ゆらぎ荘の幽奈さん48話ネタバレ感想

コガラシへの想いが募りゆく千紗希。

ポルターガイストが出なくなり始めた幽奈。

焦る雲雀。

 

 

~を脱がさないで

最近の朝はめっきり、コガラシが川に落ちる音を聞かなくなった。それもこれも、煩悩を沈めるため、幽奈が修行に明け暮れているからだった。

 

幽奈の変化に違和感を感じる雲雀。コガラシとの密着率が減ったのはいいが腑に落ちない。それに、フリル付きの下着を履くようになっているし、それを見られてもポルターガイらない。

 

 

学校に行けば、千紗希がヘアピンを変えて少し印象を変えてきているし、明らかにコガラシを意識している様子だ。

 

こいつは何かある。着替え中でも目を光らす雲雀。

 

[ad#co-2]

 

ちんたらしている暇はなさそうだ。しかしどうすれば・・・その時、爆乳飲んだくれ鬼の呑子が登場。藁にも縋る思いで相談することに。

 

とにかくを主に自信が持てない雲雀。それを解消するアイデアを呑子は思いつく。

 

 

体つきはどうしようもないが、気持ちは変えられる。と言うことで、勝負下着で気分を晴れやかにする作戦だ。

まずは真紅

 

ガーターシースルー

 

 

色々試してみたが、やっぱりボーダーがしっくりくる。子供の頃の思い出は、いつまでも色褪せないのだ。

 

 

覚悟を決めて、ボーダー尽くしで告白することに。いつもより少しお洒落なフリル付きだ。

 

なぜ屋根の上にいたのかは置いておいて、凍ったコンクリで見事にこける雲雀。麗しきボーダーに視界を塞がれるコガラシ。

 

クノイチは色仕掛けが十八番なのである。

 

 

感想

ゆらぎ荘の幽奈さん48話でした。

どうやったら下着の中に顔突っ込めるねん!アホほどブカブカなら、可能性がなくもないけど。色仕掛けも程々にね。

 

[ad#co-3]