最新おすすめコミック
「性食鬼」ネタバレ最新17巻。それぞれの性癖に合わせて射精させろ!好きな子が野郎どもに囲まれて大興奮!

性食鬼17巻
ネタバレ感想

性食鬼のネタバレエロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

国領に子種を注がれる高幡。

仙川という協力者を得られたいずみ。

そしてエロス特待生たちは、自分たちに好意を抱く男子たちを射精させなければならない試練を課せられて…

 

性食鬼17巻

まんぐり返しスプラッシュした稲垣のエロさに耐えきれずむしゃぶりつき、ルール違反した小野崎は瞬く間に豚野郎着ぐるみになり果ててしまうと、それと同時に綾瀬もドスケベ悪魔みたいな格好に変身。

 

審判としてこの場にいる綾瀬は、ルール違反者を着ぐるみに変える能力まで有していた。

 

 

いつの間にか可愛い子ラブな変態から校長の手先になっていた綾瀬が豚の腕を落としてフェロモンが漂い出したことで、特待生たちの発情は更に高まり、足を滑らせた長谷は恥ずかし過ぎる四つん這いぱっくりバックを披露してしまう。

 

 

しかし相手の能見は絶好のエロ体勢からむしろ目を逸らした。

 

 

長谷がその行動の意味を理解できないまま、母乳が止まらない関谷も足腰に力が入らないほど快楽に襲われていく。

 

そのもどかしさに思わず舐める許可を出してしまったので、相手の佐久間は遠慮なく粘膜には違いない母乳があふれ出る乳首にむしゃぶりついた。

 

 

乳首同士でキスできるほどの豊乳で授乳体験できた佐久間が最高の射精をしたことで、関谷はクリアできた。

 

 

他の特待生が先々にクリアして出遅れた伊崎は、羞恥と苛立ちも相まって、体育館で酷い要求をしてきた小林への怒りが改めてこみ上げた。

 

こんな状況で好きだの何だのの告白にドキドキさせられている自分にも苛立つが、彼曰く、体育館では陥没乳首を全校生徒に晒させないための苦肉の策だったという。

 

配信者とガチファンの構図が判明すると、伊崎は薬の興奮のせいにして濃厚な粘膜接触を自分からぶちかました。

 

 

もちろん、憧れの女の子とベロチューできて愛液までぶっかけられた男子が射精しないわけがなかった。

 

 

 

残り二人の一人になった風間は、相手がまだかまだかと顔面騎乗位を期待している仰向けで待ち構えているのに辟易しながらも、あわよくばクンニで解毒しながら同時に射精に導けるかも知れない可能性に懸け、恥辱を我慢することにした。

 

それでも腰を下ろしていく顔は見られたくないので、後ろ向きを選んだ。

 

 

しかし相手は性器よりも筋肉の動きに目を奪われる筋肉フェチなので、筋肉量が多い尻や穴が締まる括約筋の動きは最高のご褒美。

 

まさかそんな性癖だなんて知る由もない風間は、もう立ち上がるのが厳しい位置にまで下がったところで相手が尻穴の躍動で興奮していると気づくが、細い脚では耐えきれない。

 

その時、触れずして相手は射精したものの、結局顔面に座ってしまって粘膜クンニ接触を果たすと、風間は大量の潮噴き。

 

 

それで、彼は瞬時に再フル勃起して彼女の顔めがけて放出してしまうのだった。

 

 

 

こうして最後の一人は長谷になり、ようやく相手の性癖がNTRであることに気づいた。

 

ただ好きな子の痴態を見るだけでは射精するほどの興奮を得られないのに、もう他の男子は退出してしまっている現状から、長谷は形振り構わず濃厚な密着キスをして強引に絶頂させにかかった。

 

 

しかし彼にとってはなまじ中途半端な刺激にしかならず、密着ベロチューを乗り越えた後では、長谷が他の男ともっと凄いことをしているのを見なければ、更なる興奮をできない身体になってしまった。

 

 

そうこうしているうちに、エロス学園との交流を期待したむさ苦しい他校の運動部男子が更衣室でキャッキャ着替えている声が聞こえてきた。

 

その声だけで焦り興奮し、長谷が自然と潮を噴いてしまったのは、相手の能見が解毒作用のあるエナジードリンクを飲んだフリでやり過ごしていたせい。

 

こうして万事休すに陥った長谷だが、むしろ自分の蒔いた種だと覚悟をキメ、堂々と他校男子たちを待ち構えたのだった。

 

性食鬼を読むならこちら