ゆらぎ荘の幽奈さん28話ネタバレ感想
南国と幽奈さんご一行はサンオイルプレイではしゃぐ

夏と言えば海。海と言えば日焼け。日焼けと言えばプライベートビーチ。

まだ夏の勢いは衰えず、夏のエピソードをぶち込んできた。でも、海できゃっきゃうふふな
展開だけじゃない。

何やらホラーチックな雰囲気も・・・

 

 

朧は恥じらいなく見せてくれるからイイ

相変わらず気付けば一緒の布団に潜り込んでいる幽奈さん。

 

そんな無防備でも、揉まれれば手を出してしまう。そのいつまでも慣れない態度が余計に
そそられる。

 

夏休み中の住人たちは、それぞれ目的の地へ。
マイクロビキニがデフォルトになった呑子も、その格好のまましっかりお見送りに出る。

 

皆が遊びに行った後に、仕事が立て込んでしまう呑子。仕方なく手伝う冬空たちだが、その
後にはちゃんとご褒美が待っていた。

 

[ad#co-2]

 

イッツ・バカンスタイム!

 

サービス精神しかない二人は、惜し気もなく美しい体をさらしてくれる。ほんのり頬を赤らめる朧がとてもいい。

 

呑子は冬空にボディタッチをご所望。これこそビーチの真髄。男の役目に他ならない。

 

冬空は一度は断るが、やはり可愛い爆乳ボディにはお願いされては理性を保てる訳もなく。

 

これでもかと反応してくれる呑子。これで冬空も自信がつくであろう。

 

そんなプレイを見て朧が参戦しない訳がない。どうせなら下も脱げばいいのにね。

 

前も塗ろうものなら、少年ジャンプでは描ききれない元気な男の子を描かねばならなく
なるので、自分で塗り塗りする朧。

 

物欲しそうに見ている幽奈にも塗り塗りしてあげる冬空。手元が狂ったふりして横乳
フィンガータッチして、幽霊を欲情させようとする主人公の男子高校生。

 

お次は滑ったふりからの下半身へ滑り込み。どこかのリトさんを彷彿とさせる滑りっぷりだ。

 

空高く飛ばされながら見えたのは、岬の突端で佇んでいる幽霊の姿であった。どうやら、
伝説としてこの地方に残っている幽霊らしい。

 

どこにでもありそうなロミオ×ジュリエットをなぞったようなお決まりの物語であった。

 

そんな話に純情な感情を刺激された幽奈。そんな彼女の力になってやろうと、イケメン冬空が
どうにかしたろうと意気込む。

 

果たして岬にいたのは、拳を硬く握り締める褐色肌のいい予感を匂わせる幽霊だった。

 

 

感想

ゆらぎ荘の幽奈さん28話でした。

新キャラきました!お嬢様という情報を出しながら、実はガサツで暴力的という設定と見た。
夏の終わりにどんな怖い話を描いてくれるか楽しみです。

 

[ad#co-3]