「終末のハーレム」無料修正前ネタバレ5話感想。ソーププレイの始まりだ!

終末のハーレム第5話ネタバレ感想
爆乳が身体を洗ってくれた後は、ロリ美少女の添い寝

周防が言っていた誘惑の一人目がさっそくやって来た。

爆乳女性は、恥ずかしげもなく全裸ですり寄って来る。

こんな状況に耐えられる男がこの世にいるだろうか?

一部を除いて、そんな男はいないだろう。ぬるぬるマットは用意されているのか?

 

 

爆乳女性は龍造寺朱音

酒瓶を持ちながら身体を密着させて来るその女性は、龍造寺朱音と名乗った。

 

お風呂で飲むお酒って最高だと思わない?と言い、酒瓶をぐいっとあおる。

 

 

そして、怜人に口移しでアルコールを流し込んだ

熱い液体と柔らかな身体で、頭がぼーっとしてしまう。

 

豊かな乳房で上から徐々に表れていき、敏感な肉棒を滑らかな手が包み込んだ

 

 

その時、突然彼女に身体を預けて倒れ込んでしまう気を失ってしまう怜人。

緊張とアルコールで、のぼせ上ってしまったようだった。

 

 

 

気付いた時にはベッドの上だった。彼女はソファで横になっていた。

 

そう思った時、布団の中からロリ美少女が這い出てきた。添い寝をしていたというその少女はと名乗る。

 

その騒ぎで目を覚ました朱音が傍に近付いてきた。

ショーツと丈の短いキャミソール一枚の格好に、目のやり場に困るも、当然のように、二人と一緒に寝ることになる。

尋常ではない精神力で貞操を守り抜き、なんとか朝を迎えるのだった。

 

 

 

翌日、周防を加えた4人で動物研究所の見学に行く。

絵理沙が大学卒業後に所属していたらしく、彼女の足跡を辿れないかと思ったのだ。

 

何故そんなに生存を信じられるのかと問われ、ネックレスがあるからと話す。

彼女に託したネックレスは、位置情報が発信されるチップが入っていて、まだ受信できているから生きているに違いないと信じていいた。

 

 

そんな話をしていると急に警報が鳴り響き始めた。

すると、一頭の巨大なが彼らの前に現れたのだった。

 

 

感想

終末のハーレム第5話でした。

アルコールに弱かったおかげで一線は越えずに済みましたが、手コキされてよく
耐えたものだと思います。やはりインポテンツなのか・・・

熊の脱走と言うセキュリティ甘々な管理体制は、とても近未来とは思えませんね。
熊さんが殺されないことを祈ります。

そして、なにやら怪しい印象のロリ女・翠。
爆乳、爆乳と続いてロリ。
キャラの差別化を図るための、お決まりの設定という感じですね。

一体、初メイティングはいつになるのか。