最新おすすめコミック
「隣人X」ネタバレ最新2巻。血塗られたサイコキラー一家!変態的性癖ママに愛されて童貞を捧げてゴリマッチョに

隣人X2巻
ネタバレ感想

隣人Xのネタバレエログロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

友人に誘われて仕方なく参加した婚活パーティーでイイ感じの人に出会えた紗倉祥子は、次第に運命を感じていくが、それは全て男が仕組んだものだった。

おぞましい罪を重ねるサイコマッチョの眉村仁は、文字通りにイカれており、なまじパワータイプなだけに危険度が凄かった…

 

隣人X2巻

また一人殺した眉村は、顔の判別がつかなくなった死体を引きずり、焼却炉にぶち込んで燃やし尽くした。

 

 

 

一方、父の帰りが遅い紗倉家では、何かあったのではと不安を募らせていた。

 

ストーカー行為で家にまで乗り込んできた眉村の異常さを垣間見た父は、不用意に外に出るなと妻と娘に注意していたのだが、当の本人はいつもより帰りが遅い。

 

その時、仕事で帰れなくなったと妻にメールが届いたが、祥子は眉村が成りすましている可能性を考えずにはいられなかった。

 

 

 

深夜、玄関から聞こえた物音で敏感に目を覚ました祥子の嫌な予感通り、眉村は堂々と不法侵入してきた

 

 

咄嗟にベッド下に潜んで不意打ちを食らわせた祥子だが、ゴリマッチョに敵うはずもなく、父にも危害を加えたことを臭わされる。

 

卑しくも外堀から埋めて祥子との結婚に祝福してもらおうと考えたサイコパスだが、当然、異常な男に娘をやる許可を出す父親などいなかった。

 

 

しかし祥子は怒りを滾らせる眉村にビビらず大声を上げながら外に飛び出し、寝静まった住宅街に危険を知らせた。

 

そして追いかけてきた眉村がまた力づく抑え込もうとしたその時、突然現れた何者かが喰いとめた。

 

 

不法侵入か暴行罪か。

 

下らない駆け引きをした眉村は、周囲の家に電気が灯り始めて分が悪いと見たのか、大人しく引き下がった。

 

 

 

助けてくれた男は霧島秀行と名乗り、妹が半年前に眉村と付き合っていたのだという。

 

そしてエスカレートするストーカー行為から助けるために自分が出張り、逆切れしてきた眉村とタイマンを張ったという。

 

見た目は中肉中背で強そうに見える要素はないが、柔道の段持ちの霧島は柔よく剛を制し、返り討ちにしてやろうとした。

 

 

しかし、人並外れたパワーは柔を制しかけ、その場は人目もあって引き分けになったのだが、翌日から妹が行方不明になったのだという。

 

 

前夜、眉村の凶行現場に居合わせたのは、偶然にも祥子がまだサイコな本性を知らずにデートを楽しんでいた時に見かけたからで、その日以来、探偵と協力して尾行して情報を集めていた。

 

そして祥子との仲を邪魔された眉村はまた逆恨みし、霧島の妹で憂さを晴らそうとしていた

 

 

 

翌日、これまでの調査結果を探偵から報告された霧島は目を疑った。

 

目ぼしいパーソナルデータは何も特定できなかったというお粗末なものなのだが、申し訳ないと謝る探偵は明らかに怯えている様子だった。

 

そう、単なる脳筋サイコパスじゃない眉村は探偵の尾行にも気づいていて、自分と関わったら家族までどうなるか十二分に見せつけて脅していたのだ。

 

 

もちろん、探偵本人も洒落にならないほど痛めつけられていた。

 

 

そんな恐怖の報告をされ終わったその時、店のガラス窓を叩いて存在をアピールしてきたのは、止まらない諦めないサイコキラーだった。

隣人Xを読むならこちら