最新おすすめコミック
悪魔だった君たちへ

悪魔だった君たちへ
4話5話6話ネタバレ感想 

悪魔だった君たちへのネタバレ最新話エログロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

かつて胸糞悪いイジメをした一組のカップルは、やがて結婚することにしたのだが、人生の晴れの舞台で汚職とパパ活ハメ撮りを暴露され、幸せの絶頂からどん底へ。

これを仕掛けたのは、果たして彼らがイジメた男なのか、便乗した第三者か…

 

4話

深夜、一人になった綾瀬は指示通りに在庫の整理と発注を済ませて一息吐こうとしたその時、いきなり何者かにスタンガンを食らわされて昏倒させられてしまう

 

怒りのままに行動し、何もされていないうちから勝手に下田を犯人と決めつけ、勝気な綾瀬にイラついて欲情して犯行に及んだのだった。

 

 

 

先に上がった下田が綾瀬が小さく漏らした言葉の意味が気になりながら家路を辿っていると、途中の道端で同じような髪型と背格好の男に声をかけられた。

悪魔だった君たちへ

著者名:古場みすみ 引用元:悪魔だった君たちへ4話

 

 

下田に心当たりはないが、相手は下田のことをよく知っているようで、腕には無数の根性焼きの痕と不気味なタトゥーがあり、男は傷痕を抉って血を啜りながら、綾瀬に危険が迫っていることを仄めかした。

 

そう言われると、下田も横峰が良からぬことをしでかそうとしているのではと思った。

 

 

下田は急いでコンビニに戻り、バックヤードで拘束されている綾瀬を見つけたが、潜んでいた横峰に不意を突かれてスタンガンをぶち込まれ、あっさり身動きを封じられてしまう。

 

これから犯そうとしている時に下田が戻って来たことで観客ができた横峰は更に下卑た欲望を膨れ上がらせ、舌を出す。

悪魔だった君たちへ

著者名:古場みすみ 引用元:悪魔だった君たちへ4話

 

 

下田が綾瀬に好意を抱いているだろうと邪推し、悪魔じみた汚い手で彼女の服を脱がしていく。

 

下田が怒声を放てば余計に興が乗り、躊躇なく綾瀬の下着をずり下ろしパンツの中にも手を入れ、気持ち悪く愛撫し始めた。

悪魔だった君たちへ

著者名:古場みすみ 引用元:悪魔だった君たちへ4話

 

 

乳首をコリコリされて感じさせられてしまうが、綾瀬は簡単に屈服せず、フェラしろと言い出す横峰の粗チンをどこにあるか分からないと小バカにしてやった。

 

それは効果覿面に横峰をイラつかせたが、すると横峰は代わりに下田を蹴りまくり、綾瀬を無理やり従わせた。

 

自分への攻撃は耐えられても下田がボコボコにされるのは見ていられなかった綾瀬は、従順に汚いチン〇を咥え、いやらしい音を立てていく

悪魔だった君たちへ

著者名:古場みすみ 引用元:悪魔だった君たちへ4話

 

 

そのまま下田の視線を気にしながらもベロチューも受け入れた。

 

 

もう楽しくて気持ち良くて最高な横峰は綾瀬の髪を引っ掴んで尻を突き出させると、下田の目の前で綾瀬の巨乳がぶるんぶるん揺れる位置に持っていってやり、立ちバックでパンパンピストンし始めた。

 

尻に打ちつけられる小気味いい音がし始めて程なく、また別の男達がバックヤードが入って来た。

悪魔だった君たちへ

著者名:古場みすみ 引用元:悪魔だった君たちへ4話

 

 

そしてレイ〇の状況はあっという間に収拾し、綾瀬の正体を知った下田は言葉を失ってしまうのだった。

 

 

 

一方、新婚生活も社会的地位も信用も何もかも失った信はデリヘルにしゃぶらせていたが、ちょっとした世間話を振られただけでイラつき、然るべき報いだとしても下田を逆恨みするのだった。

悪魔だった君たちへを読むならこちら