最新おすすめコミック
「インフェクション」無料ネタバレ57話7巻。理性と欲望・・・若い女の肉によだれが垂れる

インフェクション57話ネタバレ感想

無事に新型保菌者を振り切った花田を拾い、アクセルを目いっぱい踏み込んでいく。

しかし、安心できたのも束の間、後方に車のヘッドライトが。

運転席に座っていたのはメットだった。

 

 

57話 揺れる信頼

メットが右にハンドルを切って体当たりして来た。しかし、衝撃が来る前に麗が見事なスピンで反転し、ギリギリで躱すことに成功した。

 

 

車体の大きさを利用して住宅地に入る。
その間、特殊な保菌者か狂った人間なのかの議論がまた始まるが、花田は人間に違いないと
確信があるようで、その根拠を示した。

 

それより今は無事に逃げ切ることを考えることが先決だった。すると花田が、自分と丸橋を
囮にした作戦を提案するが、確実に成功する根拠が薄く異を唱えられる。

 

しかし、彼は折れるつもりはなかった。かつて彼は警察官として使命感に燃えていたが、善良そうな顔をした市民でも、本当に助けるに足る相手なのかと疑問を抱き始めた。
そんな時に保菌者騒動が起こり、この3人と出会い、命を賭けるに値する相手だと思えるようになった。

だから、全員で生き残るためにも信じて欲しい。そう言った。

 

丸橋と麗は迷うことなく信じた。しかし、紗月はまだどちらが本性なのか答えを出しあぐねていた。
赤ちゃんを食べようとした彼と、みんなを助けようと命を賭けた彼

 

結局、流されるまま頷くしかできなかった。

 

[ad#co-1]

 

手頃な場所で車を止め、段取り通りに位置につこうとした時、丸橋が思いがけない一言を花田
に投げかけた。

 

信じたい、信じるために余計な疑惑は払拭しておかなければならない。そんな思いで、花田の
真意を問い質した。

 

花田は笑い飛ばし、女の子の前では言い難いんだけどなーともったいぶる。さっきも言った
けど、善良な市民と犯人とは見た目で区別なんかつかないんだよ・・・犯行に移す、その瞬間まで

そう言って、ギプスの中から取り出したを構えた。

 

丸橋は肩と足を撃ち抜かれた。麗は牽制され、紗月は追い詰められていく。

 

 

彼はメットには勝てないとふんで、死ぬ前にあることを試そうとしていた。それは、騒動の
初日からムクムクと湧き上がった思いだった。
そう、人間を一度食べてみたいと。特に柔らかい肉を食べてみたくて涎が止まらないほどに。

 

信は異常を察して泣き叫び、紗月は後ずさりしていく。だが、花田は完全に警察官の皮を
被っただけの食人鬼と化していた。

 

その時、麗が車から飛び出した。
直後にメットが前から突っ込んできた。彼らが乗っていた車を押し潰しながら進み、電柱に
ぶつかって止まると、中からメットが悠然と出てきた。

 

そして、他に人気のない静かな住宅街に爆発音が轟いた。

 

 

感想

インフェクション57話でした。

やっぱり花田はイカレタカニバリズムでした。それにしても、銃があれば十分メットに対抗
できるでしょうに、そういうところもポジティブに考えられないもんですかね。

さあ、ここから何がどうなって紗月と信だけになったのか!?