最新おすすめコミック
「隣家のお母さんでおっきくなりました…幼なじみがママと」ネタバレ感想。幼馴染みの女の子とじゃなくて…

隣家のお母さんでおっきくなりました…幼なじみがママと
ネタバレ感想

隣家のお母さんでおっきくなりました幼なじみがママとのネタバレエロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

作・ピンク太郎。

同時期に子供が生まれたのを機に、家族ぐるみで仲良くするようになったお隣同士。

しかし片方のママは、とんでもないショタコンだった…

 

隣家のお母さんでおっきくなりました…幼なじみがママと

深野家と神田家は同時期に男の子と女の子が生まれ、二人が仲良くなっていくのと比例して家族ぐるみの親交も深まっていった。

 

 

神田家の涼真はよく深野家に遊びに行き、幼馴染みの愛菜と一緒にお風呂に入ったりもするのだが、お互いに男女として意識するなんてまだまだ先のこと。

 

深野ママもお世話役として一緒に入るのだが、隣の息子さんが自分で勃起しちゃっていることに気づいていた。

 

それがゾクゾクキュンキュンして嬉しいものだから、背中を流してくれたお礼という名目で、チン〇には絶妙に触れずにお〇ぱいを押し付けながら、全身を洗ってあげて楽しんだ。

幼なじみがママとヤっています。

 

 

可愛くて堪らない隣の男の子。

 

髪を乾かしているとまたおっきくさせた先っぽを押しつけながらしがみついてくるから、深野ママはもう我慢できずに可愛いチン〇を咥え込み、初射精に導いたのだった。

幼なじみがママとヤっています。

 

 

もう子宮が疼いて仕方なく、まさか愛娘に覗かれているとは気づかぬまま、しれっと自分でオナって最高に気持ち良くなった。

 

涼真のお〇んちんを咥える意味なんて知るはずがない愛菜は、ママがイジメたのか?パパに言っていいのか?とにかくあの顔のママが怖いと感じ、子供心ながらに胸に秘めた。

幼なじみがママとヤっています。

 

 

 

そのおかげで、涼真は今までにも増して深野家にお邪魔し、深野ママと二人きりになれれば甘え、乳首も吸わせてもらい、もちろん手コキでも射精の気持ち良さにハマり始めた。

 

深野ママはもちろん大歓迎、手マンとクンニで気持ち良くしてくれたご褒美に童貞まで奪ってしまい…

隣家のお母さんでおっきくなりましたを読むならこちら
幼なじみがママとヤっています。

 

隣家のお母さんでおっきくなりました…幼なじみがママと2

深野ママと涼真がヤルようになってしばらく、もう一緒にお風呂に入るような年齢じゃなくなってきて、両家の父親がそろそろ愛奈や親とは止めておこうと言い含めた。

 

深野ママもそうしようとその席では同意しておいて、まだまだ一緒に入るつもりだった。

 

 

確かにサイズは少し大きくなってきたが、チン毛も生えてないツルチンを気持ち良くしてあげるのは堪らないし、乳首でも感じて悶える顔が最高に可愛くて仕方ないのだ。

幼なじみがママとヤっています。2

 

 

もっと二人きりの時間を作り、もっとぴゅっぴゅ中出しして欲しい

 

その気持ちは涼真も一緒で深野ママが教えてくれる快感に溺れ、隙あらばお邪魔して手コキにセック〇にと楽しめるのも、深野ママが教員免許を持っており、勉強を見るというお題目があるから。

 

しかし成長しているのは愛奈も同じで、ママと涼真が何をしているのかもう知っておきながらあえて泳がせ、二人の密会をオカズにするようになった

幼なじみがママとヤっています。2

 

 

手コキは握り過ぎず、膣が緩いと思われないように。

乳首をコリコリ当てたり、涼真用に新しいエロ下着を買ったり。

 

そうして少しずつ時間が過ぎ、涼真にも可愛らしく毛が生えてきたのだが…

幼なじみがママとヤっています。2

 

 

感想

隣家のお母さんでおっきくなりました…幼なじみがママとでした。

最高にエロい。

授乳手コキは欠かせないファクターですね。

隣家のお母さんでおっきくなりましたを読むならこちら
幼なじみがママとヤっています。2