最新おすすめコミック
「終末のハーレムAfter World」15話16話ネタバレ最新話修正前17話。アヘ顔ダブルピースで着床しやすい正常位を!

終末のハーレムAfter World15話16話
ネタバレ感想

終末のハーレムAfter Worldのネタバレエロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

デート権を勝ち取った蘭は、自慢の旧世代バイクを駆り、陸に風を感じる素晴らしさを堪能させてあげた。

そして海風が気持ちいい場所でいい雰囲気になったのも束の間、何らかのテロリストに拉致されてしまう…

 

終末のハーレムAfter World15話

問答無用で拉致られ、どこかの倉庫に放り込まれてしまった陸と蘭。

 

ただ拉致犯はすぐに出ていき、どこかも分からない場所に取り残された。

 

 

二人きりになると、蘭は無防備に街の外に出てしまったことを悔やんだ。

 

この時代、超貴重な男がいる家庭には多額の補助金が支給されるので、それを狙った誘拐が社会問題になっているのだ。

 

しかし悔やんでももう遅く、蘭は自分の軽率さを反省して彼に詫びるが、彼も自分が狙われたから巻き込んでごめんと謝りつつも、バイクは楽しかったと励ます笑顔を向けるから、彼女はまたキュンとさせられてしまう。

 

 

そんな自分たちの心配もそうだが、父の形見だからバイクも無事なのか気になった。

 

ご多分に漏れず蘭の父もウイルスに殺されたのだが、生前、バイク好きな父にタンデムで乗せてもらった思い出は鮮明で、あの場所は連れて行ってもらった思い出の場所であり、煙草を吹かすのもカッコいい父の姿を真似たものだった。

 

そんな思い出を打ち明けると、またムラムラとドキドキが加速した蘭は口寂しさを紛らわせるというより、彼の唇を求めてにじり寄った。

 

 

ヤンキー風でありながら、パパっ子のギャップが可愛すぎる女子ライダー。

 

こんな危険真っただ中の状況でも盛り上がった気持ちは抑え切れず、手が使えないからこそ顔だけ近づける貪りキスが叶っても、余計に物足りなさが募っていく。

 

 

触りたい触られたい。

 

お互いにこみ上げる欲情の主導権を握るのはまだまだ蘭で、身体を畳んで首筋から責めていく。

 

このままなら、どうにかして最後までヤリそうな勢いだが、そうは問屋が卸さない。

 

 

戻ってきた拉致犯は、ちょっと目を離した隙にもう乳繰り合おうとしている発情期の動物並な節操のない二人を侮蔑の目で見下ろした。

 

これで男への嫌悪感が余計に強くなり、それが殺意に変わり、本来は国外へ連れ出す予定だったのを現場の判断としてここで始末することにした。

 

取り出された銃から庇おうとする蘭だが、蹴り飛ばされたらそこまで。

 

バックに大きな組織が絡んでいるのは間違いないようで、彼の身柄を渡せば相応の金が手に入るようだが、それよりも犯人は彼の死によって手に入れられるものの方が欲しかった。

 

 

ということで意味も分からず殺されることになった彼は、目を瞑った直後に銃声を聞いた。

終末のハーレムAfter Worldを読むならこちら