おススメコミック! 大正処女御伽話 恋愛

「大正処女御伽話」無料ネタバレ最終5巻完結。バブミ巨乳乙女が貞操を散らす大団円!

大正処女御伽話

投稿日:

大正処女御伽話5巻ネタバレ感想

学校に通い出し、友人もできた珠彦。

夕月との仲も少しずつ深くなり、いよいよ結ばれかとも思ったが、運命の悪戯でまだ叶わず。

そして、夕月はなぜか彼の前から姿を消してしまうのだった。

 

 

 

志摩珠代

明治三十六年四月十三日生まれの二十一歳

身の丈は五尺五寸強(166cm)程で、やはり女性の中でも特に高身長。

生来の気質か、歪んだ教育のせいか、幼き頃から人情味に欠け、目的のために手段を選ばない恐ろしい女性に育った。

大正処女御伽話

著者名:桐丘さな 引用元:大正処女御伽話5巻

 

 

夕月の元へ

夕月が出て行ってから丸二日。

 

珠彦がどうすることもできずに家に引き篭っていると、訪ねてきた綾からとんでもない事実を知らされた。

 

曰く、珠彦が兄の葬式で帰りが遅かった日、志摩家の長女、珠代が訪ねてきて夕月に何事かを吹き込んだらしい

 

詳しくは聞けなかったが、珠彦の元から去るよう言い含められていたようだった。

 

 

珠彦はまた志摩家の呪縛かと鬱屈した気持ちになったが、黙って夕月との未来を奪われてなるものかと思い、東京の志摩家へその足で赴いた。

 

 

 

珠代は入浴中だったが構わずに入った。

 

彼女も彼女で、弟にを見られようと一切頓着せず、鋭い目つきで彼を迎え入れた。

大正処女御伽話

著者名:桐丘さな 引用元:大正処女御伽話5巻

 

 

珠代は彼に他の縁をあてがい、夕月と別れさせようとしていて、夕月もそれを受け入れたのだと言う。

 

ただ、彼女の母親が今妊娠中で、それをネタに脅しをかけ、強制的に母と赤子の命か珠彦かを選ばせ、苦渋の決断で母を選んだのだった。

大正処女御伽話

著者名:桐丘さな 引用元:大正処女御伽話5巻

 

 

志摩家の人間は人を人と思わないような教育を施され、それは珠代と珠彦の姉弟には顕著に刷り込まれていた。

 

夕月のような大切な存在を持ちながら生きられるほど、社会は甘くない。

 

そんなものは御伽噺だと珠代は突きつけ、珠彦もそれは長年の冷たい教育から否定しきれなかった。

 

 

学校に入れたのも、父からの謝罪も、全ては志摩家を継がせるための計算だった。

 

しかし、その中で夕月と育んだ愛だけは自分自身で得たものなのに間違いなかった。

 

駆け引きに必要な夕月はまだこの家の中にいるはずだと思い、彼はしらみ潰しに探し始めた。

 

 

その頃夕月は、志摩家の末弟、珠央に膝枕をさせられていた。

 

夕月は洋服を着せられているせいで、胸の大きさがそのまま丸分かりになっていた。

 

珠央はてらいもなく結構可愛いしいい身体もしていて、父は僕のお嫁候補にするつもりなんだろうけど、珠彦のお下がりなんてごめんだと言った。

大正処女御伽話

著者名:桐丘さな 引用元:大正処女御伽話5巻

 

 

ただ彼は本当は、旧姓志摩珠介、今は曲直部珠介と名乗っている男の血を引いていて本当のここの子供じゃないからいらない子同士、夕月とはお似合いかもとも続けた。

 

だから種違いの珠彦に母を殺されたような気がして、特に憎んでいたのだ。

 

 

珠央は志摩家どうこうより、とにかく珠彦が絶望の淵に立たされるのが見たくて、合わせる顔がないと首を振る夕月に構わず、自分の部屋に珠彦を招き入れた。

 

そのまま感動の再会とはいかず、彼女は慌ててベランダにかけ出して窓を閉じてしまった。

大正処女御伽話

著者名:桐丘さな 引用元:大正処女御伽話5巻

[ad#co-1]

 

血筋

母と赤子が人質に取られていることを理由に、夕月は珠彦のもとへ帰ろうとしなかった。

 

すると彼は、もう借金の形で自分を犠牲にしたのに、これ以上自分を犠牲にするなと言う。

 

両親に死んだものと思わせてまで売られてきたのに、また娘が幸せを奪われたと知ったら、両親はどう思うだろうか。

 

 

他人のためではなく、自分の幸せは何だと問うた。

大正処女御伽話

著者名:桐丘さな 引用元:大正処女御伽話5巻

 

 

それでも彼女は窓を開けなかった。

 

あんな酷い別れ方をすれば、どんな形であれ彼の心の中に刻み込まれて忘れられることはないと打算して認めた、一方的な別れの手紙だった。

 

そうやって彼の心に留まって置きながら、母を悲しませたくもなかった。

 

 

頑として首を縦に振らない彼女に、彼は繋ぎ合わせた栞を渡して諦めた。

 

 

そして珠央に全てを無くして絶望した男の感情のない笑顔を見せ、林檎に刺さっていた果物ナイフを手に取り、珠央に握らせて自分の首に切っ先を当てさせた。

 

 

種違いの兄の死を願っていたのなら、お前が殺せ

 

煽られた珠央が声を張り上げて手に力を込めようとした刹那、飛び出てきた夕月がナイフを奪い取ったのだった。

 

 

本気で死ぬつもりだった珠彦

 

ハッと我に返った珠央が咎めても、夕月が涙を流しても構わずナイフを拾い、今度は自分で刺そうとした。

 

 

元々ペシミストなのだから、やっと死ねる。

 

そう言って冷たい目を向けられた夕月は、ようやく彼とずっと一緒にいたいのだと本音を打ち明けた。

大正処女御伽話

著者名:桐丘さな 引用元:大正処女御伽話5巻

 

 

泣いて縋る彼女を見て、珠彦は薄ら寒く微笑んでいた。

 

結句、珠彦も珠代同様志摩家の毒に侵されきっていたのだ

 

 

 

やがてそこに父が帰ってきて、彼は志摩を捨て夕月と結婚して二人で生きていくと告げた。

 

だが父は穏やかに説き伏せようとした。

 

 

貧乏な家に生まれた彼は、貧困は心まで貧しくするものだと経験から知っていた。

 

恋愛感情だけで一緒になっても、やがて愛し合ってできた子供さえ顧みないようになるのを、自分の両親を見て知っていたのだ。

 

例えそうだとしても、珠彦は感情を捨てて鬼になって財を築いた父のようにはなりたくなかった。

 

それでは、日常に潜んでいる些細な幸せさえ感じ取る事ができなくなる。その幸せに気付かせてくれたのが夕月であり、彼女との出会いこそが今までの人生で一番の幸せになっていた。

大正処女御伽話

著者名:桐丘さな 引用元:大正処女御伽話5巻

 

 

そう言われて父は思い出した。

 

かつて自分も心から好きになった、根っからのお人好しの女性のことを。

 

しかし、幼馴染みだった彼女はお金持ちの家に嫁いでしまい、やはり優しさなどよりも金が人の心をも動かすのだと思い知ったのだった。

大正処女御伽話

著者名:桐丘さな 引用元:大正処女御伽話5巻

 

 

 

その好いた女性の面影を夕月に重ねていたなどと打ち明けることはせず、一万円で買った夕月の所有権は自分にあると言った。

 

夕月を置いて一人で家を捨てるか、正妻を迎えた後、夕月を妾にするか選べと迫られ、珠彦は鬼のように目を吊り上げた。

 

 

がしかし、一万円の借用書を叩きつけた。

 

そして、期せずして父が幼馴染みの女性に別れ際に言われたのと同じ言葉で、人生で最後のお別れを告げたのである。

大正処女御伽話

著者名:桐丘さな 引用元:大正処女御伽話5巻

[ad#co-2]

 

結ばれる二人

その後、急遽駆けつけた珠子や綾、白鳥兄弟に事情を話してから、後で必ず神戸に行くと約束し、夕月の実家がある岩手に向かう電車に乗った。

 

 

しかし道中、夕月は珠彦へしたことや勝手に自分を売って家を出たことで改めて自分を責め、食事も満足に摂っていなかった。

 

そこは完全に彼女にベタ惚れしている彼のこと、迂遠な言い回しでどれだけ恋焦がれているかを捲くし立て、彼は彼で自分の命を盾にして無理やり本音を出させたことを謝った。

大正処女御伽話

著者名:桐丘さな 引用元:大正処女御伽話5巻

 

それでお互いにうじうじするのは止めようとなり、彼女も弁当に箸をつけるのだった。

 

 

 

身篭っている夕月の母は、また無事に生まれて来るよう吹雪の中をお参りしていた。

 

そして迎えに来た夫と帰ってみると、家の前に売られていった娘がいたのである。

 

 

母はもちろん娘を奪ったような志摩の人間に良い感情を持っていなかった。

 

 

防寒用のほっかむりを家の中でも着けて顔さえ見せようとしなかったが、珠彦は会いに来た理由を話し始めた。

 

 

愛する夕月と結婚すること。

志摩を捨てたこと。

この家の姓を名乗らせて欲しいこと。

そして、夕月を取り戻すために、両親など放っておいて自分の幸せを選べと彼女に迫ったことを謝った。

 

 

すると母は笑い出し、ほっかむりを取って素顔を見せてくれた。

 

夕月より幾分キリッとした瞳ではあるものの、豊かな胸は確かに同じだった。

 

そして大きなお腹をしっかり支えながら、彼の謝罪を何事もなく受け入れてくれた。

大正処女御伽話

著者名:桐丘さな 引用元:大正処女御伽話5巻

 

 

夕月もまた、自ら身売りをしたことを謝って、涙涙の再会を果たしたのだった。

 

 

 

その日の夜。

一人部屋で寝ている珠彦のところに、夕月がやって来た。

 

乙女として、結婚してから処女を捨てると決めていた彼女だが、今までも彼に抱かれたいという想いを我慢していたのもあって、このどんどん幸せが訪れている今、ついに我慢できなくなってしまった。

大正処女御伽話

著者名:桐丘さな 引用元:大正処女御伽話5巻

 

 

彼にも断る理由などなく、普段はさらしで押さえつけて分からないようにしているたわわな巨乳を眼前に広げさせた。

 

そして一つの布団に入り、熱い接吻を交わしてから肌を重ねたのである。

 

 

両親と囲む朝餉は、どうも気恥ずかしさと罪悪感があったが、これで晴れて立花珠彦としての人生が始まった。

 

 

 

約束通り、神戸に向かった二人は珠子や綾、白鳥兄弟と再会し、叔父の珠介の好意に甘えて、そこでしばらく生活の基盤を固めることにした。

 

綾は夕月と珠彦を応援していたが、やはり彼への想いも溢れんばかりになっていた。

 

だから故郷に帰る前に、彼と二人で話をする機会を作ったのであった。

大正処女御伽話

著者名:桐丘さな 引用元:大正処女御伽話5巻

 

 

 

立花に姓を変えて一年

彼は尋常小学校の教師として立派に働くようになっていて、仕事帰りには夕月がウェイトレスをしている喫茶店に寄るのが常になっていた。

 

 

珠央との和解。

結婚できる歳になった珠子の誕生日会。

夕月と二人きりでのアパート生活はラブラブで甘い日々

 

ただ一つ、一万円もの借金をこつこつ返さなければならない二人は、未だ結婚式を挙げられずにいた。

大正処女御伽話

著者名:桐丘さな 引用元:大正処女御伽話5巻

 

 

夕月は一緒になれただけで満足と言ってくれて、彼も今すぐは無理だと思っていたのだが…

 

 

感想

大正処女御伽話5巻にて完結です。
面白度☆8 羨ましい度☆10

こんな良妻かつ素敵な女性がいるだろうか?否!いや、どこかにいると思いたいですね。

この後もまだ少し続きがありますし、おまけ漫画も満載なので、是非コミックで読んでみて欲しいですね。

ここで終わってしまうのは寂しい限りですが、きっちり締められたので心地よい読後感に浸って前を向きたいと思います。

ただ、珠代には何かしらの報いが欲しかった。

ともあれ夕月、いい女過ぎました。

大正処女御伽話を無料で読む方法

[ad#co-4]

-おススメコミック!, 大正処女御伽話, 恋愛
-, ,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.