金魚妻 おススメコミック! エロ

「金魚妻」2巻無料ネタバレ感想。兄に命令されて義姉に腰を振る弟・・・

金魚妻

更新日:

金魚妻2巻ネタバレ感想

タワーマンションに住むおしとやかな妻。

仄かな香りを漂わせる妻。

植物に愛を注いで、陵辱される妻。

 

 

頭痛妻

目の前に川が流れるタワーマンションの最上階に住む慈子は、何か忘れているような気がしながらも、飼い犬の散歩にかこつけて、河川敷で暮らしている男の小屋に足しげく通っていた。

 

 

40歳になる彼女は、透け透けで男を誘う用途しかなさそうな下着を、小屋の住人のタクゾーに脱いで見せて、改めて羞恥で赤くなっていた。

 

でも、下の毛はちゃんと処理しているから、はみ出して見苦しくなったりしないと答える。

 

すると彼は一気に興奮して、彼女のスカートを捲りあげて足を開かせ、遮るもののない40女のまだ綺麗な部分を視姦する。

金魚妻

著者名:黒澤R 引用元:金魚妻2巻

 

 

 

 

二人の出会いは2ヶ月前。

 

リードを振り払って駆け出した飼い犬のプーを追いかけると、めったに知らない人間に懐かないプーが、一人の男性にまとわりついてはしゃいでいた。

 

それがタクゾーだった。

 

勢いに押されて彼が淹れてくれたコーヒーを飲むと、冬の寒さのせいもあってかとてもおいしく、こんな小屋暮らしをしていても、パーコレーターで淹れるほどのこだわりを彼は持っていると話してくれた。

金魚妻

著者名:黒澤R 引用元:金魚妻2巻

 

 

 

夫もコーヒーが好きだったが、仕事が忙しいとかで半年間も顔を見ていない。

 

50歳だというタクゾーと同じ年齢くらいだったかなと、歳さえもおぼろげになるほどはっきり夫のことを思い出せなくなっていた。

 

 

最近、夫のことを思い出そうとすると頭痛がしてくる。

 

タクゾーに訊かれるがまま、話すために思い出そうとすると、またズキズキと痛んで気分が悪くなってくる。

 

そして小屋で休ませてもらっているうちに、彼は慈子にとっての10年ぶりのクンニをして彼女に快楽を思い出させ、会ったその日の内に最後までした。

金魚妻

著者名:黒澤R 引用元:金魚妻2巻

 

 

 

不思議なくらいにプーに懐かれる彼。

 

以前は彼もタワマンに住んでいたらしいが、いつかの浮気の恨みが溜まっていたのか、半年前に妻に追い出されたようだった。

 

そんな寂しそうな彼を愛おしく思い、彼女は小屋に通うようになった。

 

 

彼がクンニしやすいように脱毛サロンまで行って綺麗に保ち、まだ暗い時間からプーを散歩に連れ出して小屋に向かう。

金魚妻

著者名:黒澤R 引用元:金魚妻2巻

 

 

なのに、その日は夜遅くまで仕事に出かけてしまうという彼。

 

彼女は不倫の罪悪感を感じながらも自分から誘い、いっそ平穏なマンション暮らしを捨ててもいいとさえ思うようになった。

しかし、愛すべき一人息子が最後の歯止めになってくれていた。

金魚妻

著者名:黒澤R 引用元:金魚妻2巻

 

 

 

二人きりの食事は、やはり何か大事なものを忘れているような気がしてくる。

 

息子は、血相変えてお父さんを追い出したことをまだ許せないの?と訊いてくるが、夫を追い出した記憶なんてなかった。

 

確かあれは、知らぬ間に不法侵入してきた不審者だったはずだ・・・

[ad#co-1]

 

園芸妻

史久は3年前から兄一家と実家で同居していた。

 

母が亡くなってからは、義姉の花純が家のルールの主導権を握り出していたが、可愛くて仕方ない姪の紀里が懐いてくれているので、多少の肩身の狭さはどうでもよかった。

金魚妻

著者名:黒澤R 引用元:金魚妻2巻

 

 

そして、紀里の面倒を見てくれるので、史久が多少甘やかすのを、花純はそこまで強く注意してこなかった。

 

 

ただ、紀里が彼に懐くのは、父親である彼の兄が娘に全く愛情を注がないからだった

金魚妻

著者名:黒澤R 引用元:金魚妻2巻

 

 

 

たまにフラッと帰ってきては傍若無人に振るまい、娘を邪魔者扱いにして妻を独占し、彼に娘の世話を押し付けていた。

 

そんな風だから、娘は父を嫌い、叔父の彼に本当のパパになって欲しいとお願いさえしてきた。

しかし、兄の優しかった頃を知っている彼は、それだけ慕ってくれる姪の言葉を素直に喜べなかった。

 

 

活動家で家族を蔑ろにし続けた兄弟の父は、反抗する兄の頭をかち割った。

 

それ以来兄の性格は暴力的に一変し、母は園芸に癒しを求めるようになり、そのうちに父は家族を捨てて姿を消した。

 

 

 

兄は妻が作ったご飯を食べ終えると、弟と娘が帰ってこないうちに妻を犯そうとし始めた。

 

庭弄りをしていた完全防備の妻の服を自ら脱がせ、縁側で全裸にさせてから片足を上げさせ、激しく指で刺激していく。

 

ちょうど紀里を送り届けて帰ってきた史久は、それが自分に見せつけて姉を辱める兄の遊びだと知っていた。

 

 

 

妻を喘がせ、愛液でぐちゃぐちゃにして自分も気持ちよくなれば終わるはずだったが、その日の兄は妻を彼に犯させようとしてきた

 

曰く、レイプした女の家族に復讐され、男根を切られたらしい。

 

 

優しかった兄は完全に悪魔になっていた。

 

 

ホームセンターの園芸コーナーで働いていた花純を最初に好きになったのは、史久だった。

 

すると兄は弟の好きなものを奪うためだけに、好青年を装って彼女に近づき、孕ませて後戻りできないところまで関係を進めてから、本性を表し、弟にも舌を出した。

金魚妻

著者名:黒澤R 引用元:金魚妻2巻

 

 

 

庭には、母が育ててきたたくさんの植物が植わっている。

 

母は紀里が生まれると知って、のあるスズランを撤去していたが、奥の方にある他に毒を持つものはそのままにしていた。

 

 

かつて母は、悪魔のような父から子供たちを助けようと一人であることを実行し、誰にも知られずに闇に葬った。

ただ、亡くなる前にこの家を支えていく花純にだけは、その秘密を話していた。

 

 

彼は命令されるがまま、花純の中に長年育ててきた思いごと突き挿した。

金魚妻

著者名:黒澤R 引用元:金魚妻2巻

 

 

そして彼女は彼の好意を受け入れながら、義母から受け継いだ秘密を伝えた。

[ad#co-2]

 

金魚妻2

夫の不貞と冷たい態度から逃げ出したさくらは、近くの金魚屋に匿ってもらい、そこの店長と一線を越えた

 

しばらくして姿を消した妻を捜しに夫がやって来て、妻に戻して来いと怒鳴った金魚を購入していった。

 

 

彼が買ったのはピンポンパールという、初心者には飼育難度の高い種類だった。

 

しかし彼は人に教えを請うのはプライドが許さないらしく、店長の話を聞かずに適当に飼育セットを選んでいった。

金魚妻

著者名:黒澤R 引用元:金魚妻2巻

 

 

 

 

さくらは、出会ってすぐに求婚してくれたことが嬉しくて舞い上がり、勢いで結婚して共働きで新生活を始めた。

 

だが彼は妻が正社員じゃないという理由だけで、家事を全て押し付け、過労で生理不順になっても労わりもせずに不満を次々に垂れ流した。

妻も夫への甘え方を忘れ、やがて彼は浮気に走り、家庭の水はどんどん濁っていった

 

 

さくらは風呂場で店長に抱かれながら、どうして夫は自分と同じ名前のピンポンパールを買っていったのか知りたくなった。

 

 

 

まだやり直せるかも知れないと思い、妻は家に戻った。

 

案の定、金魚は弱りきっていて、手伝いをしながら学んだ知識で金魚が住みやすく体調を回復できる環境を整え、夫に飼い方の基礎を伝えた。

 

すると夫は、突然帰ってきた妻を優しく抱きしめ、彼女も温もりを感じながら、急に消えたことを謝った。

 

 

しかし彼の中では何も許されておらず、非は全て妻にあることになっていた。

 

平手打ちから始まり、浮気を責められると拳で殴り、ただ金魚を死なせるためだけに買ったことを責められると、容赦のない暴行が始まった。

 

 

金魚の交尾は自然に任せると、オスがメスを追いかけて傷つけてしまう。

 

 

店長が人工授精の様子を観察し、ある一組の金魚の雌雄を引き離そうと決めた時、夫にボコボコにされたさくらが店に戻ってきた。

 

そして彼女は離婚を決めた。

金魚妻

著者名:黒澤R 引用元:金魚妻2巻

 

 

さくらの両親が間に入り、暴行の証拠を突きつけて離婚を認めさせた。

 

 

さくらは金魚の尾びれのような漆黒のナイトウェアを身に纏い、人工授精をしている店長に見せに行った。

 

そして今度は、金魚のように傷つけてまでメスを求めない、穏やかなオスに股を開いた

金魚妻

著者名:黒澤R 引用元:金魚妻2巻

 

[ad#co-3]

 

芳香妻はこちらのページへ

 

金魚妻

著者名:黒澤R 引用元:金魚妻2巻

 

 

感想

金魚妻2巻でした。
面白度☆7 姪の可愛さ度☆10

庭と縁側がある家に、可愛過ぎる姪と美しい義姉。

園芸妻が一番そそりましたが、頭痛妻はちょっとミステリー要素もあっておもしろかった。

他に弁当妻の続編が収録されてます。やはり可愛さは一番の妻でした。

金魚妻を無料で読む方法

試し読み検索はこちら

[ad#co-4]

-金魚妻, おススメコミック!, エロ
-, ,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.