最新おすすめコミック
「人妻の唇は缶チューハイの味がして」ネタバレ最新5巻。ちょいぽちゃくらいの騎乗位が揺れて最高にエロいんだ!

人妻の唇は缶チューハイの味がして5巻
ネタバレ感想

人妻の唇は缶チューハイの味がしてのネタバレエロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

血の繋がらない叔母と一回やっちゃったら、もう何回ヤっても一緒だし、ストロング系が合図なんてゾクゾクしてしょうがない。

アパート管理人の奥さんは厳しく接してくるけど、裏ではエロ自撮りをアップしているぽってり唇と巨乳がエロ過ぎる承認欲求の塊な訳で…

 

人妻の唇は缶チューハイの味がして5巻

ツヨシは格安キャンペーンのタイミングで、筋トレとちょっとした眼福をもらいに24時間ジムに入会して汗をかき始めた。

 

そこで見かけるのが、尻と胸のボリュームが凄いちょっとぽっちゃり気味のほんわかした雰囲気の女性

 

 

たわわな二房の揺れなんてそのままでオールOKと言ってあげたくなる破壊力だが、野々村邦恵さんと呼ばれたその人は大して成果が出ていないようで、食事制限はもちろんトレーニング後の飲酒なんて以ての外だとトレーナーに注意されていた。

 

 

そんな邦恵のトテトテ一生懸命走る姿に触発されたツヨシも頑張って追い込んだ帰り、ご褒美の酒を買い込んで公園で一本流し込もうと立ち寄ると、フライドチキンをつまみにしている先客がいて、それが如何にも意志が弱そうだった邦恵だった。

 

 

同じ考えで同じ誘惑に負ける似た者同士の二人。

 

ジム仲間同士、軽く自己紹介を済ませると邦恵はあたふた焦るが、彼もさっそく一本空けて同じ罪悪感を共有して腰を下ろすと、彼女はぽつぽつとダイエットコースに入会した理由を話した。

 

曰く、娘の参観日で以前は履けていたスカートが入らなくなりパツパツパンツスタイルで行くと、娘にオシャレして来て欲しかったと残念がられるわ、夫からもブツブツ言われるわで、ダイエットを決意したという。

 

しかし結局、なんやかんやと誘惑に負けて飲んじゃっているわけだが、そこで彼は、これからこの日を週に一度のチートデイに設定して、それを励みに頑張ってみては?と提案。

 

それはいい考えだと、邦恵は以降の週末のジム帰り、彼とこの公園で缶チューハイとおつまみを楽しむチートデイにし、他の日はストイックに頑張った。

 

 

すると成果が出始めてあの頃のスカートも履けるようになり、そのお祝いだと誘われた邦恵は彼の部屋にホイホイ上がり込んでしまう。

 

この時はまだ彼も純粋なジム仲間としてのお祝いしたいだけだったし、彼女も人妻と母親として若い男の部屋に上がるのは不味いだろうと思いもしたが、ジャンクフードの誘惑には勝てなかった。

 

 

いつも以上に飲んで食って、子供の目を気にしないジャンクフードと酒祭り。

 

酔っぱらいの変なテンションは謎理論も打ち出し、熱くなった体でトレーニングすれば効果倍増だと決めつけてせっせと室温も上げていく。

 

 

バカなストイックさは相手を補助してあげたい仲間意識も盛り上げ、交代で腹筋補助に入ったはいいが、引き締まった彼の筋肉に性欲まで盛り上がった彼女は、一緒にもっと汗をかける方法を自分から提案してしまう。

 

 

騎乗位スクワットで痩せる気配のない二房が揺れ弾む。

 

 

尻側から打ちつけられながら、背中を逸らせて背筋を意識しても、奥まで突かれてインナーマッスルの収縮まで感じていく。

 

トレーニングを初めて今が、お互い一番ストイックに身体を動かしている真っ最中かも知れなかった。

 

 

そしてフィニッシュは彼の白いたんぱく質をごっくんして、最初のセック〇チートデイが気持ち良く終了すると…

人妻の唇は缶チューハイの味がしてを読むならこちら