著者名:蘇募ロウ 引用元:ヤングマガジン2017年43号

なんでここに先生が!?25話
ネタバレ感想

人のいちゃいちゃを覗こうとして、逆にいちゃいちゃを見せつけた葉桜先生。

弟のように思っていた男の子からキスや手でいじられまくってドキドキが急上昇。

それは恋愛感情なのかどうか・・・

 

 

25話

その日は課外授業で山登りに来ていた隆たち。

 

しかし、実は先日の寒空の中、ベランダでいちゃいちゃしていた時間が思いのほか長くて今日は体調が悪かった。

 

それでも、山の開放感から葉桜先生がまたいつものように接してくれると思って無理して参加したのだが、あの時から変わらず、忍者のように物陰に隠れて彼を警戒している様子。

 

 

ただ彼女は彼の野生に照れているだけなのだが、彼は怒らせてしまったと思っていて、甘酸っぱいすれ違いが起きていた。

 

 

彼はどうにか謝りたいと思うものの、やはり無理がたたって途中で意識が朦朧となりダウンしてしまう。

 

先生はこけたと思ってバカにしてから笑えない状態なのを悟り、姉貴分として先生として看病することにした。

 

 

彼が目を覚ますと、先生の柔らかい膝に頭を乗っけられて心配されていた。

 

やっと面と向かって話せるタイミングが来て、彼は真っ先にベランダキスを謝った。

なんでここに先生が

著者名:蘇募ロウ 引用元:ヤングマガジン2017年41号

 

すると彼女は、言葉遣いはガサツながらも、聖母松風のような包容力で彼に寝るように言ってそっと頭を撫でた。

 

 

安心感に包まれていく彼は、同じようなシチュエーションの幼き頃の思い出が浮かんできた。

 

 

先生が女子高生、隆が小さな子供だった頃、山に入っていた時に突然の雨に見舞われてびしょびしょになりながら洞窟の中に駆け込んだことがあった。

なんでここに先生が

著者名:蘇募ロウ 引用元:ヤングマガジン2017年41号

 

 

雨で濡れた服は肌に張りつき、どんどん体温を奪っていって、彼は震えて彼女に抱きついた。

 

もちろん、その時は下心なんて微塵もなかった。

 

先生は凍えないため、聞きかじりの知識を持って彼を全裸に剥き、自分も下着まで全部脱いで全裸になって、人肌温め作戦で彼を迎え入れた。

なんでここに先生が

著者名:蘇募ロウ 引用元:ヤングマガジン2017年41号

 

 

彼は雨に打たれたせいかすぐに風邪を引いて体温が上昇してほかほかしていた。

 

彼女は取りあえずお茶を飲ませようと思って水筒を取ろうとした時、ピンと張りのある胸がプルンと揺れ、滴っていた雨雫が乳首の先を伝って飛んでいった。

なんでここに先生が

著者名:蘇募ロウ 引用元:ヤングマガジン2017年41号

 

 

それが彼の口に偶然入り、喉が渇いていてボーっとしていた幼き彼は、すぐさま乳首に吸い付いてチュパチュパと滑らかな舌使いで女子高生のおっぱいにむしゃぶりついた。

なんでここに先生が

著者名:蘇募ロウ 引用元:ヤングマガジン2017年41号

[ad#co-2]