終末のハーレム22話前編
ネタバレ感想

MKウイルスに関して重要な人物がいるという町に向かっていた怜人一行。

ウイルスのことになると我を忘れて裸も恥ずかしくなくなる黒田に、ツンツンしたまま一切デレることのない片桐と、初めて一緒に行動を共にする。

 

 

鉄壁の翠

他には学生の旅行客がいるだけという旅館に宿を取った怜人一行。

 

学生=翔太ハーレム学園を連想してしまう中、翠は年相応な感じではしゃぎ、朱音は豪勢な夕食を期待して声を弾ませている。

 

それに麗亜がいちいち不快感を露にして、声を荒げて窘めていた。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

綺麗な景色に怜人が見惚れていると、朱音はまひるも連れてこられたら良かったのにと言って気遣ってくれるが、またしてもそれに麗亜が噛みつき、一触即発の不穏な空気が流れる。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

そんなことはお構いなしに枕投げを始めていた翠とマリアの流れ弾が麗亜の顔面にクリーンヒットして、彼女の怒号が静かな温泉宿に響くのであった。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

怜人だけ安全面から室内風呂でたゆたっていると、突然景色がホログラムでいい感じの景色に変わった。

その直後、美女4人とお子様一人が乱入してきた。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

朱音は見せつけるように前を隠しもせず堂々と入ってきた。

 

翠はまだ裸を恥ずかしがる概念がないのか、無邪気に湯船に飛び込んだ。

 

美来は絶妙な恥じらいを見せ、マリアは列車内の様子が嘘のように下を向き、麗亜は頬を染めながらもやはり嫌悪感を隠そうともしない

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

怜人はすぐに逃げ出そうとするが、朱音はそうはさせじと普段のお礼に背中を流してあげるよと腕を引っ張る。

逆にお世話になってますよと言い返して怜人は譲らないが、朱音はその言葉を待ってましたとばかりに、なら私たちの背中を流してよ、普段のお礼に。と言ってきた。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

後戻りできなくなった怜人は、夢のお背中流しタイムを仕方がないなという風に引き受けた。

 

[ad#s1]