最新おすすめコミック
すばらしき新世界

すばらしき新世界10話11話12話
ネタバレ感想

すばらしき新世界のネタバレエロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

美紅と麻衣の一悶着。

上野の青姦を目撃した一郎と氷室。

氷室が脅されているネタを知った麻衣と、麻衣の携帯を拾った氷室はどう動くのか…

 

10話

二人の秘密を知った麻衣が名乗りを上げ、皮肉にも一郎と麻衣でセクハラ予防教育を担うことになった。

 

 

 

氷室はさっそく麻衣の携帯データを調べようとしたが、ショップに持っていっても本人でなければ復元できないと言われると、今度は娘の家庭教師に当たりをつけた。

 

 

 

実は病院に通院している美紅は支払いが滞ってしまったが、企業には医療手当てがある場合もあると受付で教えられ、さっそく福利厚生担当の人を訪ねてみた。

 

これまた皮肉にも担当者はトラブった麻衣だが、契約社員でも申請できるとあらかじめ調べていた美紅は、めんどくさそうにあしらおうとされても腰を低く、一先ず申請書に記入して審査を待つことにした。

すばらしき新世界

著者名:Yoongonji 引用元:すばらしき新世界10話

 

 

この後、一郎に声をかけられた美紅は、訊かれるままに医療手当てのことを話して励まされ、素直に嬉しかった。

 

そして真っすぐな目で感謝された一郎も嬉しくなるが、麻衣が美紅の申請書をゴミ箱に捨ててるのを見つけてしまった。

すばらしき新世界

著者名:Yoongonji 引用元:すばらしき新世界10話

 

 

 

一方、依頼主である氷室に呼び出された家庭教師の彼は応答がないので、取りあえず上がらせてもらったのだが、千夏のお母さんと呼んでいる欲望の対象が無防備にうたた寝しているのを見つけてしまう。

 

声をかけても起きる気配がないので、彼は欲望を抑えられずにエロ下着の中に指をねじ込んだ

すばらしき新世界

著者名:Yoongonji 引用元:すばらしき新世界10話

 

 

さすがに起きた氷室はされるがままのベロチューに応え、若々しい勃起を積極的に咥え込んだ。

 

苦しくなってぷはっと離しても、本番ははそこから。

すばらしき新世界

著者名:Yoongonji 引用元:すばらしき新世界10話

 

 

彼は教え子の母の股をガッツリ開かせ、遠慮なく腰を突き出して振り始めたところで妄想の世界から現実に戻ると、目を覚ました氷室に用件を告げられた。

 

 

パソコンに詳しい彼は携帯データの復元を頼まれ、ちょちょいのちょいと作業し始めたのはいいが、氷室の吐息と柔らかさを背中に感じ、妄想と同じように股間を膨らませながらキーボードを叩いた。

 

程なく復元に成功してデータが見れるようになると、見知らぬ女のエロ自撮りの多さから明らかに氷室の携帯ではないことに気づいた。

 

彼は他人の物を勝手にいじったことを責めたくなったが、下着を盗んだ件を仄めかされると、とても正義感など出せなかったし、ご褒美とやらを期待せずにはいられなかった。

すばらしき新世界

著者名:Yoongonji 引用元:すばらしき新世界10話

 

すばらしき新世界を読むならこちら