おすすめ漫画・動画サイトの広告掲載中
最新おすすめコミック
「愛が重い騎士公爵は、追放令嬢のすべてを奪い尽くしたい」ネタバレ最新話。転生者じゃない地元民の愛の成就!

愛が重い騎士公爵は、追放令嬢のすべてを奪い尽くしたい
ネタバレ感想

愛が重い騎士公爵は、追放令嬢のすべてを奪い尽くしたいのネタバレ最新エロ画像、感想、あらすじ、無料で読む方法を紹介。

 

作・海原ゆた。

冤罪で修道院に追放された侯爵令嬢のリュシエンヌ。

政略結婚から逃れられたのは幸運、しかし謂れのない罪は着せられたのは拭い切れない不幸だったのだが…

おすすめエロ漫画はこちら

 

愛が重い騎士公爵は、追放令嬢のすべてを奪い尽くしたい

恋心こそなかったが、幼馴染みの王太子アンドレの妻となる者として同志のつもりでいた侯爵令嬢のリュシエンヌ。

 

しかし、王太子が突然現れた美少女転生者に心奪われ、聖女となった彼女と恋仲に。

 

すると嫉妬していると噂を立てられ、聖女毒殺の冤罪をかけられ、アンドレ自身に追放されるという理不尽な目に遭うばかりか、父にも見限られて修道院送りとなった。

 

それから一月、とんでもない目に遭ったが他の人にずっと心を寄せている状態で政略結婚せずに済んだことは僥倖だった。

表紙

 

 

そんな想い人への恋しさが募ったその日、馬を駆った本人が颯爽と訪れたのだった。

 

 

公爵家子息のミハエルは彼女が無実だと確信して、ルパンがクラリスを助けに行ったように、転移魔方陣で強引に連れ出したのだった。

 

 

ずっと想いを寄せていた少し年上のミハエルに攫われる形で、彼のお城にお姫様抱っこで到着

 

彼がこんな強引な真似をしたのはつい先日、父と兄が事故に遭ったことで早急に騎士を辞めて公爵家を継いだので、貴族の娘で領地経営や夫人の能力が申し分ないリュシエンヌに白羽の矢を立てたという。

表紙

 

 

それは建前でゴリゴリの両想いとは思わないリュシエンヌはそれでも、愛する人に求められるのなら断る理由はなく、正式に妻となることを了承したのだった。

 

 

落ち目の公爵家を立て直したい気持ちは二人とも一緒、本当は公私ともに愛し合う最高のパートナーになりたい。

 

だからミハエルから、公にも白い結婚だと思われないようにと、さっそく優しいキスから持ちかけた。

 

リュシエンヌにとって最高の役得。

知識だけは一応あるが、背中を擦られながらの舌の絡め合いに変な声が漏れ出てしまう。

表紙

 

 

そしてスカートをまさぐられ、下着越しに股間と胸の硬いところをコリコリいじられると、もっと大きい声が出るのだった…

 

2話

翌早朝、修道院の時の習慣で目を覚ましたリュシエンヌが部屋の外に出ると、朝稽古に行く途中のミハエルと鉢合わせ。

 

無防備な彼女の寝間着姿に朝っぱらから欲情させられた彼は、城内の案内がてら、美しくエロ可愛い彼女に癒される。

 

彼女も優しくカッコいい彼にドキドキしながら、街を一望できる雪景色に感動。

表紙

 

 

その景色のいい窓の前で、もう我慢できなくなった彼は彼女の美乳を露わにした…

 

3話

城内の者たちに紹介されたリュシエンヌは、自身の美しさとミハエルの人望もあって早くも侍女たちに歓迎された。

 

聖女が来てから蔑ろにされてきた日々で、ミハエルだけが優しかったことを思い出すリュシエンヌ。

 

そしてこの日は初夜、侍女たちにオイルでばっちり身体を清めてもらったリュシエンヌは、乳首をコリコリチュッチュ、クリと膣もコリコリチュッチュと解してもらい、ミハエルのたくましいモノを感じて…

表紙

 

4話

やっとリュシエンヌと繋がれたミハエルの活力はうなぎ上り。

 

横向きで後ろから挿入し、ゾクゾクが股間から駆け巡り、それは彼女も一緒であまりの快感に自然と離れようとするが彼は逃がしたくはない。

 

そして寝バックへと移り、彼は余裕を忘れて夢中にピストンするのだった…

表紙

 

5話

初夜からしばらく、リュシエンヌは溜まっている仕事に一気に取りかかって、侍従たちに更に信頼されると共に充実感を覚えていく。

 

ミハエルも突然の政務をこなす日々になり、二回目のセック〇に至るまで彼女のお股の違和感が回復する時間がタイミング良く過ぎていった。

 

現代文明の機器らしきものもあることを彼女が教えられた後、一人用シャワールームで久しぶりにイチャつく二人だったが…

表紙

 

 

感想

愛が重い騎士公爵は、追放令嬢のすべてを奪い尽くしたいでした。

転生者がモブ扱いなのがいいですね。

これからどこまで重くなっていくのか、それに領地経営も本格的に描いてくれたら面白そうです。

まんが王国で読むならこちら

コミックシーモアで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら