おすすめ漫画・動画サイトの広告掲載中
最新おすすめコミック
「大巨蟲列島」ネタバレ最新13巻49話50話。光を恐れる謎の寄生中包囲網とスカート覗き変態を突破せよ!

大巨蟲列島49話
ネタバレ感想

大巨蟲列島のネタバレ最新エログロ画像、感想、あらすじ、無料で読む方法を紹介。

 

村長宅を脱出できたのに、寄生中の猛威は島全体に広がりつつあるようだった。

まだ生きている人々を蹴散らす訳にもいかず、負傷者の治療で訪れた病院も包囲されてしまう…

 

 

49話

事態を把握してない医者に偉そうにごちゃごちゃ言われる中、現れたのは順調に回復しているように見える涼子だった。

 

院長は立場的に信用できる彼女の話を聞いたようで、ホラーパニック状態でも落ち着いていた。

 

涼子はさっそく睦美にどういう状況か、何をすべきかを訊ね、虫博士は光を恐れる性質を利用して、車のライトをつけまくった状態でもっと安全な場所に避難すべきだと提言した。

 

 

それで涼子は港の海保基地ならより安全だろうと促すも、現在院内にいるのは患者も含めて40名、病院の車だけで運ぶのは無理だと看護師がいうと、他のスタッフや見舞人らも自分の車も駆り出すと請け負った。

 

しかし、その車をまず取りに行く危険な役目を誰かが負わなければならない。

 

さすがに命懸けの仕事には誰も手を挙げないので、もちろん数え切れない死地を潜り抜けたし最も知識があり頼りになる睦美と、度胸がついた二人が名乗りを上げた。

 

 

それでも頭の固い医師は信用すべきじゃないという風に院長に忠告するが、涼子から話を聞いた彼は誰に頼れば最善か理解していた。

 

そうして院内が結束を固めようとしている時、屋上に抜け出して煙草を吹かしていた入院患者が、何かに襲われてしまうのだった。

 

 

侵入しているのは寄生者だけじゃないかも知れない中、睦美たちはまず救急車をゲットすべく忍び足で近づいた。

 

そしてジュリアがドアを開けると同時に、車体下に潜んでいた小賢しい変態寄生者が足首を掴むこれぞホラーな展開に、ジュリアの叫びがこだました。

 

 

感想

大巨蟲列島49話でした。

あの医師が自分勝手な行動をするか、医師のプライドで賞賛されるような行動をするかのどちらかになりそうです。

大巨蟲列島無修正版を読むならこちら