「地味子は意外にエロかった」ネタバレエロ最新話。眼鏡で髪ボサボサで化粧っ気のない彼女が実はめっちゃ可愛くて

地味子は意外にエロかった
ネタバレ感想

地味子は意外にエロかった1話2話3話4話5話のエロ画像、ネタバレ最新話、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

作・いぶろー。

学校でも職場でも一人はいそうな、地味で垢抜けないプライベート謎な女の子。

そんなモテなさそうなタイプはやっぱり、処女なのだろうか?

おすすめエロ漫画はこちら

 

地味子は意外にエロかった

行橋玲奈

眼鏡で髪もボサボサで猫背でパソコンに向かっている地味女子。

 

部長は余計なお世話にも処女がどうか気になると、部下の八谷がサボっていたのを脅しのネタに使い、飲みにでも誘って処女かどうか確かめて来いと言いつけたのだった。

 

上に報告されたら堪らない八谷は言うことを聞くしかなく、普段から大して絡みもないし口数の少ない玲奈とサシ飲みなんて億劫で仕方なかった。

 

 

しかし、割とあっさり誘いを受けて合流してきた彼女は、巨乳の谷間がチラ見え、髪もすっきりアップに整えて服装もフェミニンなワンピースで、職場の雰囲気とは一変して美女になっていた。

 

まさにアヒルが白鳥に、芋虫が蝶にといった感じだ。
表紙

 

 

普段は口をへの字に黙々と仕事をしているだけの印象だが、実際は結構喋ってくれるしお酒もイケる口だし、何より可愛いし美人だし、スタイルの良さも露わになってただただ楽しい時間が過ぎていく。

 

しかし八谷はテンション上がった勢いで、誘った理由をそのまま口走ってしまい、不機嫌にして引かれてしまう

 

 

そうなったら早々に帰り支度を始めちゃう玲奈だが、八谷はこれまた正直に、こんなに美人と楽しく飲めて浮かれ過ぎましたと伝えて謝り、ちょっと口説きにかかった。

 

普段が普段なので褒められ慣れていないっぽい玲奈もこれまたあっさり機嫌を直し、ちょうどそこがホテル街だったので彼の誘いがそういうことだと思い、乗ったのだ。
表紙

 

 

彼は飲み直し位の気持ちだったが据え膳喰わぬは何とやらで、部屋に入るなり唇に吸いつき、圧倒的な柔らかさに夢中になった。

 

キスだけでプルプル震えて、小さく声を漏らし、めちゃくちゃ緊張した様子で服を脱ぐのもまた慣れていない感じで最高にいじらしいが、やはり野暮ったい職場の制服では分からなかった美巨乳があまりにエロい

 

ずっと震えたまま、顔も真っ赤で、指が沈み込むおっ〇いの柔らかさ。

 

もう滾ってしょうがない八谷が乳首にむしゃぶりつくと、玲奈はシーツをギュッと握って身悶え、腋をペロペロ舐められるのを恥ずかしがるも抵抗はせずされるがまま、もうしっとり濡れているおマン〇を触られたら、もっと真っ赤になるばかり
表紙

 

 

糸を引くセクシーなパープルショーツを脱がされ、直接手マンされるとビクビク震えて甘い声を漏らす。

 

まんぐり返されてくぱっと広げられると、またカアっと真っ赤になるが、彼の舌先が触れるたびにどうしようもなくなっていく。

 

 

初めてにしては指でも舌でも十分に感じて身悶え濡れているので、処女っぽくはないなと八谷は思った。

 

一応紳士的に、挿入してもいいか訊くと、玲奈はまた違った意味で恥ずかしそうに口を隠し、もごもごと実は初めてで…と打ち明けた。

 

その様子もまた可愛くて八谷は少し一押しすると、玲奈は礼儀正しくお願いしますと受け入れたのだった。
表紙

 

 

職場の地味子が実は超美人のスタイル抜群で、行為の時は超エロい反応をする最高の女性。

 

 

八谷も緊張を隠せず慎重に入口にあてがい、なかなか入っていかないキツさを感じながら声をかけ、グッと腰を突き出した。

 

玲奈は背を仰け反らせて一番大きな声を出すが、やはり膣内は相当に狭く締め付けもヤバい。

 

彼は気遣って一旦抜こうか?と訊くが、玲奈はギュッと両手両足を絡みつけて大しゅきホールドをきめ、ゆっくりなら大丈夫と答えた。

 

それがまた可愛くて堪らず、彼はベロチューと胸を揉みしだきながら、ゆっくり腰を動かし始めた。
表紙

 

 

可愛さだけじゃなく、気を抜けば一瞬で搾り取られそうな最高の膣具合だ。

 

程なく苦しそうな感じからよがっている反応に変わってくると、玲奈の表情もだらしなく蕩けだし、また彼の股間をゾクゾクと刺激していく。

 

そして一段と締め付けが強くなった玲奈の中で、八谷は遠慮なく果てたのだった…

 

 

2話

バックに体位を変えた頃から、膣の強張りが抜けたような感じになった。

 

更に奥に入るようになって玲奈もより一層ビクビク反応を見せてくれるが、綺麗にくびれた腰回りを触られるのはくすぐったいようだった。

 

八谷はピストン、ベロチュー、クリ手マンで同時に攻めながら一気に加速し、最後は寝バックでフィニッシュ。

 

玲奈はシーツを噛みながら、初体験を終えた。
表紙

 

 

そしてお互い、どうして誘ったのか、どうして断らなかったのかはぐらかしたままにした

 

 

 

後日、八谷が大きな契約を取り付けた祝賀会という名目で飲み会が催されると、初めて玲奈も参加した。

 

部長と胸元が緩い関口さんが酔った勢いで悪ノリし、八谷と玲奈をくっつけようとして勝手に盛り上がるが、玲奈に好かれているのかさえ分からない八谷は、部長には特に何もなかったとごまかしておいた。

 

だがモヤモヤが酒を進ませ、ベロベロになってしまい、二次会には参加しなかった玲奈が家まで付き添ってくれた。

 

 

今夜の玲奈は職場にいる時の、地味で眼鏡の垢抜けない姿だったが、彼を心配して自分で動くと言い出して…
表紙

 

 

3話

手を繋いで騎乗位でパンパン動く玲奈を見ていると、八谷は吐きそうな気持ち悪さも忘れ、思いっきり突き上げながらでゅくでゅく射精したのだった。

 

それでも彼女がどう思っているのか分からず、今更こんなセフレみたいな関係は良くないと思い、距離を取ることにした。

 

 

 

数日後、会社のレクリエーションで海に来たのはいいが、八谷は足に怪我をしていて期待していた釣りも禁止エリアでできず、仕方なく部長の車に居残っていた。

 

そして、隣にはドレスコードで清楚な白い水着を着ている玲奈も。
表紙

 

 

するとまた玲奈から積極的になり、外からできるだけ見えないように屈んでフェラしているうち、夢中になって同僚の可愛い系の関口さんに覗かれてしまう

 

八谷に避けられて傷ついていた玲奈は彼に跨り、しがみついて腰を振って求めた。

 

それでも八谷はヤルことをヤりまくっておいて、部長との会話で玲奈を貶しているのを本人に聞かれてしまい…
表紙

 

 

4話

気まずい空気のまま、残業しているのが二人だけになった。

 

 

玲奈はさっきのことを謝る必要はないと言い、部長をごまかすためだと分かっていると理解を示すが、それでも八谷のことが好きだから聞きたくなかったと涙ながらに打ち明けた。

 

せめて身体だけでも愛されればそれでいい、複雑で健気な乙女心…

 

 

八谷は自分が酷いことをしていたのを思い知り、自分からお付き合いを申し込んだ。

 

そこからはもう二人とも止められず、部長のデスクに座らされた玲奈は激しい手マンで初めてイキ、足先をピンと伸ばした。
表紙

 

 

そして、誰に見られるか分からなくても、窓に玲奈の美巨乳を押し付けて立ちバックで繋がり、お互い、シテいる最中の自分の顔を初めて見て…

 

 

翌朝、玲奈がとんでもない嘘を吐いていたのが発覚した…

 

 

5話

晴れて恋人同士になった玲奈と八谷。

 

 

今日は彼の趣味のボルダリングに出かけ、玲奈は筋肉痛を感じながらも彼のことが知れて楽しかったし、次は自分の好きなものが知りたいと言われ、最高に嬉しかった。

 

かと思えば雨が降り出し、彼が運転する車は通りかかったラブホへと。
表紙

 

 

付き合いたてのカップルらしく、猿みたいにヤリまくる雰囲気だったが、まずは筋肉がプルプルしている玲奈にマッサージをしてあげる八谷。

 

しかし、電マを当てると玲奈の反応があまりにエロ可愛いので、クリにも当てずにはいられなくなり、連続でイカされた彼女は下着がぐちょぐちょになるほどの潮吹きを初体験してしまうのだった。

 

そしてフェラしながらの手マンで中も解されてから、クリに電マを当てながらのピストンでおかしくなるくらい気持ち良くさせられる玲奈だった…
表紙

 

 

感想

地味子は意外にエロかったでした。

王道の地味な女性が実は美人だったパターンですが、外れの少ない設定だと思いますし、玲奈はかなりエロ可愛いですし、画力にも文句ないです。

オフィスラブ系も好きなら、かなりおすすめですね。

地味子は意外にエロかったを読むならこちら