DUGA

夏の夜伽-客間で、ひまわり畑で、川原で…純朴な女の子と汗だくになりながら肌を重ね
ネタバレ感想

夏の夜伽のエロ画像、ネタバレ、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

人口数百人程度の隠れ里のようなとある村があった。

そこには代々続く風習があり、それを目当てに通う旅人もいたそうな…

おすすめエロ漫画はこちら

 

夏の夜伽

一人旅の途中で山を散策して数時間、道に迷った若い男はさ迷い歩いてようやく四方を山に囲まれた村を見つけることができてホッと一息ついたのも束の間、制服を着た女の子も見つけることができた。

 

この村に泊まれるところがないか訊ねるが、さすがに隠れ里のような小さな村にそんな場所はないらしい。

 

ただ、村のしきたりで旅人は家でもてなすものらしく、その子の家に招かれた。

 

お下げ髪が素朴な印象だったが、顔立ちだけで見れば都会でスカウトされてもおかしくないくらいの美少女だった。
夏の夜伽-客間で、ひまわり畑で、川原で…純朴な女の子と汗だくになりながら肌を重ね…-

 

 

美少女の花は急に顔を赤くしながら我が家に案内してくれ、割烹着姿で出迎えてくれた母親もそれはそれは色気漂う美人な女性だった。

 

 

美味しい料理と広いお風呂で疲れを癒させてもらった彼が部屋で休ませてもらおうとしたその時、美人親子はマッサージを申し出てくれ、どちらか一人を選んで欲しいという。

 

彼が地獄に仏の出会いだった娘の花を選ぶと、母は恥ずかしがる娘を残して部屋を出て行った。

 

 

すると花はオイルマッサージなので服を脱いで欲しいと言いながら、またみるみる顔を真っ赤にし、自分も脱ぐと言い出すやするすると脱ぎ、薄いタンクトップと下着一枚になった。
夏の夜伽-客間で、ひまわり畑で、川原で…純朴な女の子と汗だくになりながら肌を重ね…-

 

 

ノーブラの胸は薄っすら乳首が透けて見え、飾り気のない下着は割れ目が浮かんでいた

 

 

言われるまま全裸でうつ伏せになった彼に跨った花は、筋肉質な背中にドキドキしながら凝りを解していく。

 

そうしながら、子供の頃に母親が今日と同じように旅人と部屋で一晩二人きりになったことを思い出し、今はその時何をしていたのか説明されて知っていたので、たくましい背中を触るだけでしっとり下着が濡れているのが分かった。

 

 

花は旅人をもてなすのが、これが初めてではなかったし、村の風習を受け入れ、好きでやっていることだった。

 

彼も花の股間が太ももに当たって湿っているのに気づき、ガチガチに勃起していた。

 

自分から誘う勇気を出した花は汗ばむ肌にはりつくタンクトップを脱いで、張りたっぷりの美乳を露わにした。
夏の夜伽-客間で、ひまわり畑で、川原で…純朴な女の子と汗だくになりながら肌を重ね…-

 

 

そういうおもてなしだと確信した彼は体を起こし、花の白くてぷるぷるの胸を揉みしだき、横を向かせていやらしい音を立てながらいちゃつくようなキスをしていく。

 

押し倒されて覆い被さられながら舌を絡められた花は、エロ過ぎるキスにどんどん興奮し、彼の硬いモノが下半身に当たって嬉しくなった

 

それでも、長い糸がパンツとの間に引いているのを見られると恥ずかしさがこみ上げる。

 

ただ、今まで経験した中でも一番大きい勃起チン〇に期待が膨らみ、我慢汁が垂れ落ちそうになっているのから目が離せなくなった。
夏の夜伽-客間で、ひまわり畑で、川原で…純朴な女の子と汗だくになりながら肌を重ね…-

 

 

そのまま生で受け入れた花は、メリメリと広げられてから奥に突っ込まれる感触に大きく喘ぎ、リズミカルなピストンに合わせて、「あんあん」「おち〇ちん気持ちいい」と遠慮なくノリよく声に出し、大量射精されたねっとり精子を胸や顔で受け止めたのだった。

 

 

その一発だけじゃ彼がまだまだそそり立ったままなので、花は積極的に跨って咥え込み、やっぱり今までで一番大きいサイズの気持ち良さにビクビク震え、今度は生中出しでたっぷり子種を注いでもらった。

 

 

 

翌朝、花が起きた頃には、彼と母親はしっぽり繋がり合い、ぐちゅぐちゅと腰を振って朝の一番搾りを子宮で受け止めていた。

 

ただ、さすが親子というべきか一発注がれただけでは満足せず、挿入したままで精液と愛液が混ざりあった中でいやらしく腰を振り、2連続射精をがっつり搾り取った。
夏の夜伽-客間で、ひまわり畑で、川原で…純朴な女の子と汗だくになりながら肌を重ね…-

 

 

その様子を覗き見ていた花は、またしっとり下着が濡れてしまったのを感じながら、全校生徒数人しかいない学校に登校した。

 

この閉校しかけの学校に赴任してきたばかりの教師は、去年、花の家に泊まり、母親の身体にハマって移住してきた口だった

 

しかし、花が大人の仲間入りをしていると知ると、人目に付きにくいひまわり畑に花を誘い、綺麗な景色の中で獣のように青姦するようになっていた。
夏の夜伽-客間で、ひまわり畑で、川原で…純朴な女の子と汗だくになりながら肌を重ね…-

 

 

妻子ある教師は花のスカートから伸びる白い太ももを見るだけで興奮が抑えられず、彼女の家に旅人が泊まったのも耳敏く情報を仕入れ、嫉妬に駆られながら腰を振ってムチムチの尻にぶつけまくった。

 

それでも花も、たっぷり出し終わった後の教師はいつも優しいので、そのギャップにハマりつつあった。

 

 

 

そして家に帰った後、旅人の彼を村自慢の清流に案内し、服の下に着ていたスク水姿を見せつけた。

 

エロ過ぎる身体にアンバランスなスク水で瞬時に興奮した彼は肩紐をずり下ろしてたわわな美巨乳をペロンと出させ、岩場に腰かけながら対面座位で突き上げた。
夏の夜伽-客間で、ひまわり畑で、川原で…純朴な女の子と汗だくになりながら肌を重ね…-

 

 

花が学校に行っている間に母親とヤリまくった彼だったが、若さ溢れる花のエロさを傍に感じれば、いくらでも勃起できた。

 

 

そうして、彼は素晴らしい経験をしてこの村を後にしたのだった。

 

 

 

後日、花の家が目当てで毎年村を訪れる3人の中年男が今年もやって来た。

 

3人の一番の目的はもちろん、今年から大人の仲間入りをしたと聞いた花であり、今まで散々気持ち良くしてもらった母親との母娘丼だった…
夏の夜伽-客間で、ひまわり畑で、川原で…純朴な女の子と汗だくになりながら肌を重ね…-

 

 

感想

夏の夜伽でした。

ストーリーのせいだけじゃなく、ノスタルジーを感じられるこの画風でエロを描くと、なんとも言えないゾクっとくるものがありますね。

最後の3人との母娘丼も良かったですが、ひまわり畑での立ちバックと清流でのスク水プレイが好きです。

夏の夜伽-客間で、ひまわり畑で、川原で…を読むならこちら

DUGA