最新おすすめコミック
「異世界ゆるっとサバイバル生活」ネタバレ最新2巻。自然が猛威を振るうから巨乳ギャルも死ぬ前に一度はHしたい!

異世界ゆるっとサバイバル生活2巻
ネタバレ感想

異世界ゆるっとサバイバル生活のネタバレエロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

教室にいたはずの火影たちは、気づけば地球のどこかかも怪しい無人島にいた。

サバイバル好きで知識にも長けている火影は、クラスカースト上位の美少女たちに頼られ、生活の質を上げて好感度も上げていく中、その中の一人にオナニーまで手伝ってもらえたりもして…

 

異世界ゆるっとサバイバル生活2巻

石鹸ができて盛り上がっているところに現れた、謎の美少女。

 

仲間に入れて欲しいという彼女の名は朝倉芽衣子というのを愛菜たちは知っていたが、思わぬ登場に驚きを隠せない。

 

 

クラスの違う芽衣子まで転移していることに驚いたのだが、更にもう一人、妹の陽奈子まで現れたとなったら、本当にどこまでの人間がこの島に飛ばされているのか、皆目見当もつかない。

 

クールな雰囲気の芽衣子、引っ込み思案で年下の陽奈子。

 

 

まさかの二人だが、火影はありがたく仲間になることを受け入れた。

 

 

 

手芸部で簡単な貫頭衣なら作れるという頼もしい姉妹は最初、皇兄弟が支配するグループと遭遇してそちらに身を寄せていたという。

 

しかしそこで女子が生活するには身体を差し出して男子たちの欲望を受け止めなければならない、最低最悪のシステムになっていた

 

 

そんなことまでするつもりはなく、妹にもさせられない芽衣子は皇兄弟の保護を拒否した後、火影グループも似たり寄ったりじゃないかをしばらく観察してから、声をかけたのだった。

 

 

とは言えできるだけ穏便に統制を取りたい兄の零斗と、暴力と欲望発散を優先する好戦的な弟の白夜とで内部分裂する可能性もありそうだった。

 

 

 

翌朝、火影がビーチで今日しようと思っていたことの準備をしていると、愛菜が追いかけてきた。

 

海藻採取をするつもりだった火影は普通に脱ぎ始めるが、手伝うつもりだった愛菜は性欲処理させられると勘違いし、赤っ恥で真っ赤に。

 

それでワチャワチャしている内に騎乗位ポジションになり、初心なギャルなんて思われたくない愛菜は、密着しても余裕な態度の彼に頑張って小鳥キスを一つ

 

 

それで童貞にマウントを取ってやったとイキる愛菜だが、既に絵里の手コキを経験している彼にとってギリ触れキスなんて大したことではない。

 

そんな態度が気に入らない愛菜は意地になってベロチューに挑戦し、逆に自分がトロトロに。

 

 

絶頂したみたいにベロチューの気持ち良さにアヘっちゃったのも束の間、股間に感じる硬くて大きい感触にびっくり仰天。

 

でも勢いのままに手コキまで挑戦し、一気に二つも初体験を済ませたのだった。

 

 

そして予定通りに海藻はちゃんと採ることは忘れなかった。

 

 

 

朝っぱらからヤルことやって戻ると、朝倉姉妹がむしろでふかふか布団を仕立ててくれていた。

 

他のメンバーも魚釣りに山菜に果物にと収穫しており、確実に生活の質が上がってきたので、火影はいよいよ縄文時代の竪穴式住居も視野に入れることにした。

 

 

その夜、さっそく出来立ての布団に寝っ転がって快適な眠りを堪能できたのだが、深夜、火影は暴風雨の音で目を覚ました。

異世界ゆるっとサバイバル生活を読むならこちら