著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

インフェクション87話
ネタバレ感想

インフェクション87話のネタバレと感想とあらすじ、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

犯人探しが始まり、候補の20人が壇上に上がった。

小鳥、榎並、天宮、鮫島など、主要人物を含む20人。

その中で小鳥は、鮫島こそ犯人ではないかと疑っていた。

https://kuroneko0920.com/archives/36844

 

87話 シャワールームで

犯人探しの会議より数時間前、小鳥は鮫島と共にシャワールームにいた。

しかし、いざ服を脱いで入ろうかという時、いきなり縛らせてもらうと言われて、有無も言わさず両手首を縛られていた。

突然に理不尽なことをされて小鳥は戸惑うが、彼女を危険人物認定している鮫島は縄を解くつもりは一切なかった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

しかし、平等に自分の手も縛れば満足か?と柔軟の考えも持っていた。

 

そんなことより小鳥は、島の圧倒的にでかい胸に釘付けになっていてそれどころではなかった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

少し歩くだけで上下左右に揺れるのを凝視しながら、なんで手を?と搾り出すのに、鮫島は運動不足の研究者と感染者を倒した人間とでは、いくら中学生といえど、警戒して然るべきだと答えた。

その答えより、軽く屈んだだけで左右に揺れ弾む胸から目が離せなかった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

体格は自分の方が上だが対人戦はそれだけでは決まらないと鮫島は理由を話し続けるが、体格差どうこうより胸の格差の方が遥かに大きい現実を知った小鳥は、何を言われようと彼女の胸の動きを目で追わざるを得なかった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

ロープを掴んだ右手を上げれば左側に胸が押し寄せ、胸の谷間を寄せるように両腕を前に伸ばせば、何でも挟めそうなほどの空間でできあがる。

 

その間も鮫島は訥々と縛るべき理由を話しているが、小鳥は五感のうちの視覚にほぼ全ての集中力を奪われていて、言葉が右から左に抜けていた。

だから、ちゃんと話を聞くために暴れまわる鮫島の胸を止めるためにがっちり掴んだ。

 

すると一瞬にして触覚が研ぎ澄まされ、今まで感じた事のない感触を手の平が感じた。

 

正直に例えようもないと叫ぶと、一喝された。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

 

しかし鮫島は胸を揉まれた程度でツンツンキャラが崩壊するほどやわじゃなく、淡々とシャワーの前に移動して触りたいなら先にさせてやると言いつつ、縛られて手が届かない無防備な背中をさらけ出した。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット

 

小鳥は少しずつ冷静さを取り戻し、ようやく胸が見えなくなった状態に安心して近づいた。

 

しかし、尻も未知の領域だった。

インフェクション

著者名:及川徹 引用元:マガジンポケット