最新おすすめコミック
「デスティニーラバーズ」ネタバレ最新113話114話115話116話。男女同部屋寮生活で可愛すぎるブラコン美少女にマジ恋⁉

デスティニーラバーズ113話114話115話116話
ネタバレ感想

デスティニーラバーズのネタバレエロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

圧倒的だった激カワ津々楽をイカせたものの、大河原をくノ一から助けるために藤代が生ハメして敗退。

代わりに入ったのが風祭にそっくりな火室という美少年なのだが、息つく暇もなく始まったのはラブコメ100%の学園寮生活だった…

 

113話

淡々と始まった究極学園ラブコメ。

 

最初は普通にチャイムが鳴って授業が始まると、転校生の体の彼らは隣に教科書を見せてもらうちょっとドキドキの流れになるや、魚梁瀬が素早く机をくっつけてすり寄り、さっそく学園ラブコメを仕掛けてきた。

デスティニーラバーズ

著者名:智弘カイ 引用元:マガジンポケット

 

 

かと思えば昼休みまで普通の学校生活と変わらず、そこそこクオリティの学食でも懐かしさを感じながら、いざ午後へと。

 

その後もリアルな学園生活みたく何事も起こらずに放課後になると、拍子抜けと不気味さが同居する匠馬は、保健体育の子作り実習くらいは予想していたと、分からないでもないドスケベ脳を明かした。

 

すると親切な女子が新入りの彼らを寮の部屋に案内してくれたのだが、そこで相部屋と言われ、いよいよラブコメかと身構える男子たち。

 

その通り、火室は教室と同じく朝霞とでぶっきらぼうな態度を取られるが、ノーパンをチラつかせる無防備さには油断ならない。

デスティニーラバーズ

著者名:智弘カイ 引用元:マガジンポケット

 

 

オチ要員の大河原はまたぼっちにされ、匠馬も同じく御子柴と魚梁瀬の両隣コンビと相部屋に。

 

両手に花の3人部屋はさすがに想定外だし、御子柴と知り合いだとバレるのも注意しなければならない。

 

ともあれ改めて挨拶すると、魚梁瀬はやはり距離の近さと爽やかなエロさで匂わせる辺り、正統派ながら泥棒猫タイプで来るのか。

デスティニーラバーズ

著者名:智弘カイ 引用元:マガジンポケット

 

 

しかも魚梁瀬も水泳部設定で、よりどんなボディをしているのかわかる時が来る。

 

そして御子柴は一体、どんな役割で学園ラブコメに参加しているのか。

デスティニーラバーズ

著者名:智弘カイ 引用元:マガジンポケット

 

 

 

夕食の時間、学食に集合して情報を共有した彼らは、明日から始まる水泳に向けて体調は万全にと考えた。

 

そして就寝時間になり、3人部屋の匠馬は一番端っこ、真ん中が御子柴で遠くに魚梁瀬の順番でベッドに入ると、まだ何も仕掛けてこないことを不気味に思いながら目を閉じようとしたその時、横向けに寝ていた背中に間違いない巨乳のふわふわ感触と、一瞬では判別できない囁き声が。

デスティニーラバーズ

著者名:智弘カイ 引用元:マガジンポケット

 

 

果たして御子柴か魚梁瀬か、それとも他の誰かなのか…

 

 

114話

たわわな巨乳を背中に押し付けてきたのは、比較的スキンシップを図ってきた魚梁瀬だった。

 

振り返れば黒髪ショートの正統派美少女という完璧ラブコメの中、彼は敏感にノーブラだと察知した。

デスティニーラバーズ

著者名:智弘カイ 引用元:マガジンポケット

 

 

そして今までのソフトタッチのせいか、彼は容易くフル勃起してしまい、やはり魚梁瀬も絶妙な演技力の持ち主だったかと警戒を強めた。

 

しかし魚梁瀬は畳みかける訳でもなく身の上話を始め、匠馬の背中はお兄ちゃんに似ていると語り出す。

 

ブラコンで兄について回り、寝るときもこうしてくっつかせてもらって、存分に甘えていた少女時代。

 

そんな折、兄にくっついて寝るような経験は二度としないだろうと思っていたところの男子転校生との同部屋だから、安らぎを求めてくっついてしまったのだという。

デスティニーラバーズ

著者名:智弘カイ 引用元:マガジンポケット

 

 

そんな話を聞かされたら、聖女だってこの時代で辛い思いをしているのは一緒だと思えたのだった。

デスティニーラバーズ無修正版を読むならこちら