最新おすすめコミック
「アカイリンゴ」ネタバレ最新3巻15話16話17話18話。巨乳美女が童貞を殺す服を着てみた!親友の彼女のパイオツ

アカイリンゴ15話16話17話18話
ネタバレ感想

アカイリンゴのネタバレ最新話エロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

キス一つで最高に調子に乗った光だが、斯波との友情は篤く、親友の彼女の涙にほだされつつも、女子と密室に二人でいる状況とまさかのハグに脈打ってしまう。

そして壇田は、ウチュラに仕返しされて体液塗れになっていた…

 

15話

オーナーが持ちかけた頼みとは、今すぐここで二人がセック〇すれば斯波を助けるという、残酷な寝取り寝取られな鬼畜お情けだった。

 

 

二人はびっくりして見つめ合い、光は全裸で息を乱している親友の様子を窺った。

 

すると鈴本がごめんと言い出すので、光はさすがに断られたのだろうと察したが、彼女が謝ったのは彼氏に対してであり、ごめんと繰り返しながらするすると服を脱ぎ、水玉模様の下着姿を露わにしていく。

 

光はまた斯波を見て鈴本を見て、脱ぎっぷりの良さから目を離せなくなった。

 

 

彼氏を助けたいがため、取りあえず潔く上半身まで裸になった新世代の女子高生。

 

彼氏の親友に裸体をさらけ出す羞恥に塗れたその表情に、イキリ眼鏡は生唾を飲み込んだ。

 

 

一人は彼への愛、一人は最早単なる欲望に塗れたアイコンタクトでコクリと頷き合う。

 

鈴本が光の肩に手を置いて乳首を隠すものがなくなり、これは親友を助けるためだと言い聞かせながらも二房はもちろん見て、そして唇を近づけていく。

 

 

その時オーナーが、何やっとんねん冗談やがな、と眉根を寄せてツッコんだので、二人はピタッと止まって一旦見つめ合い、そして大粒の涙を零し始めたのだが、光の股間は血液が熱く集まってパンパンに膨らんでいた

 

 

セック〇なんて気持ちイイ方法で斯波を解放するなどあり得ないオーナーは、おもむろに自分の父親の話を始めたかと思うとグラサンを取り、なぜグラサンをしているのかの意味をあけっぴろげに見せつけた。

 

なかなか笑えない衝撃の事実を明かしたオーナーは、逆に光は立派な父親に育てられたのだろうと皮肉交じりに切り出し、目的をがなり立てた。

 

光は親友と家族の板挟みになり、まさににならなければならなくなった。

 

 

日本人類を根絶やしにせんばかりのイカレタ法律により、ここ最近ここいらで摘発が続いており、オーナーは捜査の手を掻い潜るために光を利用するつもりだった。

 

 

 

外に出てもまだ激しい雨が降り続いており、相合傘をしながら帰る道中、鈴本は巻き込んだ謝罪と協力への感謝を伝えるが、光は感謝は斯波を助けてからでいいとカッコつける。

 

それが本当にカッコよく見えたのか、鈴本は不意打ちのキスをかまし、一筋の光明が見えたお礼としたのだった。

 

 

 

光が家に帰ると、父がニュースを見ており、明らかにそこそこの年配だろう夫婦が性交したとして逮捕された事件が流れていた。

 

夫婦でさえもヤれば逮捕される恐怖政治が布かれる中、父はプロ意識高く、仕事の話など息子に話すはずがない。

 

だから光は、父が風呂に入っている隙にスマホを盗み見るしか手立てを思いつかなかった。

アカイリンゴを読むならこちら