で出会った男女は、相思相愛になって本土に帰ることができるのか…

 

 

恋活マッチングアイランド1巻

初恋島で行われるマッチングツアーに参加したのは男女6人ずつ

 

 

ツアーコンダクターの眼鏡女性の中村智代子に引率されて船に乗ったのは、主人公の彼女いない歴=人生と同じの勇樹やその友達のイケメン城田、その他癖のありそうなメンズ4人。

 

女性陣も個性的な面々の可愛い子揃い。

 

 

 

勇樹は行きの船でさっそく酔って気分最悪になってしまうが、島に到着するなり眼鏡っ子の内田瑠璃にぶつかられて転ぶも太ももの柔らかさを堪能しながらパンモロも目にして、ある意味幸先のいいスタートを切った。

恋活マッチングアイランド

著者名:乙本ロイ 引用元:恋活マッチアイランド1巻

 

 

 

これから生活の拠点にするのはオシャレなコテージで、目の前には無人島なのでまさにプライベートビーチが広がっている。

 

明るいタイプの香代藍花は服のままさっそくビーチに繰り出してはしゃぎ、ずぶ濡れになって乳首を透けさせ男性陣を色めき立たせた。

恋活マッチングアイランド

著者名:乙本ロイ 引用元:恋活マッチアイランド1巻

 

 

 

このマッチングツアーでは7日間を共に過ごし、意中の相手と両想いになれれば最終日に一緒の船で帰り、失敗すれば別々に帰ることになっている。

 

初日のファーストインプレッション、4日目の中間インプレッション、最終日の告白タイムと区切られているが、個別に告白するのはOK。

 

マナー違反しない、モラルを守るなどは基本だが、合意があればセック〇に持ち込んでもOKでかなり寛容なシステムになっていた。

恋活マッチングアイランド

著者名:乙本ロイ 引用元:恋活マッチアイランド1巻

 

 

 

セッ〇スOKかどうか訊ねた土呂はさっそく女性陣に悪い印象を与えるが、いかにもモテそうでヤリまくってそうな爆乳由紀はヤリたくなる気持ちに理解を示した。

 

 

女性陣が早くも男子たちの品定めをし始めている時、勇樹は一旦リフレッシュするためにジャグジーに入っていると、衝立で仕切られているだけの隣の女湯にも誰か入って来た。

 

大胆に男湯に踏み込んできたのは、いかにも肉食そうな由紀で、まさかいきなり色仕掛けからの初セック〇になるのかと妄想が止まらない勇樹。

恋活マッチングアイランド

著者名:乙本ロイ 引用元:恋活マッチアイランド1巻

 

 

その妄想通り、由紀はバスタオルを脱いで男湯に入って来ると、勇樹に胸を押し付けてあることを囁いた…

 

 

 

そして初日の夜の夕食BBQタイムが始まり、第一印象を発表することになった。

 

無記名の投票で行われた第一印象は、女子は清楚美少女の、男子は高身長イケメンの城田がトップ人気になり、まさにパッと見の見た目だけが重要視された正直で残酷な結果になった。

 

 

同じ大学で友達の城田がいい奴でも、改めてモテないことが宣告された勇樹はいつまでもテンションが上がらず、ジャグジーでされた由紀の持ちかけにも気が乗らない。

 

するとまた瑠璃にトラブルに巻き込まれてしまうが、ベタな拭き拭き手コキというご褒美をもらえた。

恋活マッチングアイランド

著者名:乙本ロイ 引用元:恋活マッチアイランド1巻

 

 

そしてなんだかんだモテない馴染めない同士で乾杯し、少し打ち解けた。

 

 

かと思えば、女性陣最年長でも色々未経験の香代が酔っ払って下着で絡んできた。

 

無理やり酒を流し込まれてしまう勇樹だが、今度は悪酔いした香代の生乳の感触を味わってからストリップショーまで目撃したのだった。

恋活マッチングアイランド

著者名:乙本ロイ 引用元:恋活マッチアイランド1巻

 

 

こうして怒涛の一日が終了した。

恋活マッチングアイランドを読むならこちら