著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

インフェクション84話
ネタバレ感想

インフェクション84話のネタバレと感想、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

 

榎並に真犯人探しを持ちかけられた直後に、小鳥が体を使って天宮教授に取り入っていると噂を流され、それを信じた鮫島グループの男に犯されそうになってしまう。

精神が壊される前にデータを盗むことに決めた小鳥だったが、初日の深夜に感染者に遭遇する。

https://kuroneko0920.com/archives/35176

 

84話 感染者侵入

筋骨隆々でスキンヘッドの感染者は咆哮をあげた。

初めて感染者に遭遇した小鳥は、それでも冷静にこの状況を見極めようとした。

 

人体をいとも簡単に破壊するパワー。

逃げるものにあっという間に追いつくスピード。

仙台の英雄である消防隊員でも、素手では成す術がなかった。

 

出会っただけで死ぬ確立が跳ね上がる、それが感染者だった。

 

 

なぜこの地下研究所にいるのかを考える前に、廊下に出るドアノブに飛びついた。

その瞬間、漆原が悲鳴をあげてそっちに一瞬気を取られた。

しかしすぐに前を向いたと同時に、漆原の頭部と胴体が繋がりを失った。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

迸る鮮血はそこら中にぶちまかれ、机に置いてあった書類が赤く染まっていく。

 

小鳥は全速力で廊下を駆けながらどこに逃げようかと考えを巡らせるが、感染者はドアを律儀に開けることもなく、ガラス張りの壁をぶち破り、再び咆哮をあげて彼女の背中を追いかけ始める。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

倒すには銃火器が必須だった。

 

地上への出口を見張っている自衛隊員なら銃を携帯しているはずだと思い、そこを目指すことにしたが、そこに行くまでの廊下が果てしなく長い道に見えた。

 

しかし、とにかく死に物狂いで走るしかない。

 

恐怖と疲労で呼吸が乱れだした時、うなじにチリッと嫌な予感を感じる。

 

その本能のままに前に倒れこんだ直後、感染者のとてつもない威力の回し蹴りが空を切り、勢いそのままにドアを蹴り破った。

体勢が崩れ、追いつかれ、死を覚悟した。すると、ちひろがまた現れて走るように鼓舞してきた。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

その声に背中を押されて走り出した。

 

なのに追いかけてくる足音がせず、不思議に思って振り返ると、感染者は自分がぶち破った部屋の中をじっと見ていた

 

小鳥の中のちひろは、部屋の中にいる人に注意しているんだから、その隙に逃げればいい。今は自分一人が助かるんじゃなくて、この研究所を救うことに繋がるんだからと、ちひろを見捨てた罪悪感と逃げても構わない理由を囁いてきた。

 

しかし彼女は自分の中の葛藤を、自分の身を危険にさらす方を選び、感染者を煽った。

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット