最新おすすめコミック
「王国へ続く道」ネタバレ最新6巻。クーデター成功で貴族の身分を!右腕美少女の初フェラとハーレム暮らし物件!

王国へ続く道6巻
ネタバレ感想

王国へ続く道のネタバレエログロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

ノンナやメリッサを引き連れ、道中賊退治もしながら経験人数を増やしていくエイギル。

やがてマリアの小鳥亭に帰り着いたはいいが、さっそくノンナとカーラの相性の悪さが出まくってしまう。

それはそれとして爆乳、巨乳、微乳と4人を抱いてから、髪を切って覚悟を決めたセリアを伴い、傭兵団に加わったのだった。

 

王国へ続く道6巻

宰相を仕留め、メイドから王の間の場所を訊き出したところでエルディア王たちと合流したエイギル。

 

 

勢いそのままに乗り込むと、弟の謀反でも威風堂々と玉座に腰かけて待ち受けた兄王の盾になるのは、もう数十名の近衛兵のみ。

 

価値観の違う兄弟争いの決着が、いよいよ目の前に迫った。

 

 

兄王は勇ましく自分で剣を握るが、弟の武力はエイギルを始めとした腕自慢の寄せ集めたち。

 

ここで更に力を見せつけることにしたエイギルは一人で近衛兵に挑み、格の違いも見せつけて肉塊に変えていく。

 

それなりの剣技を持っていても命を懸けた殺し合いの経験値の差は、そのまま強さの差となって表れ、見上げるような巨躯の兵さえ相手にならない。

 

 

そして最後の一人になった兄王もあっけなく葬られ、弟エルディオはアレクサンドロ一世を名乗って新生ゴルドニア王の座に就いたのだった。

 

 

 

クーデターから数週間、別の貴族が謀反人に仕立て上げられて処刑され、エルディオが正式に王位を継ぐことになったが、もちろん疑惑はあちこちで噴出。

 

しかし最早、王座に就ける血筋が一人しかいない状態だった。

 

 

そしてアレクサンドロは戴冠式でさっそく、武力によって更なる大国にしていくことを宣言すると共に、全滅した近衛兵に変わって武功を上げた傭兵団を正規軍として迎え入れることも決めた。

 

 

 

こうしてまずは爵位が得られる流れに乗れたエイギルが宿に戻ると、タイミングが良いのか悪いのか、カーラとノンナがキャットファイトを繰り広げているところだった。

 

 

パッと見はレズに走ったようでもあるが、やはり些細なことで喧嘩してキャットファイトに至ったらしい。

 

 

仲が悪いだけじゃなく美しい身体に傷までこさえられては自分の女として許容できなくなったエイギルは、まずはノンナからお仕置きのア〇ル責めを容赦なくぶち込んだ。

 

 

しかし痛い痛いと泣き叫びながらも感じて悦んでいる辺り、ノンナはやはり真性のドM

 

お仕置きが楽しくなってきてから思い出したエイギルはさっさとカーラに移ると、真性の変態女は自分から尻を突き出してくぱっと押し広げて待ち、準備万端。

 

怯えて痛いと叫びながらもやはり、アブノーマルなプレイこそどんと来いの彼女にも全くお仕置きにならなかった。

 

 

 

帰るなりのアナルセック〇が終わったところで、久しぶり温かい飯に舌鼓を打っていると、今度は自分も見て欲しくなったメリッサがシースルーの羽衣をなびかせ、得意の舞いを披露。

 

恥部や先っぽが見えそうで見えない素晴らしいチラリズムは、さすが踊り子のスキル。

 

それを真似てマリアも練習の成果を見せようとするが、可愛い微乳も陰部も見えているのでスキルの差が歴然だが、一人取り残されたセリアも負けん気の強さを発揮し、ついにご主人様に巨根に奉仕したのだった。

 

 

意外に気持ちイイフェラテクに酒池肉林を実感したエイギルは、数日間のハーレムを楽しんでから王の呼び出しを受けた。

 

同行者は共に戦ったセリアと、貴族の作法で頼れる唯一のノンナを連れていざ。

 

 

大活躍のエイギルを大歓迎したアレクサンドロ王は、その武功に応じて騎士の爵位と武具、報奨金を与えた。

そして佩剣の儀のために姓を決める必要があると言われたエイギルは、ハードレットと名乗ることにしたのだった。

 

王国へ続く道を読むならこちら