「家出ギャルに生中出ししまくって性処理同棲始めました」無料エロネタバレ。ドラマチックな出会いで相性も最高

家出ギャルに生中出ししまくって、性処理同棲始めました
ネタバレ感想

家出ギャルに生中出ししまくって、性処理同棲始めましたの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

愛と癒しとエロの同棲物語。

偶然の出会いがもたらしたものは、かけがえのない愛だった。

おすすめエロ漫画はこちら

 

家出ギャルに生中出ししまくって、性処理同棲始めました

ある雨のバイト帰り、彼は雨に打たれているギャルに思わず声をかけていた。

 

気が強そうだがどこか捨て猫を思わせる目に射抜かれ、一晩だけの宿を提供することにした。

 

シャワーを浴びて出てきた彼女を見たところでとんでもないことをしてしまったと思い始めた彼だったが、スッピンになってもかなり可愛く胸もかなりでかいことが気になってしまう。

 

しかもノーブラ

 

 

エリカと名乗った彼女は泊めてくれるお礼だと言って擦り寄ってくるが、

な~んてな」なんて冗談にして、台所に立ってお礼の料理を作り始めた。

 

 

彼は意外とおいしかったエリカの料理を食べた後でお風呂に。

 

乳首が見えそうだったエリカの胸元で一発抜こうと思った直後、エリカがバスタオルを巻いて入ってきた。

 

エリカは湯船の中でしっかり勃起しているのを見てニヤニヤし、バスタオルを開いて堂々と裸体を披露した。

 

 

童貞の彼は初めて生で見たマン毛にびびるが、おっかなびっくり大きな胸をわし掴んだ。

 

乳首を強く押しすぎて怒られたが、童貞だと白状するとエリカはからかうでもなく驚いた様子から優しく微笑み、いきなりキスをしてベロを絡めてきた。

 

彼は雨に濡れた瞳を思い出して突き放したが、エリカは構わず萎えていたペニ○をそっと触って軽く擦ると、彼はあっという間にまた勃起してしまった。

 

 

してやったりと微笑んだエリカはペロっと舐めて根元まで咥え、亀頭を刺激していく

 

彼はほとんど耐えられずに射精して、エリカの顔面にぶっかけた。

 

 

エリカが壁に手をついてお尻を突き出すと、彼は覚悟を決めてマン○に突き入れ、出会ったばかりのギャルで童貞を卒業したのだった

 

 

盛った猿のように腰を動かす彼に、エリカはデキた時は責任を取れと冗談交じりに口走った。

 

すると彼は何かを耳打ちしてエリカを驚かせてから一気に奥まで突っ込んで子宮口を押し込み、たっぷり中に注ぎ込んだ。

 

 

二人はベッドに移った。

 

エリカはラブラブカップルのようなベロチューの後で、さっきの一気に突っ込んだのは痛かったと正直に明かし、まだ精子が溢れて来る入り口をくぱっと広げて見せた

 

彼はネットで勉強した通り、そっと入れてからクリに指で触れた。

 

エリカは出会ってから一番可愛い声を漏らして恥ずかしがるが、童貞とは思えない絶妙な突き方に喘ぎ声を止められなくなった。

 

 

愛液と精液が混ざり合う音と腰がぶつかる小気味いいリズムの果て、エリカはまたたっぷり中出しされたのだった。

 

二人は最後にキスをしながら抱き合い、朝を迎えた。

 

 

 

彼が目を覚ますと、エリカは新妻よろしく朝食を作り始めていた。

 

彼は精々数日泊まるくらいだろうと始めは思っていたが、エリカは彼に拾われたことを運命だと感じていた・・・

家出ギャルに生中出ししまくって、性処理同棲始めましたを読むならこちら家出ギャルに生中出ししまくって、性処理同棲始めました

 

 

性処理同棲始めました2

同棲を始めた二人は、時間が許す限りエッチしまくっていた

 

覚えたての彼はぬるぬるのエリカの中に突き入れてピストンしまくり、エリカもマークが見える気がするくらい喘ぎ、たわわな胸を上下左右に揺らしまくってアヘった。

 

 

彼が翌日休みの日になれば、一回や二回出されたくらいじゃ満足できず、もう一回やろ♡とおねだりするくらい、彼のたくましいチン○にハマっていた。

 

ただ、休みのはずの日にも彼は外出するようになり、エリカは寂しさを感じながら学校に行っていた。

 

そして、教室で女子たちが彼氏が浮気していると騒いでいるのが聞こえ、嫌な予感が頭をよぎった。

 

 

寝たふりして彼が出て行ったのを確認してから尾行してみると、彼が向かった先はレストランで、普通にバイトしているだけだった。

 

そこをあがれば次のバイト先に向かったのも確認したエリカは、自分が家計の負担になっているせいだと感じた。

 

 

出会った夜のように雨に打たれ始めたエリカは、その辺の軒先で雨をしのいで夜を明かした。

 

 

彼が心配しているなど知らず、朝になって雨が上がったのに気づいた時、そのビルのテナントでバイト募集の貼紙を見つけ、自分も稼げばいいのだと決めた。

 

そして難なく採用された職場は、彼が働いているレストランだった。

 

 

心配で寝不足になっていた彼は新人として入ってきたエリカに驚くが、エリカはまたニヤニヤと微笑むだけで、あっという間に一日の仕事が終わった。

 

 

店を閉めた後、控え室で二人きりになった彼は、訳の分からない行動をするエリカが何を考えているか分からないと伝えた。

 

エリカはしおらしく「ゴメン」と謝ってから顔を真っ赤にして、もっと一緒にいたかったから・・・と答えた。

 

 

彼はあまりの可愛さに思わず抱きしめた。

 

 

見つめ合った二人は唇を重ねてすぐ舌を絡め合う。

 

彼はスカートを捲って後ろからパンツをずらし、中指を入れてエリカが感じる上側を丁寧に擦り始める

 

 

エリカは腰から力が抜けて彼にもたれかかり、快感に任せて尻を突き出した。

 

誘いに彼が乗ってくるや、エリカは胸も丸出して彼をテーブルに押しやり、バッキバキに勃起したものを一気に飲み込んだ

 

彼もエリカを抱えてパンパン突き上げると、彼女はぴったりフィットする彼チンの気持ちよさを思い出して遠慮せずに喘ぎまくる。

 

 

相性がいい二人は同じタイミングでイッた。

 

職場でやっちゃうバカっぷりに笑みが零れたエリカは、彼と一緒に帰ろうと思った・・・

 

 

感想

家出ギャルに生中出ししまくって、性処理同棲始めました1と2でした。

ヤッているところは割りと爽やか傾向な感じで、まだ続きがありそうですが展開は後味がいいラブストーリー系で、漫画としても悪くないと思います。

エリカが可愛いし、彼もいいやつなので、読んでいて気持ちいいですね。

家出ギャルに生中出ししまくって、性処理同棲始めました2を読むならこちら