終末のハーレム16話後編ネタバレ感想

ゆず先生との一夜の興奮冷めやらぬ中、ムチムチバレー部に視察に訪れた翔太。

そこで、爆乳バレー部員と飛び級天才の少女の決闘が始まろうとしていた。

 

 

二晩連続

子供相手に容赦なく打ったジャンプサーブ。

どこからか来る自信も虚しく、顔面レシーブと顔面トスで翔太ダウン。

 

 

天才少女は完全無視され、翔太に駆け寄る女バレ部員達。

打ち込んだ本人も、尻を突き出し見事な土下座を見せて謝ってくれた。

 

 

 

その後は、以前のように音楽室でピアノを爪弾いていた。そこにゆず先生登場。

かつての清楚な服装は見る影なく、THE女教師といった風だった。

 

 

翔太のおでこに絆創膏が貼っているのに気付いた彼女は、すぐに駆け寄って髪を掻き分け、そっと剥がして赤くなっているところを見た。

 

翔太は笑って平気だと答えるが、何かを思いついた彼女は唐突に顔を近づけてきた。

 

 

動物がそうするような、傷を癒そうとする舌の動き。

最後に優しいキスをして彼女の治療は終わった。

 

 

 

昨夜のことは迷惑ではなかったかと心配するゆず先生。

もちろんそんなことはなく、東大に合格してももらえないようなご褒美だと思っていた翔太。

 

彼の気持ちを確かめた彼女は、自分にも治療してほしいとにじり寄る。

 

 

 

そして、二日連続で二人はまぐわった

 

 

 

上層部の心配をよそに、カレンの計画は順調に進んでいた。

翔太をその気にするため、学園生活の中で彼に男としての自信をつけさせるのは、一人目から滞りなかった。

 

 

それも全て、火野、水原グループに負けたくないからだった。

 

 

感想

終末のハーレム16話後編でした。

お盛んですね。やっぱりゆず先生は逸材でした。そろそろクラスメイトともヤるんでしょうけど、天才少女とはさすがにアウトかな。