最新おすすめコミック
「サキュバス&ヒットマン」ネタバレ最新4巻。清楚系と褐色ダブルシスターの責めで快楽堕ち⁉修道院の激闘編!

サキュバス&ヒットマン4巻
ネタバレ感想

サキュバス&ヒットマンのネタバレエログロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

捕らわれの奏女は快楽責めで理性を壊されそうになるが、隠し武器で淫乱女共を切り刻んで脱出に成功。

翔矢と亮吾も二対二の戦いを制した後、家族の仇のうちの一人、荒木翔子に勝ち、捕らえ、地獄の拷問の末に復讐を果たしたのだった。

 

サキュバス&ヒットマン4巻

蒲生翔矢になる前の彼は子供のころ、姉が公園で野良猫を可愛がっているのを思い出した。

 

その頃も母子家庭で苦労はあったが、今は復讐の悪魔となりて、命を救ってやったハッカーを自称する久留里に八房会の情報収集を任せていた。

 

結果、敵本部の監視カメラを観れるところまでこぎ着けた。

 

 

 

久留里が我が家でもコスプレしてテンションを上げながら頑張っている頃、地獄に落ちた荒木翔子はアルメリナが仕える王アバドンの性奴隷になっていた。

 

その時間が未来永劫続くのかどうか、それよりもアバドンは翔矢のことについて王らしくアルメリナに釘を刺した。

 

 

 

後日、八房会ではないが胸糞悪い殺人事件が起きたと、久留里から連絡があった。

 

その犯人の残虐性を聞いた翔矢は、姉が可愛がっていた野良猫も惨たらしく殺されたことを思い出し、余計に怒りがこみ上げて司法が甘っちょろい裁きを下す前に、因果応報の意味を教えてやることにした。

 

その鬼畜外道に報いを受けさせるときも、姉が言っていたこの世の悪に対する心理を思い出した。

 

 

その一仕事が終わった後、八房会に動きがあると久留里から連絡が入った。

 

 

 

最早モンスター化している八房会会長は、チャンが連れてきたツインテ美女の穴を遠慮なくハメ倒し、そうして楽しんでいる間に、儀式の場へ向かう準備が整った。

 

 

翔矢たち悪魔憑きが久留里の部屋に集まって映像を観ていると、用意されたのは大型キャンピングトレーラーで、それに巨体会長を押し入れようとしていたが、化物は即座につっかえてブチ切れ、組員を張り手で粉砕していた。

 

普通の人間が紙屑みたいに肉片にされるモンスター会長を容易く押さえ込める男と、平然と見ている女、そしてチャン・ルイ。

 

しっかりターゲットがいることにほくそ笑む翔矢だが、八房会の目的地の聖戦教会は、悪魔憑きとは対をなす神や天使を信じる過激派組織だった。

 

 

なぜヤクザが異端教会などに用があるのか、それは不死身の儀式に聖女が必要だからだった。

 

 

 

シスターが普通に武装している聖戦教会の戦力は彼女たちだけでなく、天使と契約した聖戦士と呼ばれる者もいた。

 

その一人、後藤直刀は悪魔が関わっている事件に出張り、荒事を暴力で解決する武闘派の一人。

 

聖戦教会は悪魔に憑かれた者に悪魔祓いの儀式を行ったりもするのだが、その夜、悪魔憑きと思われた女性が脱走したのだが、そいつは悪魔ではなくモンスターが憑りついていた。

 

 

後藤は調子に乗って天使の力を使わずに自慢の体術で仕留めたのはいいが、実はもう一体いて、それを言い忘れた紗雪はもう一体に攫われてしまう。

 

 

一方、翔矢たちは八房会より先に聖戦教会の近くまで来ており、翔矢が偵察で様子を窺いに行った矢先、月の光を遮るモンスターと紗雪に遭遇したのだった。

 

サキュバス&ヒットマンを読むならこちら